空野進の小説一覧

小説家になろう

次は悪役になってやる!〜なのに勘違いされてどんな行動も賞賛されてしまう件〜

ウルアース王国の王子、ユーリ・ライナ・ウルアースは前世の記憶をもっていた。 お人好しで、騙されて命を落とした絶望的な前世を――。 「他人のことなんて知ったことか。俺は悪人になってやる!」 贅沢をするために食材を買い占めると、その後すぐに飢饉が襲ってきて買い占めた食材で国が救われ、英雄扱いされて....
著者 : 空野進
小説家になろう

次は悪役になってやる!〜なのにいつの間にか破滅から国を救っていて、英雄として称賛されていた件について〜

ウルアース王国の王子、ユーリ・ライナ・ウルアースは前世の記憶をもっていた。 お人好しで、騙されて命を落とした絶望的な前世を――。 「他人のことなんて知ったことか。俺は悪人になってやる!」 贅沢をするために食材を買い占めると、その後すぐに飢饉が襲ってきて買い占めた食材で国が救われ、英雄扱いされて....
著者 : 空野進
小説家になろう

次は悪役になってやる!〜いつの間にか破滅から国を救っていて、英雄として称賛されていた件について〜

ウルアース王国の王子、ユーリ・ライナ・ウルアースは前世の記憶をもっていた。 お人好しで、騙されて命を落とした絶望的な前世を――。 「他人のことなんて知ったことか。俺は悪人になってやる!」 贅沢をするために食材を買い占めると、その後すぐに飢饉が襲ってきて買い占めた食材で国が救われ、英雄扱いされて....
著者 : 空野進
小説家になろう

次は悪人になってやる!〜なのに英雄として称賛されている件について〜

ウルアース王国の王子、ユーリ・ライナ・ウルアースは前世の記憶をもっていた。 お人好しで、騙されて命を落とした絶望的な前世を――。 「他人のことなんて知ったことか。俺は悪人になってやる!」 贅沢をするために食材を買い占めると、その後すぐに飢饉が襲ってきて買い占めた食材で国が救われ、英雄扱いされて....
著者 : 空野進
小説家になろう

今度は悪人になってやる!〜なのに英雄として称賛されている件〜

ウルアース王国の王子、ユーリ・ライナ・ウルアースは前世の記憶をもっていた。 お人好しで、騙されて命を落とした絶望的な前世を――。 「他人のことなんて知ったことか。俺は悪人になってやる!」 贅沢をするために食材を買い占めると、その後すぐに飢饉が襲ってきて買い占めた食材で国が救われ、英雄扱いされて....
著者 : 空野進
小説家になろう

転生領主の優良開拓〜前世の記憶を生かしてホワイトに努めたら、有能な人材が集まりすぎました〜

元社畜の俺は過労死の末、魔族や有力貴族の領地に挟まれた弱小領主の息子に転生していた。 魔物の襲撃による両親の死で領地を引き継ぐことになったものの、領民もその騒動でいなくなってしまう。 しかしこんな危険な領地に来てくれる人なんているのだろうか? いや、それなら求人の条件を良くすれば良いんだ。 『毎週....
著者 : 空野進
小説家になろう

やりこみ好きによる領地経営~俺だけ見える『開拓度』を上げて最強領地に~

最新ゲームを起動した俺はキャラ設定画面で『辺境領主』というやり込み系職業を選んだら、次の瞬間に何もない寂れた辺境へと飛ばされていた。 周りには小さな畑と古い小屋があるだけ。 しかし、辺境領主の力で『開拓度』を表示することができた。 ただ、そこでわかったのは全てが最低レベルの超ハードモード……とい....
著者 : 空野進
小説家になろう

ハードモードから始める最強スローライフ~やりこみ好きが最弱の地をトコトン開拓してみた~

最新ゲームを起動した俺はキャラ設定画面で『辺境領主』というやりこみ系職業を選んだら、次の瞬間に異世界に転生していた。 周りには小さな畑と古い小屋があるだけ。 しかし、辺境領主の力で『開拓度』を表示することができた。 ただ、そこでわかったのは全てが最低レベルの超ハードモード……ということだけだった....
著者 : 空野進
小説家になろう

ハードモードから始めるチート開拓~やりこみ好きがトコトン開拓したら、いつの間にか最強の領地になっていた~

最新のMMORPGを起動した俺はキャラ設定画面で『辺境領主』というやりこみ系職業を選んだら、次の瞬間に異世界に転生していた。 周りには小さな畑と古い小屋があるだけ。 しかし、辺境領主の力で『開拓度』を表示することができた。 ただ、そこでわかったのは全てが最低レベルの超ハードモード……ということだ....
著者 : 空野進
小説家になろう

鑑定能力で調合師になります

 火事で死にかけた時に神様を名乗る少女に白い空間に飛ばされた。  どうやら、強制的に異世界転移させられるらしいが、その際にチート能力を一つくれるらしい。  飛ばされる世界にステータスがあると思い込んでいた俺は相手の能力を知ることの出来る『ステータス鑑定』を貰うが、飛ばされた先はステータスのない世界だ....
著者 : 空野進
タイトルとURLをコピーしました