皇女殿下と僕の約束。

兵学校へ入った少年の部屋のクローゼットに備品の皇女殿下がいたっていうはなし。

このあいだ13歳になったアオイ・カゼはこの度めでたく兵学校の試験に合格、入学することになった。別に兵士になりたいわけじゃないけど。

入学式の前夜、やっと着いた基地付属学校の寮、自室としてあてがわれた部屋へ入ってみたら、なぜかクローゼットのなかに美少女がちんまり座っている。
なにこの子? と聞いてみれば、少女は自称「皇女」で部屋の「備品」なんだとか。
意味わかんないんだけど。なんていう常識的なツッコミはつるっと無視されて、なぜか備品の皇女様とどきどき同居学兵生活が始まる。

ぜんぜんラッキーでもスケベでもないドロップキックを食らったり、勉強したり訓練したり、ロボットに乗ってしゅぴーんってしたり。
僕らのラブとコメが行方不明なラブコメは、一体どこへ行きつくのだろう。
そしてなんか約束するっぽいタイトルだけど、なんか約束するのか?

そんな感じで『皇女殿下と僕の約束。』ビターに緩やかに、はいスタート!

※表紙画像のメカトロウィーゴはイメージです。あと、画像作るときに線を消すの忘れちゃったwwww

2020/11/06 一部構成の変更と本編ラスト二話を加筆修正しました。てへ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました