ダンジョンの小説一覧

小説家になろう

裏庭の迷宮【チート能力「ステータスエディター」を得て、おっさんは亜神になり 、異世界に転移し女の子を拾い眷属にし、魔法を作り魔剣を造り、敵は皆殺し。そして、日本と異世界を行き来し、隣国に隕石を落とす】

40歳サラリーマン 裏庭に迷宮ができた。 好奇心から迷宮に入り魔物を討伐したら、どうやら世界で最初に魔物を討伐したらしい。 世界初討伐の特典として「ステータスエディター」というチート能力を付与された。 チート過ぎて、魔物は全て雑魚。 迷宮攻略は単純作業化。 そして、おっさんは亜神になる。 異世界に....
著者 : 才蔵
小説家になろう

最強剣聖の魔法修行 ~レベル99のステータスを保ったままレベル1からやり直す~

※書籍版2巻6/15発売 各階層の広さが大陸ほどもある不思議なダンジョン、天墜の塔。 天変地異で滅びかけていた人類は、天墜の塔にあるアイテムを使って何とか生き延びていた。 その塔で最強と呼ばれた剣聖がいた。 彼は前人未踏の七層に到達し――レベル99を迎えてしまう。 もうこれ以上、強くなれない。 ....
著者 : 年中麦茶太郎@ZZT231
小説家になろう

死に戻り魔術姫は勇者より先に魔王を倒します ~前世から引き継いだチート魔術で未来を変え、新しい恋に生きる~

恋人だったはずの勇者に利用され、ズタボロになって捨てられた魔術姫アナスタシアは、絶望に閉ざされ息絶えた。 ところが、気が付くと勇者と出会う前の魔術学院一年生に戻っていた。しかも、かつての呪いは消え去り、膨大な魔術の力だけが残ったままで。 もう二度と勇者とは会いたくない。前世から引き継いだチート魔術を....
著者 : 葵 すみれ
小説家になろう

追放されたからソロでダンジョンに潜ったら『ダンジョン所有権』を手に入れました ~ダンジョンにある全てを自分の物にできるようになった俺は無限の人材と道具を手に入れ最強になっていた~

リッジ=エクスペディオは冒険者パーティの一員としてダンジョンを攻略する日々を送っていたが、メンバーの紅一点である『剣姫』を巡る嫉妬から、高位魔法を習得できない最下級クラス『見習い魔道師』に生まれついたことを口実にパーティから追放されてしまう。 ソロとなったリッジは、難易度の低いダンジョンで自分を鍛え....
著者 : ひより日和
小説家になろう

新米錬金術師は辺境の村でスローライフを送りたい

ブランは厳しくも温かい師匠に育てられ平民ながら王立高等学院錬金科を主席で卒業した若く優秀な錬金術師。 そんなブランが選んだ卒業後の進路は王立研究院でも大手錬金工房でもない辺境の村だった。 「俺が行くのは『ユミル村』だ」 「だからどこだよそれ!」 3年間を学院でともに過ごした仲間たちがそう突っ込む中、....
著者 : 言納智大
小説家になろう

迷宮殺しの後日譚 ~正体を明かせぬままギルドを追放された最強の探索者、引退してダンジョン教習所の教官になったら、教え子たちに崇拝される~

「迷宮殺し。貴様が持つ探索者の資格を、剥奪する」 「……は?」  かつてダンジョンは、モンスターの巣として人々に恐れられていた。  しかし近年、そこに眠る資源が重視され、人々はダンジョンと共存共栄を図ることになる。  その結果、これまで無数のダンジョンを『完全攻略』によって破壊してきた探索者――....
著者 : サケ/坂石遊作
小説家になろう

俺にはこの暗がりが心地よかった

「私が選んだ1000人に異世界へ行ってもらう」 全世界のディスプレイに現れた神の言葉によりその騒乱は始まった。 幼馴染みが転移に選ばれてしまった黒瀬ヒカルは、彼女が転移する当日、彼女と共に殺害されてしまう。しかし、なぜかヒカルは死なず、権利がなかったはずの『行動のすべてを地球でライブ中継される異世界....
著者 : 星崎崑
カクヨム

六華の剣聖、ダンジョンを行く ~パーティを追放された冒険者、最強幼馴染と共にダンジョンを攻略して、成り上がる!~

「じゃあ、レイゼルはアタシが連れて行っても問題ないよね?」 ゴールド級への昇格を控えた冒険者パーティ、嵐の角笛。とある事情からそこに所属するレイゼルは、昇格を目前に追放されてしまう。 途方に暮れるレイゼルの前に現れたのは大陸に名を轟かせる流浪の冒険者、緋色の剣聖にして、二年前に道を違えたはずの幼馴染....
著者 : 夕影草 一葉
カクヨム

迷宮クソたわけ

奴隷狩りに捉えられた少年は商人に買われ、冒険者の道を強要される。 冒険者適性が壊滅的になかった少年は仕方なく、誰でもなれる(そして一番死にやすい)魔法使いとして迷宮に挑むのだ。 【1月31日 KADOKAWAから書籍が発売されまました】....
著者 : イワトオ
小説家になろう

【書籍化予定】ハズレ属性土魔法のギフトを貰ったことで、周囲から蔑まれ、辺境の僻地へ追放された俺だけど、僻地の村でガンガン領地開拓!王陛下より男爵位を賜ったので、今更戻れと言われてももう遅い。

15歳の託宣の儀でハズレ属性魔法の土魔法のスキルをもらった(俺)エクトは、父である辺境伯や兄弟達から蔑まされ、周囲からも白い目で見られる。そして父親である辺境伯の命令で、辺境の僻地の村ボーダの領主になる。Bランク女性冒険者パーティ『進撃の翼』の五人を護衛につけ、ボーダの村に向かった。俺は、村に着く途....
著者 : 潮ノ 海月
タイトルとURLをコピーしました