ダンジョンの小説一覧

小説家になろう

<セーブ&リセット>で、俺だけ何度でも繰り返せる~9999回死に戻りしたら、知らないうちに最強の冒険者になっていた~

「被告人キスカを殺害の容疑により、ダンジョン奥地に追放する」  そう裁判官が告げた。  キスカは冤罪により、転移陣でダンジョン奥地へと追放されることになった。  キスカは人間を裏切った一族と同じ髪の色をしているということで、村では迫害されていた。  果てには、村長の子供に好きな人を殺され、その罪を....
著者 : 北川ニキタ
小説家になろう

ギャルと潜るダンジョン ブラック企業に使い捨てにされ、鬱で働けなくなった俺 生活保護を申請しに行ったらダンジョンを紹介されたので潜ってみたら、宝箱からギャルを拾っちゃいました

「あ、もしかして照れてる? クロキさんって、ひょっとしてDT?」 ブラック企業に使い捨てにされ、うつ病で働けなくなった男、黒木真。 貯金も底をつき、生活保護の申請に行く。 しかし役所の窓口で、通常の生活保護の資格はないと言われ、かわりに『生活保護ダンジョン』を紹介される。 明日をもしれない身の....
著者 : 佐藤謙羊
小説家になろう

何度繰り返しても死ぬんですが~裸一貫でダンジョン奥地に追放された男の生存戦略~

「被告人キスカを殺害の容疑により、ダンジョン奥地に追放する」  そう裁判官が告げた。  キスカは冤罪により、転移陣でダンジョン奥地へと追放されることになった。  キスカは人間を裏切った一族と同じ髪の色をしているということで、村では迫害されていた。  果てには、村長の子供に好きな人を殺され、その罪を....
著者 : 北川ニキタ
小説家になろう

【短編版】<セーブ&リセット>で俺は何度でもやり直せる~冤罪でダンジョン奥地に追放された先に待っていたのは、【難易度ぶっ壊れの死にゲー】でした~

「被告人キスカを殺害の容疑により、ダンジョン奥地に追放する」  そう裁判官が告げた。  キスカは冤罪により、転移陣でダンジョン奥地へと追放されることになった。  キスカは人間を裏切った一族と同じ髪の色をしているということで、村では迫害されていた。  果てには、村長の子供に好きな人を殺され、その罪を....
著者 : 北川ニキタ
小説家になろう

Re:9999回死んだ俺は、気づいたら最強になっていた~冤罪でダンジョン奥地に追放された俺は、何度も繰り返して攻略を目指す~

「被告人キスカを殺害の容疑により、ダンジョン奥地に追放する」  そう裁判官が告げた。  キスカは冤罪により、転移陣でダンジョン奥地へと追放されることになった。  キスカは人間を裏切った一族と同じ髪の色をしているということで、村では迫害されていた。  果てには、村長の子供に好きな人を殺され、その罪を....
著者 : 北川ニキタ
小説家になろう

Re:9999回死んだ俺は、気づいたら最強になっていた

「被告人キスカを殺害の容疑により、ダンジョン奥地に追放する」  そう裁判官が告げた。  キスカは冤罪により、転移陣でダンジョン奥地へと追放されることになった。  キスカは人間を裏切った一族と同じ髪の色をしているということで、村では迫害されていた。  果てには、村長の子供に好きな人を殺され、その罪を....
著者 : 北川ニキタ
小説家になろう

蒼炎の魔術師〜冒険への飛翔〜

リンカイ王国のファイアール公爵の嫡男で生まれたアキ・ファイアール。 しかし産まれた瞬間から後継からは外され、いないものとして育てられた。 その理由はただ一つ。水色の髪色のせいだった。 魔力には色があり、ファイアールは火を司る家。火の適正があればあるほど髪の色は真っ赤になる。 12歳の誕生日に離れの裏....
著者 : 葉暮銀
小説家になろう

攻略!大ダンジョン時代─俺だけスキルがやたらポエミーなんだけど─

世界各地にやたらダンジョンがある現代。 中学を卒業して高校入学を控えていた山形公平はスキルに目覚め、ダンジョン探査者となった。 なぜかポエミーなスキル名《風さえ吹かない荒野を行くよ》を引っさげて、少年は大ダンジョン時代を行く! よそのサイトでも投稿してます....
著者 : てんたくろー
小説家になろう

【書籍化決定・コミカライズ決定】追放冒険者のやりなおし~ハーレムパーティーから追放され、故郷からも追放された男は、鍛えなおし自分の居場所を作る~

ツギクルブックス様より、2021/11/10にて第一巻発売予定。 双葉社様からコミカライズ決定。 マンガがうがう・がうがうモンスターにて掲載されます。 「グレン。君の評判の悪さはパーティーに取って、不利益だ。今日限りで出て行ってもらう」  幼馴染で結成した冒険者パーティー。昇格祝いを終えた翌日、....
著者 : 霜月 雹花
小説家になろう

現代的ファンタジーにおける(非)日常

ある日、急に人体が変化するという現象が起き、その結果、人の体はまるで空想の存在とされるエルフ、獣人といった見た目になってしまった。それに世界各地には謎の洞窟が出現する。これはそんな変化した世界を生きる1人の少年の(非)日常を描いた物語である。「先生、前の奴の羽が邪魔で黒板が見えません!」....
著者 : 名無し
タイトルとURLをコピーしました