ファンタジーの小説一覧

小説家になろう

奥様はエリート文官

王太子の筆頭補佐官を務めていたアニエスは、待望の第一子を妊娠中の王太子妃の不安解消のために退官させられ、辺境伯との婚姻の王命を受ける。 辺境伯領では自由に領地経営ができるのではと考えたアニエスは、辺境伯に嫁ぐことにした。 初対面で迎えた結婚式、そして初夜。先に寝ている辺境伯フィリップを見て、アニエス....
著者 : 神田柊子
小説家になろう

【完結】ゴミ屋敷令嬢ですが、追放された王子様(子供に姿を変えられた超有能な魔法使い)を拾ったら溺愛されました!

「第四王子ルシファー! 軟弱なうえに問題行動ばかり起こしよって! ごく潰しは出ていけ!」強い魔法の力を持ちながらも、肉体の屈強さこそ正義とされるグラディウス王国においてルシファーは見下されていた。努力が認められず問題行動を起こすようになったルシファーは、少年の姿に変えられたあげく父王直々に追放され、....
著者 : 優月アカネ@重版御礼
小説家になろう

【6/10書籍発売】役立たずスキル【ログインボーナス】で捨てられた令嬢が、本当の幸せをつかむまで

6/10(月)にMノベルスf様から書籍が発売となります。(コミカライズも進行中) ※書籍化に伴い、改題しております。 ===== 翌月に結婚式を控えていたタイミングで、婚約を解消されてしまったジョアンナ。 傷ついた彼女の元に、新しい婚約話が舞い込む。 相手はリネハン辺境伯家のヴィンセント。 実は....
著者 : 碧井ウタ
小説家になろう

素直になれない元王女様は、夫との関係改善を試みます

王国の元第二王女で、現在は侯爵夫人であるルヴェリアは、夫であるレオンとはうまくいっておらず、結婚式当日の夜でさえ一緒に過ごしていない。 レオンには大切な従妹であるリュネットがいて、自分は「お飾りの妻」にすぎないと、ルヴェリアは思っているためだ。 だが、侍女のリリアンが連れてきた未来視のできる術師から....
著者 : なかしまえり
小説家になろう

魔術漁りは選び取る

傭兵団の下っ端……のさらに下、戦場漁りのカナタは子供ながら生きるために戦場で金目のものを漁り続ける生活を送っていた。 そんなカナタの唯一の楽しみはたまに落ちている魔術の残りかす……魔術滓と呼ばれる小石を拾う事。魔力の塊ではあるが残りかすなため何にも使えず、時間が経てば消えてしまう何の意味もないそれを....
著者 : らむなべ
小説家になろう

【コミカライズ】「きみを愛することはできない」と言った旦那さまは、前世で愛を告白してきた教え子でした

【comicスピラ様よりコミカライズ】 2024/6/11よりピッコマ様にて先行配信開始 (コミカライズ版タイトル:『魔力なし令嬢と冷酷な英雄の白い結婚~旦那様は前世で告白してきた教え子でした~』) 「きみを愛することはできない」と初夜に夫から言われ、放置された花嫁コーデリア。 家族からも虐げられ....
著者 : 葵 すみれ
小説家になろう

すべてを奪われた少女は隣国にて返り咲く

サーラには秘密がある。 絶対に口にはできない秘密と、過去が。 ある日、サーラの住む町でちょっとした事件が起こる。 両親が営むパン屋の看板娘として店に立っていたサーラの元にやってきた男、ウォレスはその事件について調べているようだった。 事件を通して知り合いになったウォレスは、その後も頻繁にパン屋を訪....
著者 : 狭山ひびき
小説家になろう

初夜開始早々夫からスライディング土下座されたのはこの私です―侯爵子息夫人は夫の恋の相談役―

本日、サオシューア侯爵子息のグラッド様と結婚した私……リファレラは、『初夜』の現在、彼のスライディング土下座を受けております。 「済まない、僕は君を愛することは出来ない!!」 話を聞くと、婚姻式の数日前に『初恋の人』と付き合い始めたとか。えぇ、これはもう完璧な“浮気”ですわね。 更に旦那様は、妻....
著者 : 望月 或
小説家になろう

真の聖女を見つけたから用済みだと王太子に婚約破棄された代理聖女、発明王に見初められ真実の愛を手に入れる

常に浄化の秘蹟の使い手を必要としている国、スワンプランド。豊富な水資源に恵まれているが、濁って淀んだ沼ばかりなのだ。 そんなスワンプランドで浄水を担当してきたボイラは、ここ5年ほど国でただひとりの聖女だったが、正式な浄化の秘蹟の使い手ではなかった。 真の浄化の聖女フローラが見出されて、ボイラは代理聖....
著者 : 仁司方
小説家になろう

逆ハー聖女の衝撃的消滅

大災害に苦しむ人々を救おうと、地上に降りた聖女様は、危機を救うついでに逆ハーも完成させちゃいました。 貢ぎに貢いだ信奉者たちのおかげで、国の財政はぎりぎりです。 これはいかんと、お偉いさんが、聖女たちのところへ直談判しにやってきました。 いわく、聖女様、ちょっと軟禁させてもらいます、と。 とたんに気....
著者 : 秋野笙