クラスの地味子に優しくしたら、俺だけの最高の彼女になった

著者:三葉空

 倉崎輝臣(くらさきてるおみ)は平凡な高校2年生。
 そんな彼のクラスは女子のレベルが高く、男子たちはウッハウハ。
 ただ、梨田みゆき(なしだみゆき)という地味子だけは冴えないとバカにされている。
 ある時、輝臣はひょんなことからみゆきと接近する。
 そして、彼女の本当の姿を知った時、彼の学園生活が変わった。
*この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

クラスの地味子に優しくしたら、俺だけの最高の彼女になったのページへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました