ファンタジーの小説一覧

エブリスタ

銀の旅路──白銀の鳳蝶II

  2015/01/13 完結しました。続刊 [link:novel_view?w=23485683] もよろしくお願い致します。 2014/12/15 ガイドラインに基づき、この小説は***規制をかけさせていただきました。全年齢対象版は [link:novel_view?w=2294194....
著者 : 祐多
エブリスタ

孤独の天使

※続編はこの作品のリメイクのため非公開にしました ────── 天界の中で神をも越えた力を持つ一人の天使がいた。 余りにも強力すぎるため他の天使達はその天使を監禁した。 時が流れ天使はまだ外に出られない。 いや、『出られない』のではなく『出たくない』。 表紙をLUK....
著者 : 創破の覇者
小説家になろう

悪役令嬢ルルティア・クレイマンの日常 〜ぼやきという名の正論パンチ、破滅フラグを叩き折る〜

「あのダメ親父、二度と帰ってこなければいいのに……」 「お嬢様、また本音が漏れてますよ」 十五歳のルルティア・クレイマン伯爵令嬢は今日もぼやきながら、腹心の従者と内政にいそしんでいた。 父親であるクレイマン伯爵は仕事もせずに朝から晩まで飲んだくれ、女主人であるはずの母親は数年前に蒸発。 無辜の領民....
著者 : 遠野
小説家になろう

【短編】「双子の兄が『ここは乙女ゲームの世界で自分は卒業パーティで断罪される悪役令息だ』と騒ぐので、妹の私が男装して学園に入学しました」

王子「アルビー・レーヴィット! 貴様を断罪する! レーヴィット公爵家を取り潰し、貴様を国外追放する!」私「理由は?」王子「貴様がクロリス・ザイドル男爵令嬢を襲ったからだ! ザイドル嬢は貴様の子を宿している!」私「証拠は?」王子「クロリスが貴様がやったと証言している!」私「いや、被害者の証言だけで断罪....
著者 : まほろん
カクヨム

悪役令嬢として婚約破棄された私は、大貴族で幼馴染の先輩に助けられて辺境で溺愛される

卒業パーティーの晴れ舞台。 私は、皇太子から直接、婚約破棄を言い渡される。 あやうく国外追放にされそうになった瞬間…… 私は運命と出会った。 たまたま、パーティーに来ていた幼馴染で王族に次ぐ権威を誇る大貴族の先輩が助け船を出してくれた! 私は彼の保護を受けることに。 そして、私は彼の領地で、第二の人....
著者 : D
カクヨム

気づいたら転生していた俺は、公爵令嬢である騎士を助けたら仲間になってとつきまとわれた

Tueee7:成長?3って感じの転生ものガチファンタジー。 通常の転生モノと流れは異なります。 一章黒と白銀の運命、二章運命の躍動、三章運命の真実、の三章立ての物語。 ルイは8歳の誕生日で前世の記憶を思い出す。 だがなぜ記憶が戻ったのか、ルイはわからずに生きることになる。 魔法聖騎士学院へ入学したル....
著者 : 粋(スイ)
小説家になろう

悪役令嬢の愚痴はとどまるところを知らない

「神様、私はタヌキの理解力の低さに絶望してしまいました。あなたは何故私をタヌキ語が喋れない身体に生まれさせましたか……」 『令嬢の湯』――それは東方の辺境の街に存在する人気スポットである。 そこの湯守の令嬢ダニエラは、昔は王都の有力貴族の令嬢。だが婚約者である王子に一方的に婚約を破棄された挙げ....
著者 : 佐々木鏡石
小説家になろう

悪徳令嬢に転生したのに、まさかの求婚!?~手のひら返しの求婚はお断りします!~

気がついたら、前世で好きだった小説の中の悪徳令嬢に転生していた! それに気がついたアリシアは、ひたすらフラグを回避すべく頑張った。けれど、気がつけばなにもしていないのに悪徳令嬢と呼ばれ、そして、処刑の時が迫る。疲れきっていたアリシアは、騎士団長と二人、処刑場所となる岬に向かう。岬に立つ十字架を見つめ....
著者 : 狭山ひびき
小説家になろう

悪役令嬢は病弱設定

悪役令嬢に転生していた私は、物語の舞台に上がらないことを選んだ。病弱設定を付けて家でニート……じゃない、家で大人しくしていたところ、気が付けば物語は始まりヒロインが好き勝手しているらしい。勿論それはどうでもいいけれど、私の侍女に害が及ぶなら話は別ですよ?――久しぶりに外に出た、病弱設定悪役令嬢(ニー....
著者 : 椋星そら
小説家になろう

今日もお茶会を

どうやら自分は竜人の番らしい。相手がそう言うのだからたぶんそうなのだろう。心底嫌そうだけど。ただし、婚儀をしに神殿へ向かう途中で死ぬまでの話だったが。――気付けば百年。不機嫌だった彼は元気にしているだろうか。....
著者 : 泉
タイトルとURLをコピーしました