Sランクの小説一覧

カクヨム

裏庭の迷宮【チート能力『ステータスエディター』】

主人公は、40歳男性サラリーマン。 そんな人の裏庭に迷宮ができた。 好奇心から迷宮に入り魔物を討伐したら、どうやら世界で最初に魔物を討伐したらしい。 世界初討伐の特典として「ステータスエディター」というチート能力を付与された。 チート過ぎて、魔物は全て雑魚。 迷宮攻略は単純作業化。 その後、おじさん....
著者 : 才蔵
小説家になろう

追放されたお荷物テイマー、世界唯一のネクロマンサーに覚醒する 〜ありあまるその力で自由を謳歌していたらいつの間にか最強に〜

旧タイトル『Sランクパーティーのお荷物テイマー、使い魔を殺されて真の力に目覚める 〜追放されたテイマーは実は世界唯一のネクロマンサーでした。ありあまるその力で自由を謳歌していたらいつの間にか最強に〜』 アース・スターノベルさんより一巻が2020年8月15日発売予定です! 索敵、マッピング、荷物運....
著者 : すかいふぁーむ
カクヨム

追放されたSランクパーティのサモナー。転職して【テイマー】になるはずが女神の誤字のせいで【タイマー】になったので、最強の「時使い」になります

 Sランクパーティで活躍していた【サモナー】のルビン。  豊富な知識と経験をもってリーダーの【双剣士】エリックを支えていたはずなのだが……。  ある日、仲間に勧められ【テイマー】に転職することに。  しかし、怠惰な転職の女神によって誤字入力によって【テイマー】から【タイマー】へと間違って転職してしま....
著者 : LA軍@『拝啓、天国の姉さん…』発売中!
小説家になろう

追放されたアイテム係、ポーションの真の使い方を理解する ~S級ドラゴンの首の骨を折るぐらいの速さで投げれば最強になれるって分かりました!~

ヴィーノは所属するA級パーティの仲間から最弱、無能、雑用係として罵られ生きてきた 最底辺職、アイテムユーザーの役割はポーションの調合と配給のみ 戦闘の役に立たないアイテム係は不要と罵られ、最後はS級モンスターの囮にされてしまう だがこの事件が、パーティーはおろか本人も気づかない才能に気づかせるき....
著者 : 呪酢
小説家になろう

ポーション1000本操れるアイテム係、全部本気で投げてみた~支援オンリーは必要ないとパーティを追放された最弱冒険者、力を開放しぶん投げてみた所、大量破壊兵器に進化したポーションが敵を壊滅、無双する!~

ヴィーノは所属するA級パーティの仲間から最弱、無能、雑用係として罵られ生きてきた 最底辺職、アイテムユーザーの役割はポーションの調合と配給のみ 戦闘の役に立たないアイテム係は不要と罵られ、最後はS級モンスターの囮にされてしまう だがこの事件が、パーティーはおろか本人も気づかない才能に気づかせるき....
著者 : 呪酢
小説家になろう

ユニークスキル〈セーブアンドロード〉~解雇された写本係は、大量に記憶したスクロールを使って魔術師を凌駕する~

 魔法は詠唱するか、スクロールと呼ばれる羊皮紙の巻物を使って発動するしかない。  ギルドにはスクロールを生産する写本係がある。スティーヴンも写本係の一人だ。  マップしか生産させてもらえない彼はいつかスクロール係になることを夢見て毎夜遅く、スクロールを盗み見てユニークスキル〈記録と読み取り〉を使い....
著者 : 嵐山紙切
小説家になろう

ポーションは160km/hで投げるモノ! ~アイテム係は必要ないとパーティを追放された最弱冒険者、パーティに合わせて自重していた力を開放したらぶん投げるだけで最強に!?〜

ヴィーノは所属するA級パーティの仲間から最弱、無能、雑用係として罵られ生きてきた 最底辺職、アイテムユーザーの役割はポーションの調合と配給のみ 戦闘の役に立たないアイテム係は不要と罵られ、最後はS級モンスターの囮にされてしまう だがこの事件が、パーティーはおろか本人も気づかない才能に気づかせる....
著者 : 呪酢
小説家になろう

Sランクパーティーのお荷物テイマー、使い魔を殺されて真の力に目覚める 〜追放されたテイマーは実は世界唯一のネクロマンサーでした。ありあまるその力で自由を謳歌していたらいつの間にか最強に〜

【一話表紙イラスト有り】 索敵、マッピング、荷物運び、料理、警戒、壁役……あらゆる役割をこなしてきておきながら、仲間に役立たずのお荷物と罵られ続けてきたテイマー、ランド。 ランドが所属するのは国内最強の呼び声も高いSランクパーティーだった。 攻守に優れ、またそのカリスマによりパーティーを束ねる....
著者 : すかいふぁーむ
タイトルとURLをコピーしました