ゲームの小説一覧

小説家になろう

プレイした覚えもないゲーム的な世界に迷い込んだら【2023.12.1第1巻発売&2023.11.16~コミカライズ配信】

僕の名は井ノ崎真。前世の名前は分からない。 一般人として現代日本で一生を終えたはず。 なのに、気が付いたら、ダンジョンが存在するゲーム的世界の日本で小学生になっていた。 意味が分からないでしょ? 僕もだ。 あれよあれよとダンジョン学園に編入することになったけど、別に神様的な存在に出会ってもいないし、....
著者 : なるのるな
小説家になろう

恋に生きる転生令嬢~乙女ゲームのシナリオなんて知りません!~※再掲載です

「ここって乙女ゲームの世界?でもハマってたのは妹で私じゃないし……」 侯爵令嬢に転生したマリーウェルザは、ここが乙女ゲームの世界であることに気づく。ところが、覚えているのはイケメンの王子様が出てきていたことだけ。 自分が悪役令嬢とも知らず、好きに生きることに決める。 「今世こそ恋愛したい!」 家....
著者 : 柊 一葉
小説家になろう

無能王子の楽々領地開拓記 ~ギフトを授かれず『死の大地』に追放された王子、転生時に貰っていた『自動製作《オートクラフト》』スキルで最強の領地を作り上げてしまう~

「テオドルフ、貴様を『北の大地』の領主に任命する!」 第三王子テオドルフは、女神よりギフトを貰えなかったことを理由に、死の大地とも呼ばれる北の大地に追放されてしまう。 ついてきてくれたのは美人メイドのレイラのみ。食料がろくに手にはいらないその地で生き残れることは不可能……に思われたが、実は転生者であ....
著者 : 熊乃げん骨
小説家になろう

死の大地に追放された転生無能王子、『自動製作《オートクラフト》』スキルで領地を爆速で開拓し最強の村を作ってしまう 〜最強クラフトスキルで始める、楽々領地開拓スローライフ〜

「テオドルフ、貴様を『北の大地』の領主に任命する!」 第三王子テオドルフは、女神よりギフトを貰えなかったことを理由に、死の大地とも呼ばれる北の大地に追放されてしまう。 ついてきてくれたのは美人メイドのレイラのみ。食料がろくに手にはいらないその地で生き残れることは不可能……に思われたが、実は転生者であ....
著者 : 熊乃げん骨
小説家になろう

『自動製作《オートクラフト》』スキルで始める、異世界開拓生活 ~瘴気に汚染された土地に追放されましたが、最強クラフトスキルでガンガン開拓します~

「テオドルフ、貴様を『北の大地』の領主に任命する!」 第三王子テオドルフは、女神よりギフトを貰えなかったことを理由に、死の大地とも呼ばれる北の大地に追放されてしまう。 ついてきてくれたのは美人メイドのレイラのみ。食料がろくに手にはいらないその地で生き残れることは不可能……に思われたが、実は転生者であ....
著者 : 熊乃げん骨
小説家になろう

モブだと言ってくれ!

拙作『突然だが、私はなんらかの乙女ゲーム世界らしきところに、モブとして生まれ変わったようだ』の蛇足編と言いますか、書ききれなかった設定を含めたその後のお話です。思い付いて書けたら投稿して行きます。 視点変更に際し、こちらでは特に明記は致しません。 合わないと思ったら無理せずお引き返しくださいませ。....
著者 : 凪 朱鳥
小説家になろう

VRMMOを引退してソロゲーでスローライフ ~仲良くなった別ゲーのNPCが押しかけてくる~

とある社会人の男性、児玉 光太郎。 彼は「Fantasy World Online」というVRMMOのゲームを他のプレイヤーの様々な嫌がらせをきっかけに引退。 新しくオフラインのゲーム「のんびり牧場ファンタジー」をはじめる。 「のんびり牧場ファンタジー」のコンセプトは、魔法やモンスターがいるがファ....
著者 : オクトパスボールマン
小説家になろう

捨てられ公爵夫人は、平穏な生活をお望みのようです

「君に伝えておくことがある。私は君を妻として愛するつもりはない」 結婚式が終わってやっと一息ついたところで夫になったばかりの アレクシスにそう告げられたメルフィーナ。 アレクシスから開拓中の貧しい土地をもぎ取り、 公爵邸を後にしたメルフィーナの共はアレクシスのつけた 監視役の護衛騎士、セドリックと....
著者 : カレヤタミエ
小説家になろう

十年前、確かに私はあなたを愛しておりました。

十年前、突如として蘇った前世の記憶。 苦労ばかりしてきた私が愛した乙女ゲームの世界で、一番好きだった王子と結ばれたのに、彼は何人もの女と関係を持たれて、あまつさえ国を危機に陥れて……。 これは私の責任だ。だから、私はあなたに毒杯を注ぐ。 すぐに読める短編です!....
著者 : 棘 瑞貴
小説家になろう

さよならゲームオーバー

学校の非常階段でこっそりゲームをしていたつばめは、一学年下の男子・稜に見つかってしまう。 「……ばらすの?」 「先輩が付き合ってくれるなら、言いません」 学校一のイケメンに弱みを握られたつばめは――? 「撃ったら逃げる。なんで棒立ちになるの? 画面見てた? 見てたら、人数不利なことわかったよね....
著者 : 六つ花 えいこ