スローライフの小説一覧

小説家になろう

魔物をペット化する能力が目覚めたので、騎士団でスローライフします

普通の疲れた会社員。異世界転移した先にいたのは、巨大なドラゴン。 そのドラゴンに手をかざしたら、デフォルメされたかわいい姿に変化し、なついてきて―― 「なるほど、わかった。私は魔物をペットにできる」 そのとき偶然助けた、騎士団長に拾われて、生きることに。 が、時を同じくして、もう一人少女が異世界転移....
著者 : しっぽタヌキ
小説家になろう

魔物をペット化する能力が目覚めたので、騎士団でスローライフします

普通の疲れた会社員。異世界転移した先にいたのは、巨大なドラゴン。 そのドラゴンに手をかざしたら、デフォルメされたかわいい姿に変化し、なついてきて―― 「なるほど、わかった。私は魔物をペットにできる」 そのとき偶然助けた、騎士団長に拾われて、生きることに。 が、時を同じくして、もう一人少女が異世界転移....
著者 : しっぽタヌキ
小説家になろう

魔物をペット化する能力が目覚めたので、騎士団でスローライフします

普通の疲れた会社員。異世界転移した先にいたのは、巨大なドラゴン。 そのドラゴンに手をかざしたら、デフォルメされたかわいい姿に変化し、なついてきて―― 「なるほど、わかった。私は魔物をペットにできる」 そのとき偶然助けた、騎士団長に拾われて、生きることに。 が、時を同じくして、もう一人少女が異世界転移....
著者 : しっぽタヌキ
小説家になろう

魔物をペット化する能力が目覚めたので、騎士団でスローライフします

普通の疲れた会社員。異世界転移した先にいたのは、巨大なドラゴン。 そのドラゴンに手をかざしたら、デフォルメされたかわいい姿に変化し、なついてきて―― 「なるほど、わかった。私は魔物をペットにできる」 そのとき偶然助けた、騎士団長に拾われて、生きることに。 が、時を同じくして、もう一人少女が異世界転移....
著者 : しっぽタヌキ
小説家になろう

魔物をペット化する能力が目覚めたので、騎士団でスローライフします

普通の疲れた会社員。異世界転移した先にいたのは、巨大なドラゴン。 そのドラゴンに手をかざしたら、デフォルメされたかわいい姿に変化し、なついてきて―― 「なるほど、わかった。私は魔物をペットにできる」 そのとき偶然助けた、騎士団長に拾われて、生きることに。 が、時を同じくして、もう一人少女が異世界転移....
著者 : しっぽタヌキ
小説家になろう

魔物をペット化する能力が目覚めたので、騎士団でスローライフします

普通の疲れた会社員。異世界転移した先にいたのは、巨大なドラゴン。 そのドラゴンに手をかざしたら、デフォルメされたかわいい姿に変化し、なついてきて―― 「なるほど、わかった。私は魔物をペットにできる」 そのとき偶然助けた、騎士団長に拾われて、生きることに。 が、時を同じくして、もう一人少女が異世界転移....
著者 : しっぽタヌキ
小説家になろう

最強のオレが親の七光りとバカにされ帝国騎士団を追放されたので、もふもふ狼(?)と冒険者ライフを満喫!戻ってきてくれと言われても遅いっ!~反逆の猟犬~

カノン=リシャールは帝国騎士として戦場で無双の活躍を見せていた。 停戦を迎えて帝都に帰る途中、『無能で協調性のない親の七光り』と侮蔑され、ついには騎士団長エドガーの一存で帝国騎士団をそしてパーティを追放(クビ)されてしまう。 仕方なく立ち寄った田舎でゆっくりと過ごそうとするカノンであったが、もふも....
著者 : 神谷みこと
小説家になろう

魔物をペット化する能力が目覚めたので、騎士団でスローライフします

普通の疲れた会社員。異世界転移した先にいたのは、巨大なドラゴン。 そのドラゴンに手をかざしたら、デフォルメされたかわいい姿に変化し、なついてきて―― 「なるほど、わかった。私は魔物をペットにできる」 そのとき偶然助けた、騎士団長に拾われて、生きることに。 が、時を同じくして、もう一人少女が異世界転移....
著者 : しっぽタヌキ
小説家になろう

魔物をペット化する能力が目覚めたので、騎士団でスローライフします

普通の疲れた会社員。異世界転移した先にいたのは、巨大なドラゴン。 そのドラゴンに手をかざしたら、デフォルメされたかわいい姿に変化し、なついてきて―― 「なるほど、わかった。私は魔物をペットにできる」 そのとき偶然助けた、騎士団長に拾われて、生きることに。 が、時を同じくして、もう一人少女が異世界転移....
著者 : しっぽタヌキ
小説家になろう

親の七光りとバカにされ帝国騎士団を追放されたので、もふもふ狼(?)と冒険者ライフを満喫!戻ってきてくれと言われても遅いっ!~反逆の猟犬~

カノン=リシャールは帝国騎士として戦場で無双の活躍を見せていた。 停戦を迎えて帝都に帰る途中、『無能で協調性のない親の七光り』と侮蔑され、ついには騎士団長エドガーの一存で帝国騎士団をそしてパーティを追放(クビ)されてしまう。 仕方なく立ち寄った田舎でゆっくりと過ごそうとするカノンであったが、もふも....
著者 : 神谷みこと
タイトルとURLをコピーしました