オリジナル戦記の小説一覧

小説家になろう

わたくしの婚約者は、国で一番強い人にせざるを得ません

宰相派と辺境伯派の勢力争いが顕著なマールサイド王国。存在感の薄い王家ではあったが、王女ケイトリンはどっちの派閥に嫁ぐかを決めた途端、内乱が勃発することを確信していた。ならば婚約は反対派に有無を言わせぬほど、公明正大に決めなければいけない。ケイトリンは武闘大会を開催し、最も強い者の婚約者となることを宣....
著者 : 満原こもじ
小説家になろう

【6/27 コミカライズ連載開始!書籍3巻8/10発売】2度目の人生、と思ったら、実は3度目だった。~歴史知識と内政努力で不幸な歴史の改変に挑みます~

【お知らせ】 2024年8月10日に三巻発売が決定しました! コミカライズ版も2024年6月27日より連載開始です! どうぞよろしくお願いいたします。 【あらすじ】 不幸続きの男爵家次男に生まれ、次々と家族を災厄で失った結果、16歳で当主となったタクヒール。 必死で内政に取り組むが、平凡な彼は、そ....
著者 : take4
小説家になろう

伝説に残らなかった大賢者

数千年前に魔王討伐の勇者パーティーの補佐役として召喚されたマーギン。マーギンは大賢者と呼ばれる程の魔力と適正を持ち、召喚から10余年程過ぎた時に勇者パーティーの一員として魔王討伐に向かった。 しかし、補佐役であったマーギンが魔王の核を撃ち抜いた直後に仲間から石化魔法を掛けられ、石化が解けたのは数千年....
著者 : しゅーまつ
小説家になろう

傭兵団の料理番

 僕は料理が好きだ。でも、買い物の帰りにどこかの国に迷いこんで傭兵部隊の料理番をすることになりました。何故こうなったのか分かりませんが、生き残るために美味しい料理を作ることにします。…………これは、後の世で伝説となった英雄たちの部隊で、彼らを支え続けた偉大な料理人の話。 ★コンプティーク2015年5....
著者 : 川井 昂
小説家になろう

時詠み聖女の邦崩し

「女神の罰とは、いったいどんなものなのでしょうね」 創世の女神イェグから時詠みの力を下賜された聖女は 女神に課された定めを果たすため 生まれた邦であるランドルド聖王国をあとにし ランドルド聖王国を攻めようと画策するモルド帝国皇帝のもとへと向かう 「あなたに会いに来ました。邦を、滅ぼして頂くために」 ....
著者 : 調彩雨
小説家になろう

カナンの城

剣と魔法こそが力であった世界。 帝国は失われていた古代文明の技術を発見し、銃や大砲の量産に成功。 それまで戦場の主役だった騎士と魔法使いを、銃で武装した兵士たちによって駆逐し、帝国は新たな時代を切り開こうとしていた。 そんな中、帝国軍に厳重に警護された馬車が山道を走っていた。 護衛についた兵士はお....
著者 : 駄犬
小説家になろう

神様の勘違いで神眼「ウジャトの目」を授かった転生少女は、神獣と共に異世界で魔を撃ち貫く

リリアージュ・オルデン(リリ)は冒険者の父、料理屋を営む母、生まれたばかりの弟と平凡に、だが幸せに暮らしていた。 ただ一つ普通と違ったのは、リリには人の顔周りに「靄」が見えること。その靄は感情によって色が異なる為、リリは大まかに人の感情を読み取ることが出来た。 リリが八歳のある日、町に凶悪犯が紛れ....
著者 : 五月和月
小説家になろう

剣と弓とちょこっと魔法の転生戦記(旧題:剣と弓とちょこっと魔法の世界に転生して男爵家の次期当主になったんだけど、とりあえず生きるために頑張ろう)

 勝ち目とか普通に考えてないんで降伏しに行ったら、四百の兵を率いて一万の敵と戦うことになった件(初陣)。  ……解せぬ。 ※第六章第二話の後に投稿された2017エイプリルフールネタにつき、ご好評にお応えし、シリーズ内短編にて保存しております。  削除後は、そちらでご覧ください。 ※第九章十七話....
著者 : U字
小説家になろう

馬の俺はお嬢さんを乗せて優雅に去っただけなんだが…俺は普通の馬じゃなかったらしい

元人間な馬のエディはとあるご令嬢に可愛がられる白いお馬さん。 今日も飼い主のお嬢さんを乗せて走る…のだが只のお馬さんではなかったようで…? 飼い主のお嬢さんの婚約破棄現場に知らずに乗り込んだお馬さんのお話。 ※ 馬が主人公ですが前半がお馬さん、後半がお嬢さん視点の小説になります。 絵本の感覚で読....
著者 : 白龍斎
小説家になろう

転生した先は醜悪な悪役貴族。二度目の人生はモテるために全力を尽くす

事故で死んだはずの俺が目を覚ますと、大好きだったゲーム『インドラファンタジー』の世界に転生していた。 容姿最底。性格最悪。実力皆無。の負の三拍子が揃っている悪役貴族、エリアス・オールカルソンであり、エリアスは主人公たちとの戦闘中に部下から背中を刺されて死ぬ最期を迎えるあまりにも悲惨なキャラ。 ただ、....
著者 : 岡本剛也