人気小説一覧
小説家になろう

カルネウス王国公文書(1756年)より

「恐れながら、陛下。私の忠誠は国にございます。」 そう口にした少女の決意は国の転換点となった。 世界の転換点にはロマンが潜むものである。 私はロマンを追及するものとして世界の転換点について考察していきたい。 ――アルヴィド・バックリーン著「世界の転換点に対する考察」より抜粋....
著者 : 茜
小説家になろう

ファランのだいぼうけん ~俺は何年でもお前を追いかける~【俺は何度でもお前を追放する・後日談】

 これは運命にハブられた男の足掻く物語。 ※こちらは拙作「俺は何度でもお前を追放する ~ハズレスキルがこのあと覚醒して、最強になるんだよね? 一方で俺は没落してひどい最期を迎えるんだよね? 知ってるよ、でもパーティーを出て行ってくれないか~」 が、皆様のご支援の結果、30000ptを達成した感謝....
著者 : 長谷川凸蔵
小説家になろう

夢見る公爵令嬢は婚約破棄に屈しない

ユーゴ王子との婚約発表の前日、突然予知夢の力に目覚めた公爵令嬢のエマ。 夢で見た未来では婚約発表どころか婚約破棄され、一ヶ月後には家族共々処刑されることになっていた。 所詮夢だと思っていたら婚約破棄は現実のものとなった。このまま行くと夢の通り自分は処刑され、家が没落すると確信したエマはさっそく行....
著者 : おがたゆう
小説家になろう

おろかな人間様たちへ~S級テイマーに自爆させられたスケルトンの農夫は無敵の『大剣術師』として復活しました~

「ご苦労だった。スケルトン」  モンスター農場の農夫として働くスケルトンは彼を『ぱぱ』と慕う狐耳の幼女フォックステイルのルア、キノコ竜ファンガスドラゴン、魔獣キマイラやカトブレパス、植物モンスターのマンドラゴラといったモンスターたちと平和に暮らしていた。  だがある日、スケルトンは主人であるS級テイ....
著者 : いまわの@書籍「魔物の国と裁縫使い」発売中
小説家になろう

“「小説家になろう」 ユーザアンケート調査2021ご協力のお願い”とかいう超重要なお知らせが来ているのでみんなやってみよう! というお話

ユーザーページの上の方に“お知らせ”欄ありますよね? そこ、そこ見て! “「小説家になろう」 ユーザアンケート調査2021ご協力のお願い” てのが出てるでしょう? そういうことです。....
著者 : Kei.ThaWest
小説家になろう

【書籍化待望!】勘違い底辺令嬢のスローライフ英雄伝 ~最弱男爵家だし貴族にマウント取れないから代わりに領民相手にイキってたらなぜか尊敬されまくって領地豊かになってあと王子達にモテたのなんで???~

男爵家令嬢であるカリンは、六歳の頃に運命的な出会いをする。自分を蔑む伯爵令嬢のずけずけとした物言いに、すっかり憧れを抱いてしまったのだ。 しかしカリンは貴族として最下層の男爵家。それも寂れた領地しか貰えなかった最弱男爵だった。 それでも伯爵令嬢のような『悪役令嬢』となれるように試行錯誤して……そして....
著者 : ま路馬んじ【養殖】(お気に入り登録してね♡
小説家になろう

幼馴染を寝取られて追放された男は人生をリセットする〜二度目の人生では最強になった件〜

 パーティーを追い出されて彼女を寝取られて馬車に轢き殺されたナイスガイがリセットされた世界で最初からやり直す話 ※毎日投稿です。基本必ず何話目かは18時固定投稿となってます。ですので18時に見ていただけるとちょうどまとめて見られると思います....
著者 : 凝都書炉論派
小説家になろう

濁る瞳で何を願う 『書籍化・コミカライズ決定』

出勤時に心筋梗塞で生涯を終えた高倉頼蔵は、農家の三男として異世界で第二の生を得た。 ウォルムという名を与えられ平穏な日常を過ごしていたが、周辺諸国と衝突を続ける祖国は国家の尖兵たる兵士の招集を続け、ウォルムも例外では無かった。 支度金という値段付けられた命は国家へと買い上げられ、徴兵されたウォル....
著者 : トルトネン
小説家になろう

新入生の皆さん、今年だけの新ルールです

新入生諸君、入学おめでとう。 今年一年だけの新ルールがあります。 忘れずにこのルールを守っていただきたい。 ヒロイン不在。 ゆるゆる設定が基準です。 評価、感想、レビュー、ありがとうございますm(__)m....
著者 : はるあき/東西
小説家になろう

もふもふを知らなかったら人生の半分は無駄にしていた【Web版】

【書籍化&コミカライズ!】★2020/4/30 閑話・小話集を別に分けて作りました→『N8399GE』もふもふを知らなかったら人生の半分は無駄にしていた【閑話・小話集】      お疲れ気味の現実の中で、深く考えずにサラッと読めるお話。心がしんどい時に読んでもらえるといいな。    第七回ネット小....
著者 : ひつじのはね(ななもふ)
タイトルとURLをコピーしました