スローライフの小説一覧

小説家になろう

#壊れた地球の歩き方

●第一章完結 【古都奪還戦争編/妬まれて追放されたけど、実は『複製』スキルで戦闘から生産までなんでもこなす万能ワーカーでした。今さら帰ってこいと言われてももう遅いです。】 「イコマ、おまえは追放だ」 「わかったよ。出て行けばいいんでしょ?」 天変地異によって文明が崩壊し、モンスターがはびこるよう....
著者 : ワナビくんちゃん/出版名義『罠火擽』
小説家になろう

#壊れた地球の歩き方

●第一章完結 【古都奪還戦争編/妬まれて追放されたけど、実は『複製』スキルで戦闘から生産までなんでもこなす万能ワーカーでした。今さら帰ってこいと言われてももう遅いです。】 「イコマ、おまえは追放だ」 「わかったよ。出て行けばいいんでしょ?」 天変地異によって文明が崩壊し、モンスターがはびこるよう....
著者 : ワナビくんちゃん/出版名義『罠火擽』
小説家になろう

新米錬金術師は辺境の村でスローライフを送りたい

ブランは厳しくも温かい師匠に育てられ平民ながら王立高等学院錬金科を主席で卒業した若く優秀な錬金術師。 そんなブランが選んだ卒業後の進路は王立研究院でも大手錬金工房でもない辺境の村だった。 「俺が行くのは『ユミル村』だ」 「だからどこだよそれ!」 3年間を学院でともに過ごした仲間たちがそう突っ込む中、....
著者 : 言納智大
小説家になろう

追放され無職になった俺ですが前世は過労死したので今回は美少女達と辺境で快適スローライフを送ります。え?俺のせいで勇者パーティが崩壊した?魔王が攻めてきても抵抗できない?俺はもう知りませんよ?

 この世界には神が人に与えた神器があった。  魔王を倒すための3つの神器。勇者の聖剣、聖女の杖、賢者の魔導書だった。  それらの神器は使い手を選ぶと言われていた。  主人公のシアンは、そんな神器に選ばれた幼なじみ達の勇者パーティに入っていたが、シアンだけは選ばれておらず、しかもジョブは無職とまで馬....
著者 : なつめかりん
カクヨム

【ざまぁ回!】追放された元ギルド職員、【覚醒鑑定】で天才少女たちの隠れたスキルを覚醒&コピーして伝説の冒険者(不本意)となる ~おい、俺を最高最強と持ち上げるのはやめてくれ。「何で?」って顔しないで~

「ええい、うるさい! 貴様は追放、これは決定事項だ!」 レベルが低すぎるという理由でギルドから追放された元職員イスト。 彼が持つ高い事務処理能力と鑑定眼はギルド運営になくてはならないものにもかかわらず、それが評価されることはなかった。 世の中は空前のバトルブーム。 高レベルや強い戦闘スキルがもてはや....
著者 : ソウイチ
小説家になろう

#壊れた地球の歩き方

●第一章完結 【古都奪還戦争編/妬まれて追放されたけど、実は『複製』スキルで戦闘から生産までなんでもこなす万能ワーカーでした。今さら帰ってこいと言われてももう遅いです。】 「イコマ、おまえは追放だ」 「わかったよ。出て行けばいいんでしょ?」 天変地異によって文明が崩壊し、モンスターがはびこるよう....
著者 : 罠火擽@「異世界ダイナー」発売中
小説家になろう

#壊れた地球の歩き方

●第一章完結 【古都奪還戦争編/妬まれて追放されたけど、実は『複製』スキルで戦闘から生産までなんでもこなす万能ワーカーでした。今さら帰ってこいと言われてももう遅いです。】 「イコマ、おまえは追放だ」 「わかったよ。出て行けばいいんでしょ?」 天変地異によって文明が崩壊し、モンスターがはびこるよう....
著者 : 罠火擽@「異世界ダイナー」発売中
小説家になろう

#壊れた地球の歩き方

●第一章完結 【古都奪還戦争編/妬まれて追放されたけど、実は『複製』スキルで戦闘から生産までなんでもこなす万能ワーカーでした。今さら帰ってこいと言われてももう遅いです。】 「イコマ、おまえは追放だ」 「わかったよ。出て行けばいいんでしょ?」 天変地異によって文明が崩壊し、モンスターがはびこるよう....
著者 : 罠火擽@「異世界ダイナー」発売中
小説家になろう

#壊れた地球の歩き方

●第一章完結 【古都奪還戦争編/妬まれて追放されたけど、実は『複製』スキルで戦闘から生産までなんでもこなす万能ワーカーでした。今さら帰ってこいと言われてももう遅いです。】 「イコマ、おまえは追放だ」 「わかったよ。出て行けばいいんでしょ?」 天変地異によって文明が崩壊し、モンスターがはびこるよう....
著者 : 罠火擽@「異世界ダイナー」発売中
小説家になろう

創造魔法師、ブラックな補給団の無能なクソ上司に嫌われ追放されました。こんなブラックな仕事なんか辞めてやる。~俺がいなくなった後補給団諸共国が崩壊してますがそんなこと知りません。今更もう遅いんで~

創造魔法師で元冒険者だった19歳アレン。 冒険者を止めてまで、国の為を思い幼き頃から憧れだった補給団へと所属する。 しかしアレンの憧れは一瞬で崩壊する。 24時間ほぼ休みなしで武具生産、建材生産など多岐にわたる無理強いを強いられた。 睡眠時間は僅か2時間。給料はゴミみたいな薄給。それでも我慢してい....
著者 : 風白春音
タイトルとURLをコピーしました