ざまぁの小説一覧

小説家になろう

【短編版】悪女なわたしですが、浮気も婚約破棄も望むところです

【連載版始めました!】 「マリアヴェル。俺が今夜の夜会に君を誘ったのは今ここで、君との婚約を破棄するためだ。俺は心から愛する女性と出逢ったんだ」 アッシュフォード侯爵家の令嬢マリアヴェルは、悪女と評されるほどの性格の悪さからこれまでに三人の婚約者に捨てられている。それでも家柄と容姿の美しさから縁談....
著者 : 雪菜
小説家になろう

悪役令嬢のはずなのに、氷帝が怖いくらいに溺愛してくる

乙女ゲームのストーリーでは、氷帝ノア・レヴァントの婚約者の座にしがみつき、ヒロインに意地悪をしまくって、彼から激しく嫌われてしまう悪役令嬢のソフィア。 しかしこの世界の彼女は、落ちこぼれである上に、呑気で陽気なお馬鹿娘でしかなかった。そして現実のソフィアは、氷帝と婚約すらしていない。 十九歳になった....
著者 : 山田露子
小説家になろう

悪女なわたしですが、浮気も婚約破棄も望むところです

「マリアヴェル。俺が今夜の夜会に君を誘ったのは今ここで、君との婚約を破棄するためだ。俺は心から愛する女性と出逢ったんだ」 アッシュフォード侯爵家の令嬢マリアヴェルは、悪女と評されるほどの性格の悪さからこれまでに三人の婚約者に捨てられている。それでも家柄と容姿の美しさから縁談に事欠かない彼女は、四人....
著者 : 雪菜
小説家になろう

【完結】寝取られた元カノに振り回される中、幼馴染みと再会した俺が立ち直っていく話

「好きな人ができたから……別れて」  俺をこっぴどく振った元カノ、五木絵里(いつきえり)。  振られて酷く落ち込んだ俺の前に、彼女は再び現れた。  その頃、幼なじみの千石小百合(せんごくさゆり)と再会し、再び交友を深めていく。  俺自身小百合に惹かれていくことを意識し、告白しようとしたときに....
著者 : 手嶋ゆっきー
小説家になろう

即死と破滅の最弱魔術師

書籍版第一巻がUGnovels様より発売中です。どうぞよろしくお願い致します。 ※書籍版に合わせてタイトルを変更しました。 旧題:レベル上限1だったので最弱認定され裏切られた俺は即死魔術をレベルアップさせて最強になる 「あなたのレベル上限は1。スキルは【即死魔術】のみです」 想いを寄せる幼馴染....
著者 : 亜行 蓮
小説家になろう

お飾り聖女のはずが、真の力に目覚めたようです

シルフィア・ハーヴェストはお飾り聖女だ。 彼女は本来聖女を継ぐべきであるマリリアンヌが〝独身最後の思い出作り〟を満喫するあいだ身代わりに祈っているのである。 (大丈夫かな、精霊の怒りを買わなきゃいいけど……) ちなみに精霊の怒りを買い天災が起きた場合、シルフィアは偽聖女として処刑される。そういう決ま....
著者 : 杓子ねこ
小説家になろう

【書籍化】Fランク冒険者の成り上がり、俺だけができる『ステータス操作』で最強へと至る【コミカライズ】

5/19【書籍化・コミカライズ】決定 Fランク冒険者のティムはある日、目の前に見知らぬ画面が見えるようになる。 自分の強さが数字となって表示されており、さらにスキルポイントやステータスポイントなどを割り振ることができるようになる 試しに取得経験値のスキルを取得すると経験値が2倍に、魔法のスキルを手に....
著者 : まるせい
小説家になろう

【コミック第1巻、好評発売中!】無能と呼ばれた『精霊たらし』 実は異能で、精霊界では伝説的ヒーローでした

マッグガーデン様にてコミカライズ版が連載中! 第1巻も好評発売中です! 下のほうに紹介のリンクがありますのでご覧ください! ユニバスは精霊とコミュニケーションできる『精霊たらし』のスキルで勇者パーティに貢献していた。 魔王を討伐するには精霊の助力が必要不可欠であったのと、また仲間たちの攻撃魔法や回....
著者 : 佐藤謙羊
小説家になろう

浮気をされた平凡男爵令嬢ですが、誰にも心を開いてこなかった白王子に、求婚されました。

男爵令嬢のアニータ・デムーロはある日、自分の婚約者、ディエゴ・オルシーが浮気をしていることを知る。 しかし、家の事情から、婚約破棄などを申し出ることは難しかった。 ならば、どうにかディエゴの気を引くしかない。 婚約者にやきもちを焼いてもらうため、アニータは今を時めく白王子・エリゼオ王子が主催す....
著者 : たかたちひろ@「えっ能力なし〜」【書籍化!】
小説家になろう

パン屋でトングをカチカチする没落令嬢、実は王子様な店主にいつもからかわれる

父の不祥事が原因で落ちぶれた子爵令嬢のパトリシア・ミケーネは、週に一日だけ開店するパン屋に通うのが楽しみだった。 彼女にはパンを選ぶ際、トングをカチカチする癖があり、それをいつも店主のクリスにからかわれる。店主のクリスは、王子クリストファーの仮の姿なのであるが、パトリシアはそんなことを知る由もなく....
著者 : エタメタノール
タイトルとURLをコピーしました