オリジナル戦記の小説一覧

小説家になろう

【書籍化】私をそんな二つ名で呼ばないで下さい!

【書籍版が二月七日にSQEXノベル様から発売されます!】 弱小国の姫であるイリューテシアは、隣国から婿を迎える事になった。見合いのため訪れた隣国で彼女は運命の出会いを果たす。その出会いは彼女を歴史の表舞台に押し上げ、やがて彼女は世界から『恐怖』という二つ名で呼ばれる事になる。 なんとスクエニノベル....
著者 : 宮前葵
小説家になろう

万年ヒラの支援魔術師、最強の賢者になる~不人気の支援魔術師は給料泥棒だと魔術大学をクビになったが、出世した元教え子たちのおかげで何も困らない件~

 誰かの能力を底上げしたり、逆に敵の能力を低下させる支援魔術。蔑称は子守り魔術──  トールはそんな不人気の支援魔術をヴェレン魔術大学で教える講師だった。  ある日、トールは男子生徒に絡まれている女性生徒レイナを助ける。  しかし男子生徒は大学に多額の賄賂を送っている貴族の家の子で、トールは大学....
著者 : 苗原一
小説家になろう

聖女さまは取り替え子

夢の中で目が覚めたら、そこは知らない森でした。 しかも、身につけているのは血塗れボロボロのメイド服。汚くて臭くて、気持ち悪い。 高校受験を終えたばかりの凪が、幼い頃からよく見ていた不思議な夢は、違う世界の現実だった。 「この世界の聖女って、ガチで国防と経済の要なんだなー。そりゃ、どこの国でも欲しがる....
著者 : 灯乃
小説家になろう

駆けろ雑兵〜ガストン卿出世譚

村の力自慢だったガストンは立身出世を夢見て戦に出る。だが、そこにあったのは過酷な戦場、自慢の腕力など通用しない現実だった。 さらに戦場から帰っても村に居場所もなく、流れのままに武家奉公へ…… 選ばれた英雄ではない、特別な才能もない、等身大の男の出世譚が幕を開ける。 ....
著者 : 小倉ひろあき
小説家になろう

裏切られた勇者の俺にはもう復讐だけしか残されていない

勇者ヒシスはついに魔王を倒すことに成功する。 ヒシスはその事に大いに喜び仲間達と喜び合う。 だが国王に裏切られ拘束されてしまう。 そして仲間たちもヒシスを裏切った。 国民さえもヒシスを裏切った。 そしてヒシスは決意する。自分を裏切った全てに復讐すると。 これは元勇者によって行われる断罪の物語である。....
著者 : ハル
小説家になろう

呪いを受けて奴隷落ちした第三王女、人でなし魔法使いに買い取られる ~君なら最高の魔法使いになれる。先生みたいになれたら……私でも幸せになれますか?~

不死の呪いをかけられた第三王女のサテラ・ローレライは、どんな傷を負っても再生する。四肢をバラバラにされても、頭が吹き飛んでも元通り。その人外としか思えない力に、両親でさえも恐怖し、彼女を化け物として扱った。 ついに奴隷商会に売られてしまったサテラは、最低な貴族たちの競りにかけられる。全てを諦めていた....
著者 : 日之影ソラ(ノベル15シリーズ)
小説家になろう

レベルダウンから始まる召喚無双〜俺だけ使える『マイナス召喚』は経験値を対価にあらゆるものを召喚するチートスキルでした。『英雄』『神獣』『聖剣』『魔王』を召喚し最強へ至る~

英雄となりダンジョンの深層を攻略することを夢見る少年アレイスターはずっと一層にいることから『万年チュートリアル野郎』とばかにされている冒険者である。  彼の所持スキルは『マイナス召喚』という自分のレベルを生贄に、召喚獣や、武器、アイテムを召喚するというものだった。  しかし、スキルレベルで召喚で....
著者 : 高野 ケイ
小説家になろう

人間不信の冒険者達が世界を救うようです

※2019/9/25、書籍1巻が発売されます! ありがとうございます!※ ※2019/10/25 コミカライズ開始しました! コミックウォーカーにて川上真樹先生が連載されます!※ 【軽戦士ニック】はズボラな仲間のため金の管理や雑用をしていたが、 パーティーの金を盗んだという虚偽の疑いをかけられて追....
著者 : 富士伸太
小説家になろう

人間不信の冒険者達が世界を救うようです

※2019/9/25、書籍1巻が発売されます! ありがとうございます!※ ※2019/10/25 コミカライズ開始しました! コミックウォーカーにて川上真樹先生が連載されます!※ 【軽戦士ニック】はズボラな仲間のため金の管理や雑用をしていたが、 パーティーの金を盗んだという虚偽の疑いをかけられて追....
著者 : 富士伸太
小説家になろう

槍サーの姫

 騎士に憧れた第三王女は、王国の旗を掲げて騎士たちを導く、旗手になることを夢見ていた。  そして彼女が入学した名門校には、代々名手を輩出してきた槍術研究会、通称槍サーがある。  旗手の登竜門としても有名だと聞いた姫は、親友と共に意気揚々と入部届けを出しに行ったものの――当の槍サーは部員数ゼロで廃....
著者 : 征夷冬将軍ヤマシタ
タイトルとURLをコピーしました