きみと、純愛

著者:花田 蜂蜜

青島総合病院に勤める看護師、清水 文子は、

「…結婚、してください」

「メリットは?」

「…..え?…め、めり…?」

「あなたと結婚するメリット。苗字が変わって、薬指に指輪つけて、それ以外にメリットはある?」

婚期を逃した、33歳。

そんな矢先、同じ病院で働く医師、橘 耕平にアプローチをされる。
分け隔てなくみんなに優しく、患者や看護師にも人気のある誰もが認めるエリート医師で、完璧なステータスの持ち主。

あんなハイスペックな人、なかなかいないよ!

同僚に言われ、今度こそは…!と気合いの入る文子。

そんなとき、文子の前に現れたのは———

「くくく、フミコって…え、何時代の人?」

デリカシーゼロで生意気な年下御曹司、九条 薫だった。

きみと、純愛のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました