ハーレムの小説一覧

小説家になろう

追放の賢者、世界を知る ~幼馴染勇者の圧力から逃げて自由になった俺~

 魔法使いのハルは、幼馴染で勇者のレティシアのパーティーに在籍していた。しかし、彼女は絶望的に性格が悪く、息を吸うように罵声を吐き、パワハラを繰り返す。精神的に追いつめられていく。身も心もボロボロになったハルは、レティシアと別れることを決意した。あえてミスをして暴言を誘い、 「あんなミスするなんて....
著者 : 深山鈴
小説家になろう

【書籍化作品】「ククク……。奴は四天王の中でも最弱」と解雇された俺、なぜか勇者と聖女の師匠になる

【コミカライズが2月25日、水曜日のシリウス内で連載決定!!】 【書籍版がカドカワBOOKS様から好評発売中です!】 【イラストは大ヒット作品『陰の実力者になりたくて』のコミカライズを担当されている坂野杏梨先生に担当いただきました! すでに口絵も公開されていますよ!】 【第三部 はじまりました!】 ....
著者 : 延野正行
カクヨム

クラス転移にあいましたが、一緒に行動したら絶対追放されるので僕は勝手に生き抜きます!

両親は死に、親族から煙たがられ、学校では虐められていた不憫な高校生、芯望 唯一 彼はある日クラス転移にあう。 目が覚めるとそこは予想通りと言うか、森の中だった。 近くに召喚者らしき人はいないし、クラスメイト達もまだ起きていない。 そこで彼は思い出す。前世で読んだ追放クラス転移物の小説を… 「このまま....
著者 : @Ch-n
カクヨム

鬼人転生~酒呑童子の孫に生まれた俺は最強を目指す~

ある日突然、一人の青年が赤子へと転生してしまった。 そして気が付いてしまった、自分はラノベの世界に転生したのだと。 原作通りの未来になれば主人公によってぶっ飛ばされてしまう。 そこで彼は真っ当に生きることで破滅フラグを回避しようとする。 しかし、彼はただ真っ当に生きるだけでは満足できなかった。....
著者 : @banana333
カクヨム

「君、勇者じゃなくて村人だよ」職業貸与者《ジョブ・レンダー》~パワハラ勇者達に追放されたので、貸してたジョブはすべて返してもらいます。本当は外れ職業と気づいて貸してくださいと泣きつかれても、もう遅い!

「トール。お前気づいてるだろ? 俺達、最強の勇者パーティーにただの『村人』なんて必要ないんだよ」 15歳の時に天職を与えられる世界。幼馴染の俺達五人は勇者パーティーとして旅立つ事になった。しかし、勇者として集められた四人に与えられた天職は実は外れ職業ばかり。 『ジョブ・レンダー』という職業を貸与でき....
著者 : つくも
カクヨム

ガチャシステムが導入された世界で俺だけ事前登録してたので様々な特典でこの世界を生きる

〈世界のルールが二日後に更新されます〉 〈更新に伴いガチャシステムを導入しました!〉 〈事前登録をしてくれた方には以下の特典が送られます!〉 ・召晶石百個プレゼント ・銀色以上確定十連ガチャチケット一枚 ・虹色確定ガチャチケット三枚 ・高位職業確定ガチャチケット一枚 ・虹色召喚獣確定ガチャチケット一....
著者 : 三流木青二斎
カクヨム

地味偽装する俺だけど、思ってたのと違う。彼女たちは意外と勘がいい。

父に似て、超イケメンハイスペックの主人公ヤマトに友人はいなかった。近寄ってくる女子たちの行動にはうんざり。 そんなヤマトはある日を境に、母たちの提案を受け入れ地味偽装する。 ちょっとメガネとってくれ? 勘? いやいや、それ聞いていたのと違う。 ヤマトに上辺じゃなく中身で好きになってくれる彼女や友人が....
著者 : ぐっちょん
小説家になろう

勇者パーティを追放された何でも屋の俺は、唯一にして最強のスキル「全肯定」で全てを手に入れる事にしました~やっぱりお前が必要だから国に居てくれって言われたけど、敬語もつけずに何言ってんの?~

 生まれた時に与えられる、スキルという名の才能。  それを一つも持たず、けれど剣も魔法もそれなりに使える何でも屋のゲインは、ある日勇者パーティから追放されてしまう。  理由を聞くと、「お前のようなスキルもない奴は、これからの戦いでは役立たずだから」と、幼馴染の女勇者に言われてしまった。  だが別れ....
著者 : 赤沙汰奈
小説家になろう

国を支えていた麒麟児は追放されて野生児になる  ~俺がいなくなって国が落ちぶれたと言われても困ります。だって王宮の空気悪いですし。俺に頼らずに頑張ってください。旅のついでに世界を救わないといけないし~

 あまり笑わないという理由で忌み子扱いされ、常軌を逸した教育を受けていた公爵家長男クウガ・グロタニカは、その圧倒的な神の如き才能で成長し、魔術師としてもテイマーとしても薬師としても発明家としても騎士としても武器職人としても外交官としても内政においても国にいなければならない存在になっていた。しかし、そ....
著者 : 有岡白鷺
小説家になろう

クラスの女子に彼氏ができたら、なぜかみんなが俺に同情してきました…。〜だけど、ち、違う! べ、別に落ち込んでないし、そんなに気を使わなくてもいいから!〜

その日、俺は気まずい気持ちになっていた……。 どうやら、うちのクラスの女子が、別のクラスの男子と付き合い始めたとのことだった。 だけど、それは俺にはどうこう言えないことだ。 俺と彼女は、ただのクラスメイトの関係で、 彼女は最近よく俺に喋りかけてくれていたけど……ただそれだけだ。 俺の話を聞いて、....
著者 : まめちがい
タイトルとURLをコピーしました