スローライフの小説一覧

小説家になろう

隠しクエストが見える戦斧使い(修正中です)

王都のギルド本部直属の冒険者であるカイトは久々の休暇を利用して、旧知の居る城塞都市へと訪れていた。 しかし数年振りに訪れていた為、タイミングが悪くカイトを知る冒険者は皆、S級ダンジョンに大規模遠征中のようで不在だった。 いつもはカイトの旧知の冒険者達が抑止力となっていたが、彼らが遠征中なのを利用....
著者 : 十条カナデ
小説家になろう

隠しクエストが見える戦斧使い~休暇で訪れた都市の冒険者に生産職と馬鹿にされたが、俺こう見えて王都直属のS級冒険者なんだが…~

王都のギルド本部直属の冒険者であるカイトは久々の休暇を利用して、旧知の居る城塞都市へと訪れていた。 しかし数年振りに訪れていた為、タイミングが悪くカイトを知る冒険者は皆、S級ダンジョンに大規模遠征中のようで不在だった。 いつもはカイトの旧知の冒険者達が抑止力となっていたが、彼らが遠征中なのを利用....
著者 : 十条カナデ
カクヨム

異世界で自由気ままなスローライフを!

【概要】 真面目に生きて、努力が報われなかった男が異世界転生。 女神様にもらったチートな加護のおかげで、のんびりまったり生き抜きます。 時には家を作り、時には農業をし、時には冒険者をする。 我慢をせず、やりたいことを、やりたいときに、やりたいようにする。 自由気ままなスローライフ。 【あらすじ】 森....
著者 : モーリー
小説家になろう

疎まれ令嬢の幸せスローライフ~婚約破棄されたので田舎で古城ホテル経営始めました~【番外編追加】

責任感の強さゆえに婚約者である王子に疎まれてしまったミラベルを、断罪の場で唯一庇ってくれたのは……ガリ勉と呼ばれるアイザックだった。そのまま王子との売り言葉に買い言葉で、ミラベルの新たな婚約者に名乗り出た彼だったのだが。二人きりになったあと、どうか断ってくれと平謝りしはじめて──苦境を乗り越え幸せに....
著者 : 干野ワニ
小説家になろう

奪われ聖女と呪われ騎士団の聖域引き篭もりスローライフ

私、天河小羽は聖国サリスウィードに聖女として召喚された。必死に使命をはたしてきたが、三年間の聖女としての功績と婚約者を、突如現れた後輩聖女のダイアナに嵌められ奪われてしまう。国はダイアナを聖女として担ぎ、私のことは飼い殺しにしようと目論んだようだけれど、これ以上利用されるなんてまっぴら!聖女のみ入る....
著者 : 花果 唯
小説家になろう

奪われ聖女と呪われ騎士団の聖域引き篭もりスローライフ

私、天河小羽は聖国サリスウィードに聖女として召喚された。必死に使命をはたしてきたが、三年間の聖女としての功績と婚約者を、突如現れた後輩聖女のダイアナに嵌められ奪われてしまう。国はダイアナを聖女として担ぎ、私のことは飼い殺しにしようと目論んだようだけれど、これ以上利用されるなんてまっぴら!聖女のみ入る....
著者 : 花果 唯
小説家になろう

奪われ聖女と呪われ騎士団の聖域引き篭もりスローライフ

私、天河小羽は聖国サリスウィードに聖女として召喚された。必死に使命をはたしてきたが、三年間の聖女としての功績と婚約者を、突如現れた後輩聖女のダイアナに嵌められ奪われてしまう。国はダイアナを聖女として担ぎ、私のことは飼い殺しにしようと目論んだようだけれど、これ以上利用されるなんてまっぴら!聖女のみ入る....
著者 : 花果 唯
小説家になろう

奪われ聖女と呪われ騎士団の聖域引き篭もりスローライフ

私、天河小羽は聖国サリスウィードに聖女として召喚された。必死に使命をはたしてきたが、三年間の聖女としての功績と婚約者を、突如現れた後輩聖女のダイアナに嵌められ奪われてしまう。国はダイアナを聖女として担ぎ、私のことは飼い殺しにしようと目論んだようだけれど、これ以上利用されるなんてまっぴら!聖女のみ入る....
著者 : 花果 唯
小説家になろう

隠しクエストが見える戦斧使い〜休暇で訪れた都市の冒険者に生産職と馬鹿にされたが、俺王都直轄のS級冒険者なんだが…〜

王都のギルド本部直属の冒険者であるカイトは久々の休暇を利用して、旧知の居る城塞都市へと訪れていた。 しかし数年振りに訪れていた為、タイミングが悪くカイトを知る冒険者は皆、S級ダンジョンに大規模遠征中のようで不在だった。 いつもはカイトの旧知の冒険者達が抑止力となっていたが、彼らが遠征中なのを利用....
著者 : 十条カナデ
小説家になろう

奪われ聖女と呪われ騎士団の聖域引き篭もりスローライフ

私、天河小羽は聖国サリスウィードに聖女として召喚された。必死に使命をはたしてきたが、三年間の聖女としての功績と婚約者を、突如現れた後輩聖女のダイアナに嵌められ奪われてしまう。国はダイアナを聖女として担ぎ、私のことは飼い殺しにしようと目論んだようだけれど、これ以上利用されるなんてまっぴら!聖女のみ入る....
著者 : 花果 唯
タイトルとURLをコピーしました