伝奇の小説一覧

小説家になろう

「お前には付いていけない」とパーティを追い出され、神様に「お前を必要としている世界はどっかにある」と世界からも追い出された俺は地球に転移し得意の光魔法でインチキ霊能力者として成り上がる

世界を混沌へと変えた魔王を倒した勇者レイドは荒れていた。 ずっと仲間だと思っていたパーティ(3日前にギルドに紹介された人達)から「お前には付いていけない」と追い出されたからだ。 さらにその晩、自称神から「お主はちょっとやりすぎじゃから、とりあえず、地球行ってくんね?」と強制的に転移された勇者レイド。....
著者 : カール
小説家になろう

着ぐるみ転生

どこにでもいる、普通のOLだった。 会社と部屋を往復する毎日。趣味と言えば、十年以上続けているRPGオンラインゲーム。 ある日気が付くと、森の中だった。 誘拐?ちょっと待て、何この全身モフモフ! 自分の姿が、ゲームで使っていたアバター・・・二足歩行の巨大猫になっていた。 幸い、ゲームで培ったスキル....
著者 : こまちゃも
小説家になろう

ゲートの出現で魔物があふれ人を襲い始めた【山奥で一人で戦いDIYにハマる男が居た】

駅前の広場にゲートが現れたのが始まりだった。 そこから現れた魔物達は、人を襲い喰らい暴れだした。 政府の初動も遅かった。 人類が初めて直面する災害でも有った。 しかし、その魔物を倒した人間にも不思議な力が授かるようになった。 人間はどうなるのだろうか・・・ 主人公は山奥で、1人だけで魔物相手に戦う....
著者 : ハンゼン
小説家になろう

死の勇者TS陰子は異世界帰還者である

 異世界名イング・リーンフォース。別名は『死の勇者』。魔王討伐のために魂を召喚され魔王退治を依頼された彼は無数の師匠に鍛えられた結果、個人の蛮勇よりも数の暴力によって圧倒する方が手段として手っ取り早いと確信した。その結果、魔法を極め、死霊魔法を駆使し、倒したモンスターや敵の全てを不死者として支配して....
著者 : ぎあまん
小説家になろう

21世紀、魔法新大陸を踏破する

 2021年、太平洋に突然霧に包まれた謎の大陸が出現した。送り込まれた世界各国の精鋭調査隊の98%が消息を断つ魔境は、しかし神秘と資源の宝庫だった。新大陸に足を踏み入れた夢見がちな主人公・坊坂は国連軍の追跡部隊に追われながら、相棒と共にあれよあれよと謎めいた新大陸の危険極まりない最深部に導かれていく....
著者 : 黒留ハガネ
小説家になろう

鑑定士はレベルアップする 〜鑑定で得た情報を動画配信したら、それを見た人が倒した魔物の経験値が分配された〜

世界にダンジョンが現れてから半世紀ほどの時間が経った。 レベル、クラス、スキル、ステータス、アイテム、今や人類はダンジョンに完全に依存した社会形態となっていた。 ランダムで決定されるクラスで『鑑定士』という前例の無いクラスを得た天空秀は、戦闘向きのクラスでは無いと知りながらそれでもダンジョンへ挑む....
著者 : ズイ
小説家になろう

終末のサンダーボルト ~世界が終末を迎えて魔物やゾンビで溢れたけど、唯一無二の雷スキルで生き残る。崩壊して電気、ガス、水道が止まった街でも無限の電力で割とイージーモード~

世界に突如として終末が訪れ、高校生の神鳴イヅナは意識を失ってしまう。 次に目が覚めた時、イヅナが知る現代社会はひっくり返っていた。 見慣れた街並みは無残に壊され、道路には魔物やゾンビで溢れている。 人間の中にも異能を持った者が現れ、これまでの常識はすべて覆っていた。 混乱したイヅナだが、自身にも異能....
著者 : 手羽先すずめ
小説家になろう

異世界ブギウギ。

 この物語は他のブログに掲載しているものです。 現在進行中で、完結まではの見通しまでは立っていません。 それを無謀にも手直しし、こちらにアップしようと思います。  始まりは日本を襲った巨大地震でした。 それで亡くなった主人公が異世界に転生し、赤ん坊に。 赤ん坊は暇だったので、病気知らずの健康な身体を....
著者 : 渡良瀬ワタル
小説家になろう

世界が融合したら居候がやって来ました

ある日、世界中の携帯へ向けて一斉に同じメールが届いた。 しかしそこに書いてあったのは世界が変わるという馬鹿げた文章だ。 だがそれを読んだ最上 夕(サイジョウ ユウ)は勘に従い生き残る為の準備を始める。 そして指定の日になった深夜0時に地球全体がまるで産声をあげた様に振動した。 それは少し強いくらいの....
著者 : 北きつね
小説家になろう

oh! 銭ぜに銭 ぜに銭ぜに。

戦死した魔法使いが転生した。 どこに。 ここに。 戦国時代の美濃、明智家。 ときはいま あめにもまけず さつきさく。 大河歴史小説 トラ トラ トラ。....
著者 : 渡良瀬ワタル
タイトルとURLをコピーしました