小説家になろうの小説一覧

小説家になろう

ヒロインからの逃げ方講座 ~こっち来んなヒロイン!お前の主人公は僕じゃない!~

「ごめんね、僕は無双系主人公じゃないんだ。だから君の世界観の主人公として活躍することは出来ないよ。……え、僕に惚れた?違う違う、そういう話じゃなくて無理なもんは無理だから。――ちょ、こっち来んなヒロイン!!」 (1/9 現実恋愛 日間一位)....
著者 : 孔明ノワナ
小説家になろう

悪役令嬢ルルティア・クレイマンの日常 〜ぼやきという名の正論パンチ、破滅フラグを叩き折る〜

「あのダメ親父、二度と帰ってこなければいいのに……」 「お嬢様、また本音が漏れてますよ」 十五歳のルルティア・クレイマン伯爵令嬢は今日もぼやきながら、腹心の従者と内政にいそしんでいた。 父親であるクレイマン伯爵は仕事もせずに朝から晩まで飲んだくれ、女主人であるはずの母親は数年前に蒸発。 無辜の領民....
著者 : 遠野
小説家になろう

【短編】「双子の兄が『ここは乙女ゲームの世界で自分は卒業パーティで断罪される悪役令息だ』と騒ぐので、妹の私が男装して学園に入学しました」

王子「アルビー・レーヴィット! 貴様を断罪する! レーヴィット公爵家を取り潰し、貴様を国外追放する!」私「理由は?」王子「貴様がクロリス・ザイドル男爵令嬢を襲ったからだ! ザイドル嬢は貴様の子を宿している!」私「証拠は?」王子「クロリスが貴様がやったと証言している!」私「いや、被害者の証言だけで断罪....
著者 : まほろん
小説家になろう

時には昔の話を ~【完結】ラノベ作家の俺が戦力外通告を受けてから、神作画の同級生女子と再会し、コンビを組んで漫画家に転身して成功を収め、彼女と婚約するまでの話~

岡崎大悟は売れないライトノベル作家。ラノベだけでは食べていけず、アルバイトでどうにか生計を立てる日々だったが、一本筋の通った真っ直ぐな心を持つ青年だった。 だが、その性格が昨今のラノベ業界と上手く噛み合わなかったせいか、大悟は売れない期間が長く続き、ついに編集者から戦力外通告をされてしまう。 そ....
著者 : 関宮亜門
小説家になろう

どうも、魅力的な女(笑)です。

 種族的にめちゃくちゃ魅力的(笑)に生まれた少女が、ものすごいイケメンに頑張ってアプローチ……していたはずが途中から反対にイケメンからアプローチされ始めて戸惑う話。  あるいは、ものすごいイケメンなのに種族的に全くモテない美形が魅力的な女の子(笑)からのアプローチに翻弄されて戸惑……ったけど、途中....
著者 : まのろ
小説家になろう

モブ同然の悪役令嬢に転生したので男装して主人公に攻略されることにしました

 ある日突然前世の記憶を取り戻し、乙女ゲーム「Royal LOVERS」の世界に転生していることに気づいたモブ同然の悪役令嬢、エリザベス・バートン。  イケメン攻略対象ばかりが優遇されるこの乙女ゲームという世界のあり方に不満を感じるエリザべスは、そこではたと気が付く。 「そうだ。私も攻略対象になれば....
著者 : 岡崎マサムネ
小説家になろう

アツく恋せよ、からあげ君~唐揚げが大好きな食いしん坊、隣の席の食が細い女の子に食べる楽しさを教えてあげる~

唐揚げが大好きで、「からあげ君」というあだ名で呼ばれる丸っこい少年がおりました。彼は隣の席になったルリちゃんというやせている子に、食べることの楽しさを教えてあげました。そうしているうちに、からあげ君はいつしかルリちゃんのことが好きになっていました。 これは、揚げたての唐揚げのようにアツアツなラブコ....
著者 : ξ~(´・д・`)「リクト」
小説家になろう

婚約を破棄された悪役令嬢は荒野で生きる。~恋愛小説の当て馬に転生しました~

侯爵令嬢のコンスタンツェ(コニー)は皇太子ウィルヘルムから、婚約破棄を言い渡された。 どうもウィルヘルムに愛する人が出来たらしい。 しかもその相手は最近現れた聖女だという。 二年も実質皇太子妃として勤めてきたのに非情な宣告に、落ち込むコニー。 だが突然前世の記憶が蘇り、自身がラブロマンス小説の当....
著者 : 吉井あん(宮平なおき)
小説家になろう

冒険の中に生く~冒険に憧れたプレイヤーは、現実となったゲームの世界を攻略なんて無視して冒険する。家、武器、道具、鎧そして料理。全部作るから街には戻らない。世界の果てを見てきてやる~

「ゲームから出れないなんて最高じゃないか。起きてるときも寝てるときも大自然の中にいて冒険ができる。こんな最高なことはない」 多くのプレイヤーに期待される中ついに始まったVRMMORPG《The Other World》は、ログアウトすることの出来ない異世界だった。 『ログアウト出来ない異世界』を....
著者 : 天野 星屑
小説家になろう

私はハーレムを否定する

ずっと私に良くしてくれたお姉ちゃんと、好きだった男の子。 そんなふたりに告げられた言葉を、私は受け入れることなんて出来なかった....
著者 : 龍の鱗
タイトルとURLをコピーしました