ヒストリカルの小説一覧

小説家になろう

【コミカライズ】剣に願いを、掌に口づけを―最高位の上官による揺るぎない恋着―

Berry's Fantasyで直江亜季子先生によるコミカライズ連載中です! アルント王国の誇る最強の騎士団『アルノー夜警団』 セシリアはトップに君臨する双璧元帥のひとり、ルディガーの副官を務めて早六年。過保護で冗談交じりに甘く翻弄してくる上官に頭を悩ませながらも微妙な距離感を保っていた。 『ア....
著者 : 黒乃梓
小説家になろう

【コミカライズ&書籍化(3巻2月発売)】【WEB版】婚約破棄され家を追われた少女の手を取り、天才魔術師は優雅に跪く(コミカライズ版:義妹に婚約者を奪われた落ちこぼれ令嬢は、天才魔術師に溺愛される)

***マンガがうがうコミカライズ原作大賞で銀賞&特別賞を受賞し、コミカライズと書籍化が決定しました! オザイ先生によるコミック第1巻&第2巻が発売中(第3巻は2023年夏頃発売予定)、マンガがうがうアプリでも配信中です。また、双葉社Mノベルスf様から1巻目&2巻目書籍が発売中、3巻目電子書籍が202....
著者 : 瑪々子
小説家になろう

【書籍化】私をそんな二つ名で呼ばないで下さい!

【書籍版が二月七日にSQEXノベル様から発売されます!】 弱小国の姫であるイリューテシアは、隣国から婿を迎える事になった。見合いのため訪れた隣国で彼女は運命の出会いを果たす。その出会いは彼女を歴史の表舞台に押し上げ、やがて彼女は世界から『恐怖』という二つ名で呼ばれる事になる。 なんとスクエニノベル....
著者 : 宮前葵
小説家になろう

前世の知識は預言なの? 中世イタリアに転生 あなたなら何を目標にどう生きますか? 【累計『120万PV』突破!!】【歴史日間週間1位達成】

【九九の表は知識チート】  123のアラビア数字が伝わっていない中世ヨーロッパ。 計算できることがお家芸。九九の表を覚えていれば計算能力で無双できます。現在、主人公の意図しない経済戦争勃発中。 【あらすじ】  じゃがマヨコーンピザ食べたい! なのに、じゃがいもない。トマトもない。とうもろこしも当然....
著者 : 宇佐美ナナ
小説家になろう

転生喪女の異世界暮らし~魔法と商売、一番最後に恋愛を~

(毎日更新挑戦中) 田舎貴族の娘、ゼニスは転生者。元は32歳の社畜喪女だった。 赤ん坊の頭に無理やり前世の記憶が詰め込まれたため、脳みそがバグってイカレポンチ幼女になっていたが、7歳の時に転生を自覚して落ち着いた。といっても、おバカな本質はあまり変わらない。 せっかく異世界転生したんだもの、魔法使い....
著者 : 灰猫
小説家になろう

ナタリア様はマゾですのね

とある夜会にてマグダレナは子爵令嬢ナタリアのある一言で静かにキレた。現実にも似たような方がいらっしゃいますね。....
著者 : 桃地優歌
小説家になろう

聖獣は"獣"なのです

婚約者であるルードヴィヒ王太子により冤罪を被せられ国外追放された"聖獣の愛し子"ゾフィ、国境で保護され王城に戻った時には取り返しのつかない事になっていた。 ....
著者 : 桃地優歌
小説家になろう

婚約破棄され命を落としました。未練を残して死ぬと魔王が生まれると言われてやり直していますが、私の心残りは叶わぬ恋の相手であるあなたです。

長年の婚約者である第二王子から婚約破棄を言い渡された侯爵令嬢ローラ。彼女は承諾し、婚約者と浮気相手である親友の結婚を祝う。 ところが婚約者と親友は恨み言を言わない彼女を逆に責めたてる。仕方なく彼女は茶番を終わらせるべく、バルコニーから飛び降りた。 実はローラは、魔王を生み出さないために何度も婚約....
著者 : 石河 翠
小説家になろう

至らぬ妻なので国へ帰らせて頂きますと、辺境伯夫人は突然ドレスの裾を翻し、客人達の前から消え去った。残された者達の終幕は……

 二年に及ぶ世界大戦がようやく終了した。  そして久し振りに開かれた辺境伯のパーティーの中盤で、主催者の妻が、夫と招待客達に向かってこう言った。   「皆様にはこれまで色々とご迷惑をおかけしましたことを、心からお詫び申し上げます。  至らぬ妻で誠に申し訳ありませんでした。今日この時をもって私は身を引....
著者 : 悠木 源基
小説家になろう

傲慢すぎたのが理由で王太子に婚約破棄されて断罪され、50以上も年上のごうつく爺の辺境領主に罰として嫁がされたという元悪役令嬢の昔語り

昔、傲慢で贅沢三昧の暮らしをしていた悪役令嬢がいました。その傲慢ぶりのせいで婚約者の王太子に婚約破棄され、悪逆非道という50才も年上の辺境伯に無理やり嫁がせられました。しかし、贅沢三昧の暮らしをしていたのは王太子もでした。彼は他の女を愛し、悪役令嬢が邪魔になり無理やり理由をつけて婚約を破棄したのです....
著者 : 真昼
タイトルとURLをコピーしました