ハーレム要素ありの小説一覧

小説家になろう

許嫁が俺のことを召使い扱いしてくるので、幼馴染に乗り換えた結果

短編です。一万字くらいで終わります。 ※カクヨムにも投稿....
著者 : ヨルノソラ
小説家になろう

最強のオレが親の七光りとバカにされ帝国騎士団を追放されたので、もふもふ狼(?)と冒険者ライフを満喫!戻ってきてくれと言われても遅いっ!~反逆の猟犬~

カノン=リシャールは帝国騎士として戦場で無双の活躍を見せていた。 停戦を迎えて帝都に帰る途中、『無能で協調性のない親の七光り』と侮蔑され、ついには騎士団長エドガーの一存で帝国騎士団をそしてパーティを追放(クビ)されてしまう。 仕方なく立ち寄った田舎でゆっくりと過ごそうとするカノンであったが、もふも....
著者 : 神谷みこと
小説家になろう

親の七光りとバカにされ帝国騎士団を追放されたので、もふもふ狼(?)と冒険者ライフを満喫!戻ってきてくれと言われても遅いっ!~反逆の猟犬~

カノン=リシャールは帝国騎士として戦場で無双の活躍を見せていた。 停戦を迎えて帝都に帰る途中、『無能で協調性のない親の七光り』と侮蔑され、ついには騎士団長エドガーの一存で帝国騎士団をそしてパーティを追放(クビ)されてしまう。 仕方なく立ち寄った田舎でゆっくりと過ごそうとするカノンであったが、もふも....
著者 : 神谷みこと
小説家になろう

親の七光りとバカにされ帝国騎士団を追放されたので、もふもふ狼(?)と冒険者ライフを満喫!戻ってきてくれと言われてももう遅いっ!~反逆の猟犬~

カノン=リシャールは帝国騎士として戦場で無双の活躍を見せていた。 停戦を迎えて帝都に帰る途中、『無能で協調性のない親の七光り』と侮蔑され、ついには騎士団長エドガーの一存で帝国騎士団をそしてパーティを追放(クビ)されてしまう。 仕方なく立ち寄った田舎でゆっくりと過ごそうとするカノンであったが、もふも....
著者 : 神谷みこと
小説家になろう

親の七光りとバカにされ帝国騎士団を追放されたので、もふもふ狼(?)と冒険をしながらスローライフを満喫!戻ってきてくれと言われてももう遅いっ!~反逆の猟犬~

カノン=リシャールは帝国騎士として戦場で無双の活躍していた。 停戦を迎えて、『無能で協調性のない親の七光り』と侮蔑され、ついには騎士団長エドガーの一存で帝国騎士団をそしてパーティを追放(クビ)されてしまう。 仕方なく立ち寄った田舎でゆっくりと過ごそうとするカノンであったが、もふもふのフェンリル(美....
著者 : 神谷みこと
小説家になろう

親の七光りだとバカにされ帝国騎士団を追放されたので、もふもふ犬と冒険者をしながらスローライフを満喫する。戻ってきてくれと懇願されてももう遅いっ!~反逆の猟犬~

カノン=リシャールは帝国騎士として戦場で無双の活躍していた。 停戦を迎えて、『無能で協調性のない親の七光り』と侮蔑され、ついには騎士団長の一存で帝国騎士団をそしてパーティを追放(クビ)にされてしまう。 仕方なく立ち寄った田舎でゆっくりと過ごそうとするカノンであったが、隠れたユニークスキル<猟犬>が....
著者 : 神谷みこと
小説家になろう

友人が「しばらく泊めてほしい」とお願いしてきたから仕方なく許可した結果、友人の双子の妹がウチに住み着いた件について~なんでお前じゃなくて、双子の妹が泊まりにくるんだよ!~

ある日、藤堂陸人(とうどう・りくと)は友人から電話で「しばらく泊めてほしい」とお願いされる。 話を聞くに、どうにも事情があるらしかった。 飯から家事全般をやること。家の中では絶対的な上下関係を確立させること。 要は奴隷になる事を条件に、泊めることを了承する。 しかし、実際に陸人の家に泊まりに来た....
著者 : ヨルノソラ
小説家になろう

学園のマドンナに告白された途端、義妹の様子が明らかにおかしい件について~「兄さんに恋人なんて、絶対に認めません」~

綾辻宗介(あやつじ・そうすけ)は、学園のマドンナから告白された。 恋人のいない男子高校生であれば、二つ返事で告白を了承する場面。しかし、宗介は告白の返事を保留にしてもらった。 誰かと恋人になる。その決断を、その場の勢いや感情だけで決めるのは早計だと思ったからだ。 だが、腹の内は実際決まっていた。告....
著者 : ヨルノソラ
カクヨム

このステータスプレート壊れてないですか?~壊れ数値の万能スキルで自由気ままな異世界生活~

 典型的な社畜・ブラックバイトに翻弄される人生を送っていたラノベ好きの男が銀行強盗から女性行員を庇って撃たれた。  男は夢にまで見た異世界転生を果たしたが、ラノベのテンプレである神様からのお告げも貰えない状態に戸惑う。  それでも気を取り直して強く生きようと決めた矢先の事、国の方針により『ステータス....
著者 : 夢幻の翼
ノベルアップ

そして、いつか、余白な世界へ

ある『出来事』から日常は一変する。 その出来事の後、 各地に現れた魔法を使える者たち。 それぞれの『属性』に応じて魔法を『呼ぶ』。 国は彼らに「魔法士」の資格を与え士業に列し、その管理下に置いた。 混乱した社会。治安の悪化。 各地の人々はそれぞれの地域の都市圏ーエリアーに強制....
タイトルとURLをコピーしました