カクヨムの小説一覧

カクヨム

通勤電車であう女子高生とかわいい後輩に、なぜかなつかれて困っている

広告代理店に勤務する笹宮は、ぐいぐい迫ってくる後輩とどう接すればいいか悩んでいた。 ある時、スマホをのぞき見した女子高生が恋のアドバイスをしてくるようになる。 それから朝の通勤電車で、二人は毎日話すようになるのだが……。 無愛想な二十六歳の会社員と、淡々と話す女子高生の不器用なラブコメです。 【一日....
著者 : 甘粕冬夏
カクヨム

幼馴染の恋人に裏切られパーティを脱退した勇者のスキルが【反転】する〜何故か偶然出会った聖女が付きまっとてくる(放っておけないだけです)が無視だ(しないでください!)〜

【8000PV突破、フォロー300人に感謝です!】 ある日の事だった。 もう一人の【勇者】で仲間である男とファルの交わる姿を目の当たりにしてしまう。 ソリトの気配に気付いた最低【勇者】はソリトにファルを恋人として紹介された。 否定も助けも求めずただ恍惚した表現でファルはされ続けていた。 裏切られた事....
著者 : 翔丸
カクヨム

3日間『記憶喪失』になっている間に彼女も奪われ、世間の信用も奪われたので記憶が戻らないフリをしてスローライフを満喫する。ただ・・小悪魔だけが妙にウザイ!?

故意の事故がきっかけで3日間だけ記憶を失ってしまった主人公。 その間に彼女も失い、世間の信用も失ってしまう。 誰も信じてくれない・・・裏切られた・・・そんな現実に嫌気がさし、記憶が戻っても『記憶喪失』のフリを続けて気ままに生きていくことを決意する。 記憶がないフリを続ける彼にはある特殊能力があった。....
著者 : スズヤギ
カクヨム

もういらないからとパーティーを追放されたけど実は相手に抵抗されずに倒すチートスキルの俺、ざまあして聖女様と一緒に幸せになる

アイク・ディーバは漆黒の翼というパーティーを荷物持ちしていたが、はもういらないと追放された。 森を抜けようとしたら盗賊に襲われてかけたが、隠していたスキルであっさりと倒す。 相手に攻撃させなくするスキルで動きを封じ、どんな攻撃も抵抗出来ずに食らって致命傷になって激痛に襲われて死ぬスキルで倒すチートだ....
著者 : しゆの
カクヨム

熱が冷めたら残るのは醜い何か

いつもそばにいた幼なじみは成長するにつれて態度が冷たくなる。 幼いながらも彼女に恋をしていると自覚していた自分には辛かった‥だから寧ろタイミングが良かったんだと思うことにした。 いつも彼女が隣にいるなんて無邪気に思っていた自分はもういないから。 不定期更新です。 描写タグは念のためです。 初投稿でい....
著者 : 暁真夜
カクヨム

双子の妹達と付き合い始めて幸せなイチャエロ生活を満喫! してるんだけど、この秘密をネタに脅してくる女友達とも付き合うことになってしまって……この先どうなる?

*近親相姦が遠慮なく出てきますので、ご注意ください。 高二の春休みのある日、青人は、高校入学を控えた双子の妹達に告白された。青人も、ずっと前から妹達のことが好きだった。成就するはずのない恋だと諦めていたのだけれど、妹達に告白されてしまっては、その気持ちを抑えることなどできなかった。 青人は妹達と付き....
著者 : 春一
カクヨム

陰キャぼっちですが、俺の彼女は可愛すぎる。

鐘白鳴巳(かねしろなるみ)は陰キャぼっちの高校生。今日もお昼休みになると、トイレで飯を食べる。 ある日、たまたま開いていた屋上で、同じくぼっちの三船二葉(みふねふたば)と出会う。 「一緒に食べよう」 その一言で、青春ラブストーリーが始まった。....
著者 : スタジオ.T
カクヨム

巨乳でかわいい彼女をひたすら愛でるだけのラブコメ

 玉井清太(たまい きよた)は高校2年生。  彼には幼馴染で巨乳美少女の山木盛子(やまき もりこ)がいた。  最近、清太は積年の想いを打ち明け、晴れて盛子と交際することになる。  無類のおっぱい好きである清太は、盛子の大きなおっぱいを好き放題にする……はずだったけど。 「きょ、今日は3回までね」 「....
著者 : 三葉 空
カクヨム

おかえり、四年後の世界へ

異能世界から魔法が当たり前の異世界に召喚された少年、翔司凛は一年の月日を経て、異世界での役目を果たし、元いた世界に戻ることができた。しかし、もうすでに彼の住む世界は四年の月日がたっていた。 異世界より帰ってきた少年と、波乱の異能世界が送る異能ファンタジー....
著者 : 極宮氏道
カクヨム

嫁さんが浮気してやがった!

PC画面の中では、俺の嫁さんと見知らぬ男が裸体を晒して汗だくのヌルヌルで絡み合っている。最愛の嫁さんによるサイアクの裏切りに、俺はトチ狂った――。....
著者 : 高速イボコロラー
タイトルとURLをコピーしました