ざまぁの小説一覧

小説家になろう

【連載版】「僕は侯爵家の養子だが、弟は自分が平民であることを知っているのだろうか?」

※連載版を始めました。 侯爵家の跡継ぎだった父が子爵家の令嬢であった母と駆け落ちし、生まれたのが僕だ。 両親は駆け落ちしたときにそれぞれの実家から勘当されたので平民だ。 僕は跡取りのいなくなった祖父の養子に入ったので貴族だが、両親と弟は平民のままだ。 両親と弟は祖父の情けで侯爵家の離れに住まわ....
著者 : 九頭竜坂まほろん
小説家になろう

【連載版】「僕は侯爵家の養子だが、弟は自分が平民であることを知っているのだろうか?」

※連載版を始めました。 侯爵家の跡継ぎだった父が子爵家の令嬢であった母と駆け落ちし、生まれたのが僕だ。 両親は駆け落ちしたときにそれぞれの実家から勘当されたので平民だ。 僕は跡取りのいなくなった祖父の養子に入ったので貴族だが、両親と弟は平民のままだ。 両親と弟は祖父の情けで侯爵家の離れに住まわ....
著者 : 九頭竜坂まほろん
小説家になろう

大好きだった彼女に浮気されたから彼女とその浮気相手に復讐してやろうとしていると浮気相手の彼女と仲良くなった

高校2年生の須羅 花登には彼女がいた。 花登はその彼女のことを溺愛していた。 だがそんな彼女は花登とは別の男と浮気していた。 花登はそんな彼女のことが許せなくて復讐することを考える。 そんな計画を立てて動いていると彼女の浮気相手の彼女と関わり合っていって・・・ ....
著者 : ハル
小説家になろう

妹が聖女の再来と呼ばれているようです

ダンジョンのある辺境の地で回復術士として働いていたけど、父に呼び戻されてモンテリーノ学校に入学した。そこには、私の婚約者であるファルター殿下と、腹違いの妹であるピーアがいたんだけど。 「マレン・メクレンブルク! 貴様とは婚約破棄する!」  どうやらファルター殿下は、"低能"と呼ば....
著者 : 田尾風香
小説家になろう

用済みで殺されかけた魔女が幸せを掴んでのんびり暮らすまで〜全属性魔法を使いこなし、王様の不治の病を治したら重宝されました〜

ソフィアは小さいころは露頭に迷っていたが、伯爵家当主に拾われて使用人として雇われた。 だが、それは当主の悪巧みで、ソフィアを利用して地位と評判を上げるつもりだった。 ソフィアへの扱いは残酷で、休みもなく毎日使用人として働かされる日々。 ある日、伯爵当主はソフィアに縁談を命ずる。 これも悪巧みの一つ....
著者 : よどら文鳥
小説家になろう

愛が重すぎる完璧公爵は、誰にも愛されず声を失った誇り高き令嬢を、ただひたすらに愛したい。

 幼い頃の継母からの虐待が原因で、声を失った伯爵令嬢、レイリア。孤独と絶望の中でも、強く、美しく、誇り高く生きようとしていた彼女が、偶然出会い惹かれあったのは、次期公爵であるアイルだった。  騒ぐ継母を跳ね除けて、屋敷に保護され、恋人になり、甘やかされ、溺愛されて愛を知ったレイリア。だが同時に、声....
著者 : 細波
小説家になろう

姉の身代わりで直視したら目が潰れると言われている光王子と結婚したら「僕を愛する必要はない」と言われました。

アビスはかつて魔王が使っていた闇魔法の力を持って生まれた。邪悪なその力のせいで母親は死んだのだと、父と双子の姉に虐げられ、いない存在として隠されて生きてきた。 一方この国の第一王子はかつて勇者が使っていた光魔法の力を持って生まれた。しかしその力を極めすぎたせいで自分が輝き、眩しすぎて姿が見えなくな....
著者 : 結生まひろ@「犬騎士」発売!
小説家になろう

【完結】錬金術師は孤独な少女を見捨てない ~S級パーティで孤立した少女をかばって辺境の街へ追放されましたが、追放先ではお砂糖成分多めのスローライフします~

※第2回一二三書房WEB小説大賞 二次選考通過しました! 「お前 "も" 追放するーー!」 この世界で忌み嫌われる『赤い瞳』を持つクールな少女をかばい、一緒にS級パーティを追放されてしまったお人好しな錬金術師、ニコ・フラメル。 追放された二人は新たにパーティを組んで、辺境....
著者 : 三月菫
小説家になろう

共感性羞恥令嬢は、婚約破棄の現場がいたたまれない

「ユーリア、ただ今をもって、君との婚約を破棄する!」 「――!」  国中の貴族が集う華やかな夜会の最中。  第二王子殿下のアウグスト様が、婚約者のユーリア様に、唐突にそう宣言した。  えーーー!?!?!? 「そ、それはどういうことですかアウグスト様!? り、理由をご説明ください……!」  困惑....
著者 : 間咲正樹
小説家になろう

【連載版】「僕は侯爵家の養子だが、弟は自分が平民であることを知っているのだろうか?」

※連載版を始めました。 侯爵家の跡継ぎだった父が子爵家の令嬢であった母と駆け落ちし、生まれたのが僕だ。 両親は駆け落ちしたときにそれぞれの実家から勘当されたので平民だ。 僕は跡取りのいなくなった祖父の養子に入ったので貴族だが、両親と弟は平民のままだ。 両親と弟は祖父の情けで侯爵家の離れに住まわ....
著者 : 九頭竜坂まほろん
タイトルとURLをコピーしました