ファンタジーの小説一覧

小説家になろう

悪役令嬢は婚約破棄を狙っている

リネーアは、婚約者である第三王子が好きになれない。いつも不機嫌で、態度が悪いからだ。 ある日リネーアは、第三王子が男爵家の令嬢と仲良く過ごしているのを目撃する。 自分には見せたことのない明るい顔で楽しそうに過ごす第三王子を見て、ついにリネーアは見切りをつけた。 この婚約が破棄になるのなら、「悪役令嬢....
著者 : なかしまえり
小説家になろう

愛が重すぎる完璧公爵は、誰にも愛されず声を失った誇り高き令嬢を、ただひたすらに愛したい。

 幼い頃の継母からの虐待が原因で、声を失った伯爵令嬢、レイリア。孤独と絶望の中でも、強く、美しく、誇り高く生きようとしていた彼女が、偶然出会い惹かれあったのは、次期公爵であるアイルだった。  騒ぐ継母を跳ね除けて、屋敷に保護され、恋人になり、甘やかされ、溺愛されて愛を知ったレイリア。だが同時に、声....
著者 : 細波
小説家になろう

私のせいで婚約破棄されたそうでお城を解雇されました。【続編あります】

ロスケラー男爵令嬢オーレリア・プレヴォールアーは貧乏男爵家のために頑張っていました。オーレリアの得意とする光魔法は毎晩広い王城中の明かりを灯すために必要とされていたから、お給料もたんともらっていました。 しかしある日、オーレリアは仕事中、うっかりユーグ王子とアフリア侯爵令嬢ソランジュの密会に遭遇して....
著者 : ルーシャオ
小説家になろう

【コミカライズ】魔法騎士は花を愛でたい

 花屋になることが夢だった高校生の恵は交通事故で命を落とす。気付けば異世界の女神様が目の前にいて、異世界の少女「スーリア」として下界を浄化して来て欲しいという。浄化って言われてもよくわからないし、スーリアは二度目の人生を謳歌すべく今日ものんびりと花を育てて過ごすのです。 ❀作中の花言葉は諸説ある中の....
著者 : 三沢ケイ
小説家になろう

悪の帝国が侵略の手始めにある村を焼き払おうとしてきたけど村人達が強すぎる

フロン王国の片隅にあるポッカ村では、今日も少年カイルが友達と一緒に仲良く遊んでいた。 そんな平和な村に強大な軍事国家パルトギア帝国の軍勢が押し寄せる。 「フロン王国は草木も残らぬよう滅ぼす。手始めにこの村を焼き払う」 残酷に告げる帝国の将軍。 しかし、帝国は知らなかった。ポッカ村住民の異常なまで....
著者 : エタメタノール
小説家になろう

終活令嬢 ~人生を諦めて死ぬ気満々な私と溺愛したい神官の攻防~

婚約者の王子に浮気されては殺される人生を何度も繰り返し、エレノア・ヘイズ公爵令嬢がたどり着いた答えは――何をしても、しなくても殺される。 どうせ無駄なら抵抗しない。 もう愛されたいと願わない。 ――さあ、終活の始まりだ。 「今度の死は明るいですよ!」 悔いなく最期を迎えるため、終活を始めて元気....
著者 : 西根羽南
小説家になろう

ハッピーエンド以外は認めないっ!! ~死に戻り姫と最強王子は極甘溺愛ルートをご所望です~

婚約者の王子とお茶をしていた時、突然未来の記憶が流れ込んできたフローライト フローライトは内気で引き籠もりがちな王女。そんな彼女は未来で自身が持つ特殊かつ強力な魔力に目を付けた魔王に誘拐されてしまう。 それを助けてくれるのが心根の優しい、今目の前にいる婚約者の隣国の第二王子、カーネリアン。 剣を取....
著者 : 月神サキ
小説家になろう

王子に婚約破棄された伯爵令嬢が若き総督と新たな国を作るまでのお話~悪いですが、この戦争、あなたの側の「謀反」ですよ~

王国北部の伯爵令嬢クラウディアは、王位継承権第一位の王子から、ほかに好きな女ができたことを理由に一方的に婚約を破棄される。 父である伯爵から、王国第二の都市である副都に気晴らしでもしてこいと言われたクラウディアは日程も決めない、気ままな傷心旅行に出かける。 その旅行先で悪漢に襲われかけるが、それ....
著者 : 森田季節
小説家になろう

【短編】婚約破棄されたので、月花の君に求婚すると言われても、今更遅い。

月花の君に求婚するため突きつけられた婚約破棄。 野暮ったいから無理と言われても、野暮ったい格好をしろと言ったのは他でもない貴方です。 しかも、月花の君って多分私です。 今更、破断は無かったことにと言われても、もう遅い。....
著者 : あずあず
小説家になろう

《勘違い》で婚約破棄された令嬢は失意のうちに自殺しました。

前後編の2部構成でお送りします。 ※あまりにも背景が足りなさすぎるとの指摘を受けまして、番外編の連載を開始することにしました。 ※もう少しおつきあいくださいますと幸いです。 勘違い。 そんな婚約を破棄された令嬢は、失意のうちに自死を選ぶ。 絶景と評判の観光地でありながら、自殺の名所としても知られる....
著者 : 友坂 悠
タイトルとURLをコピーしました