ざまぁの小説一覧

小説家になろう

【短編】「双子の兄が『ここは乙女ゲームの世界で自分は卒業パーティで断罪される悪役令息だ』と騒ぐので、妹の私が男装して学園に入学しました」

王子「アルビー・レーヴィット! 貴様を断罪する! レーヴィット公爵家を取り潰し、貴様を国外追放する!」私「理由は?」王子「貴様がクロリス・ザイドル男爵令嬢を襲ったからだ! ザイドル嬢は貴様の子を宿している!」私「証拠は?」王子「クロリスが貴様がやったと証言している!」私「いや、被害者の証言だけで断罪....
著者 : まほろん
小説家になろう

婚約を破棄された悪役令嬢は荒野で生きる。~恋愛小説の当て馬に転生しました~

侯爵令嬢のコンスタンツェ(コニー)は皇太子ウィルヘルムから、婚約破棄を言い渡された。 どうもウィルヘルムに愛する人が出来たらしい。 しかもその相手は最近現れた聖女だという。 二年も実質皇太子妃として勤めてきたのに非情な宣告に、落ち込むコニー。 だが突然前世の記憶が蘇り、自身がラブロマンス小説の当....
著者 : 吉井あん(宮平なおき)
小説家になろう

妹ちゃん、俺リストラされちゃった・・・スキル「倍返し」が理解されなくて…え、ブラック離脱おめでとう?…って、転職したらS級!? 元上司が土下座してる!? もう遅いよ。かわいい部下に囲まれてるから。

<ブラック・バインド>に勤めるアトラスは、固有スキル<倍返し>の持ち主。 受けたダメージを倍にして敵に仕返し、受けた支援魔法を倍にして仲間に返してパーティーに貢献していた。 その結果、アトラスがメンバーになってから5年で<ブラック・バインド>は急成長、大手ギルドの一角に数えられるまでに成長していた....
著者 : アメカワ・リーチ
小説家になろう

売国者として国を追放された商人、実はチートな人脈を持っています~和解をしようとしているがもう遅い。竜姫、魔王、吸血姫たちが怒って一斉に攻撃を始めてしまいました~

「この売国者が! 貴様は国から追放だ!」 レインは唯一人間以外の種族と取引をすることができる商人だ。 エルフやドワーフだけではなく、魔族でさえ彼を信頼し取引に応じてくれる。 しかしある日、様々な種族と関わっていることを国王に問題視され人間の国から追放されてしまう。 自国を愛していたレインは最後ま....
著者 : はにゅう@『死者蘇生』発売中!
カクヨム

悪役令嬢として婚約破棄された私は、大貴族で幼馴染の先輩に助けられて辺境で溺愛される

卒業パーティーの晴れ舞台。 私は、皇太子から直接、婚約破棄を言い渡される。 あやうく国外追放にされそうになった瞬間…… 私は運命と出会った。 たまたま、パーティーに来ていた幼馴染で王族に次ぐ権威を誇る大貴族の先輩が助け船を出してくれた! 私は彼の保護を受けることに。 そして、私は彼の領地で、第二の人....
著者 : D
カクヨム

ダメスキル【自動機能】が覚醒しました〜あれ、ギルドスカウトの皆さん、俺を「いらない」って言ってませんでした?

 親に先立たれ、義理の妹と暮らす冒険者のクラウスは、15歳の時に【自動機能(オートモード)】というユニークスキルを手に入れたが……。  当初は、希少なスキルとして持て囃されたのに、使ってみれば……とんだ外れスキルだと判明し、あれほどクラウスを褒めたたえたギルドや騎士団のスカウトは手のひら返し。  つ....
著者 : LA軍
小説家になろう

【短編】悪役令嬢だと思い出したので、振り切っていこうと思います

シルフィアが前世と自分の役割を思い出したのは『断頭台』の上だった。 ....
著者 : マキムラK
小説家になろう

第一王子は男爵令嬢にご執心なようなので、国は私と第二王子にお任せください!

公爵令嬢であるレイシアは、第一王子であるロイスの婚約者である。 しかし、ロイスはレイシアを邪険に扱うだけでなく、男爵令嬢であるメリーに入れ込んでいた。 レイシアにとって心安らぐのは、王城の庭園で第二王子であるリンドと語らう時間だけだった。 そんなある日、ついにロイスとの関係が終わりを迎える。 「レイ....
著者 : 黒うさぎ
小説家になろう

「魔力支援役なぞいらん!」と勇者に追放されたけど・・・パーティの魔力はすべて僕が供給してたんだよ? ~魔力不足で聖剣が使えないと焦っても、今さら遅い。既にメンバー全員が勇者を見限ってしまったので~

旧タイトル: 《魔力無限》のマナポーター ~パーティの全魔力を供給してたのに「戦う気もない能無しは不要!」と勇者に追放されました。魔力不足で聖剣が使えないから戻れ?今さら遅い。付いてきてくれた仲間との旅が楽しいので~ ### 「我がパーティに魔力支援しかできない無能は不要! よって貴様を追放処分....
著者 : アトハ
小説家になろう

僕の夢は現らしいが全力で拒否したいと思います

 公爵家の次男ボブバージルは、婚約者クラリッサが大好きだ。クラリッサの伯爵邸にも遊びに行き、クラリッサの家族とも仲がいい。  そんな時、クラリッサの母親が儚くなる。  喪が開けた時、伯爵が迎えた後妻はとても美しく、その娘もまた天使のようであった。  それからのボブバージルは、悪夢に襲われることに....
著者 : 涼麻
タイトルとURLをコピーしました