ヒストリカルの小説一覧

小説家になろう

貴女が抱く感情と同じモノをこの胸に

三度の飯より姉が好きなイカれシスコン女が、三度の飯より自分を好きなイカれ男とお金を目的に婚約する話。 (妹→姉の描写があります) ....
著者 : 柏いち
小説家になろう

貧乏貴族の三男坊は王子から逃げたい

俺は貧乏貴族の三男坊。王子の取り巻きになれて「これで将来も安心だね♪」と思っていたら、バカ王子が婚約破棄したいとか言い出しましたよ。やめてくれ! 婚約破棄なんかしたら、オートで不幸へ一直線。本人だけならいいけれど、取り巻きの俺ももれなく不幸になること確定。未来のためにも即刻王子から逃げなければ! ....
著者 : マンムート
小説家になろう

【書籍発売中】【完結】生贄第二皇女の困惑〜敵国に人質として嫁いだら不思議と大歓迎されています〜

【書籍版】2巻11月16日発売中! 7月15日アース・スターノベル様より発売中! ※WEB版と書籍版では内容に相違があります(加筆修正しております)。大筋は同じですので、WEB版と書籍版のどちらも楽しんでいただけると幸いです。 クレア・フェイトナム第二皇女は、愛想が無く、知恵者ではあるが要領の悪....
著者 : 真波潜
小説家になろう

砂漠姫 ルカイヤ=ネフェルティティの婿選び

とある砂漠の国に、16歳の姫がいた。 次期女王として、夫となる王配を選ぶ儀式を行うのが伝統である。 候補者として現れた、男らしい戦士、穏やかな賢者、色気のある音楽家 スナネズミがごときぼんやり顔と卑しい赤色の髪を、 化粧と衣装の力でごまかした姫は、誰を夫に選ぶのか、あるいは選ばないのか。 砂....
著者 : 紺染 幸
小説家になろう

ドラコ物語~悪女は極悪令息を救う~

 大栗山伯爵家の一人娘である龍子は父の死後、当主となった叔父によって帝都から離れた田舎の別荘に追いやられる。ある日、うっすらと前世を思い出すが、特に変わらず日々を過ごしていた。  しかし、そんな日々も叔父が破産したことから、一変する。  伯爵令嬢ではなくなった龍子は、朱鳥公爵家に引き取られ、公爵家の....
著者 : ベキオ
小説家になろう

掟破りの婚約破棄〜浮気相手は選んで下さいとお願いしていましたのに〜

 学園の卒業パーティーで王太子がピンク色の髪の少女を側に置き、壇上から婚約者に向かって婚約解消を告げた。  みんなの注目を浴びた侯爵令嬢はまるでビア樽のように太っていた。こんな自分ではいつ婚約を解消されてもおかしくないとずっと覚悟はしていていたが、それにしても何故王太子殿下は彼女を選んだのだろうと令....
著者 : 悠木 源基
小説家になろう

寂しかった少女は温もりを見つけました。幸せになっても良いですか?

婚約者から婚約破棄され、その上殺害未遂の容疑をかけられ、牢獄で尋問されたディアナ。 キャロルの陰謀で娼館に連れて行かれた……。....
著者 : 浅村鈴
小説家になろう

続・王太子とゆかいな影たち

穏やかな王宮の一室。 王太子セドリックとその婚約者サンドラのお茶会は、いつもとどこか違っている。 (ガタッ『…!』ピッ) いつもと違う気配に、ホイッスルが響く室内。 確かにそこにいる『何か』の正体とは? ∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴ 『王太子とゆかいな影たち』の続編です。 前作と同....
著者 : 睦月あやめ
小説家になろう

婚約破棄は法廷で~口は禍の元って、知ってます?

キャンデロン公爵家のデルフィーヌは、この国の王太子であるアドルフ殿下の婚約者だが、七歳年上の殿下との関係は義務以外は存在せず、殿下は学生時代から懇意にしていた子爵未亡人を寵愛されていると、もっぱらの噂だ。そして、婚姻まで半年、学園の卒業まであと二ヶ月となったとき、問題が起きた。「デルフィーヌ様、ひど....
著者 : 千椛
小説家になろう

【書籍化・コミカライズ】無自覚な天才少女は気付かない~あらゆる分野で努力しても家族が全く褒めてくれないので、家出して冒険者になりました~

 各分野のエキスパートである両親と兄姉5人を持つリリアーヌ・アジェットは幼いころから家族から最高水準の教育を受け続け、15歳になった今ではあらゆる分野で天才と呼ばれている。  しかし家族が全員「この子はこんなに可愛い上に素晴らしい才能もあるのだから、自分くらいは心を鬼にして厳しいことを言わないとわが....
著者 : まきぶろ
タイトルとURLをコピーしました