木嶋隆太の小説一覧

カクヨム

学校では地味な陰キャとバカにされている俺は実はボディーガード 〜地味に生きたいのに、以前助けた有名人の幼馴染が離してくれない〜

中学時代。父の仕事を手伝い、もう目立つのはこりごりだと思った俺は、高校こそは平和で平穏に地味な生活を送ると決意する。だが、歌手として有名な幼馴染や大人気声優の幼馴染が俺を離してくれない。....
著者 : 木嶋隆太
小説家になろう

陰キャな俺は静かに過ごしたいが、美少女お嬢様の婚約者が頼ってきます

自宅付近の公園で呆然とブランコを揺らす女子がいた。学校一の美少女、五百旗頭沙也加(いおきべさやか)だ。声をかけるかどうか迷った俺だったが、あまりにも彼女の表情が元気ないものであったため、つい声をかけてしまった。そのままなし崩し的にともに夕食を食べることになり、俺は彼女に頼まれることになる。「私と付き....
著者 : 木嶋隆太
小説家になろう

いじめられていた俺は気づけば世界最強になっていた ~陰キャ高校生、自宅ダンジョンにてレベルが100を超えたのでいじめっ子をボコボコにできるようになりました~

いじめられ、引きこもりがちの高校生である俺の家に、ダンジョンが出現した。世界初のダンジョンを発見した俺は、そのダンジョンの攻略を開始する。RPG大好きな俺はゲーム感覚で迷宮攻略を行っていった俺は、ステータスを鍛え、レベルを爆速で上げていく。異世界の美少女妖精サリアとともに、いじめっ子をボコボコにする....
著者 : 木嶋隆太
小説家になろう

薬屋の聖女 ~家族に虐げられていた薬屋の女の子、実は世界一のポーションを作れるそうですよ~

私の家は代々薬屋を営んでいた。そんな私も小さい頃からポーションづくりに励んでいた。ただ、私の家での扱いはあまり良くなかった。姉たちにいじめられていたからだ。そんなある時、魔物との戦争が行われるということで、私たちの家にも大量のポーションづくりの指示が出された。私たち三姉妹も朝から晩まで必死にポーショ....
著者 : 木嶋隆太
小説家になろう

無限再生の超速レベルアップ ハズレ才能「再生」のおかげで不死身になりました ~パーティー追放され、無残にも死にかけた俺は這い上がる~

一流パーティーに所属していた荷物持ちの俺は、高難易度ダンジョンの奥地にて仲間たちに見捨てられてしまう。そこであっさりと殺された俺だったが、そこで再生の力が発動する。それは、仮に死んだとしても再生する力だった。死なない体を理解した俺は、再生を駆使して超速レベルアップを繰り返していく。最弱と馬鹿にされた....
著者 : 木嶋隆太
小説家になろう

地味で陰キャな俺の趣味は迷宮攻略です ~超有名で人気の冒険者、実は俺です~

クラスでは地味な陰キャだと好き放題言われている俺の趣味は迷宮攻略だ。おまけに超人気の冒険者『仮面の騎士』として。 ....
著者 : 木嶋隆太
小説家になろう

パーティーを追放された雑用係の少年を拾ったら実は滅茶苦茶有能だった件  ~虐げられていた少年は無自覚のまま索敵魔法を使いこなし、最高のサポーターとして成り上がる~

大手クランでは、サポーターのパーティー追放が流行っていた。そんなとき、ヴァレオはあるパーティーが言い争っているのを目撃する。そのパーティーでも、今まさに一人の少年が追放されようとしていた。必死に泣きついていた少年が気になったヴァレオは、彼を自分のパーティーに誘う。だが、少年は他の追放された人々とは違....
著者 : 木嶋隆太
小説家になろう

滅茶苦茶仲の悪い義妹と結婚しました、ゲームで

俺には学校でトップカーストの義妹がいた。対して俺は底辺も底辺。義妹とは非常に仲が悪く、ここ数年でまともに話をした記憶がないほどだ。義妹と関わる気がなかった俺がVRMMOを遊んでいた時だった。ゲーム内で結婚した「サイ」という子から、リアルで会いたいと誘われてしまう。あまり気乗りはしなかったが「どうして....
著者 : 木嶋隆太
小説家になろう

【連載版】学校では地味な陰キャとバカにされている俺は実はボディーガード 〜地味に生きたいのに、以前助けた有名人の幼馴染が離してくれない〜

中学時代。父の仕事を手伝い、もう目立つのはこりごりだと思った俺は、高校こそは平和で平穏に地味な生活を送ると決意する。だが、歌手として有名な幼馴染や大人気声優の幼馴染が俺を離してくれない。....
著者 : 木嶋隆太
カクヨム

婚約破棄、国外追放しておいて、今さら戻ってきてほしいとはなんですか? 〜今さら戻るつもりなどない私は、逆婚約破棄をして隣国で溺愛される〜

すべての女性は15歳を迎えたその日、精霊と契約を結ぶことになっていた。公爵家の長女として、第一王子と婚約関係にあった私も、その日同じように契約を結ぶため、契約の儀に参加していた。精霊学校でも優秀な成績を収めていた私は――しかし、その日、契約を結ぶことはできなかった。なぜか精霊が召喚されず、周りからは....
著者 : 木嶋隆太
タイトルとURLをコピーしました