最後の女

著者:megu ☆ミ

 札幌勤務に戻り、マイホームも購入し、一家四人で暮らし始めた智也は、手に入れた『理想の家族』に幸せを噛みしめていた。

 ある日、智也は彩の両親に呼び出され、『父』として『夫』としての任務を与えられる。

 悩む智也は真と亮に協力を求めるが、素っ気ない。

 一方、凪子が臨月を迎え、隼は父親になる焦りや不安を抱えていた。

最後の女のページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました