環 エンの小説一覧

小説家になろう

このふざけた茶番劇は、私たちが生まれる前から始まっていた

シルビア=ロッシュは自身の学園の卒業式と祝賀パーティの時に第二王子たちに悪役令嬢として断罪されることを知っていた。この世界が乙女ゲームの強制力から逃れるためには、祝賀パーティーで行われる『断罪劇』を終わらせてゲームのエンディングを迎えなければいけない。最悪の正規ルートを回避するための対策はシルビアが....
著者 : 環 エン
小説家になろう

拝啓、王太子殿下さま。アレンさん、いよいよ本気出すってよ

王太子殿下付きの近衛騎士だったジュライは、王命により聖女セレティアの護衛の任務につくことになり、無口無表情な引きこもり聖女セレティアと穏やかな笑顔の優男風護衛騎士アレンと出会う。二人との初対面の頃を振り返りながら、セレティア至上主義のアレンの珍しい行動とその先の目的を知ってしまい、幼なじみの王太子殿....
著者 : 環 エン
小説家になろう

置物聖女は元引きこもりの天職です

セレティアは違う世界で引きこもりをしていた記憶を持っていた。異世界転生しても性根が変わることもなく、コミュ障の引きこもり志望者のままの彼女が出会った天職は『聖女』だった。この世界の聖女の仕事は祈りの塔で生活し心から世界の安寧を祈るというもの。ただの二酸化炭素製造機が世界の役に立つなんてまさに天職と日....
著者 : 環 エン
タイトルとURLをコピーしました