専属執事をやめたら幼馴染のお嬢様がやけにグイグイくるのだが

著者:利紺

名家である八条家の専属執事をしていた「野原純」は、高校生活を充実させたいということで一旦執事をやめることを決断した。だが、どういうわけか幼馴染でありかつての主人であった超絶美少女の「八条ノア」が同じ高校の同級生となり、なおかつ今までにない程に積極的に関わってくる。
「俺なんかじゃお嬢様には釣り合わないだろう」
ずっとノアのことが大好きであるも自信がなく想いをひそめるしかない純。
「私しか純には釣り合わないわ。 ……な、なかなか大好きって言えないけど」
ずっと純のことが大好きで付き合うことを確信してるも、好きという言葉がどうしても言えないノア。
果たしてこの両片思いの二人が結ばれる日は来るのだろうか!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました