勘違いの小説一覧

カクヨム

【書籍化決定!】偽装カップルをしていた美少女から別れを告げられたのに僕の幼馴染と修羅場になっていませんか?

【書籍化決定!】偽装カップルをしていた美少女から別れを告げられたのに僕の幼馴染と修羅場になっていませ.......
著者 : @1708795
小説家になろう

優等生なはずの北欧系美少女クオーターの後輩が、ゲーム部で陰キャな俺にだけになぜかウザ絡みしてくる~ある日、部室を乗っ取りに来る陽キャたちが現れました~

 榎本隆弘(えのもとたかひろ)の所属するゲーム部には、『深窓の令嬢』や『淡雪の美少女』と呼ばれている瀬名小冬音(せなことね)が所属している。煌びやかな銀髪と透き通るような碧眼が特徴的で、学園の生徒からは物静かだと認識されていた、  しかし、そんな彼女だが隆弘の前でだけは……ウザかった。 「もーう、先....
著者 : やきだんご
小説家になろう

僕は全てに【ヒール】する~村を追放された青年は、拾ったゴミを激レアアイテムに修繕して成り上がる!~

孤児だったラースは子供の時に大怪我をした。 死を人一倍怖がるようなった代わりに、命を救ってくれたヒールの修行に励んだ。 治すべき人や家畜がいなくなっても、木や岩を相手にヒールを練習した。 しかし天職が【無職】だったラースは、どれだけ練習しても最下級ヒールしか使えず、そのヒールすら対象に触っていない....
著者 : 藤七郎は疲労困憊
小説家になろう

パイプ使いは紫煙を纏う~俺だけが使える毒草からスキル無限採取術~

「そうですか。だったらさっさと出てってください。手続きはこっちでやっておきますんで……はい、おつかれでしたー」  それは銅級冒険者リーフが世話になった……いやこれまでギルドトップのパーティ『金獅子』と一緒になって執拗に嫌がらせをしてきたディアナギルドの受付嬢の最後の言葉。 「スキルの応用で……い....
著者 : 藤田作文
小説家になろう

「熱中症か?」と尋ねたのだが、「ねっ、チュウしようか?」と幼馴染には聞こえたらしい

その日はとても暑かった。 炎天下で俺と幼馴染はバスを待っていたのだが、幼馴染の様子がおかしかった。 心配になった俺は「熱中症か?と尋ねたらなぜか幼馴染は「ふぇっ!?」と大きな声で驚いた。 その後幼馴染は急に慌てだして「本気?」「そういう仲じゃないじゃん」「そんないきなり」と言い始める。 少し反応がお....
著者 : 沖田アラノリ
小説家になろう

ガリ勉地味萌え令嬢は、俺様王子などお呼びでない

 皆が騒ぐ王子様やらカッコイイ男性とやらに全くときめいたことがなかった伯爵令嬢シャリーナ・クレイディア。自分は男性に興味が無いのだと思っていたが、学園の裏庭で出会った地味で根暗な本の虫、田舎の貧乏男爵家三男のリオル・グレンに一目惚れ。しかし果敢にアタックするも中々本気に取って貰えず、その上何故か全然....
著者 : 鶏冠 勇真
小説家になろう

ただの屍のようだと言われて幾星霜、気づいたら最強のアンデッドになってた

【書籍1巻が今月19日に発売】  ソロ冒険者のジオンは、身の丈に合わない高難度ダンジョンに挑み、死んだ。  アンデッドと化して動き出した彼の死体はダンジョンを徘徊。そして魔物を倒し続けることで成長し、さらには幾つもの〝進化〟を経て――  ――やがて自我を取り戻したとき、彼は最強のアンデッド【ノーライ....
著者 : 九頭七尾
小説家になろう

高嶺の花を咲かせます。〜校内ヒロイン育成計画〜

スクールカーストど底辺。絵に描いたような陰キャである下田涼。彼には学生生活において楽しみがない。彼女はもちろん、友達もいないし、そもそも自分という存在に興味がない。 そんな彼にも、両親の仕事の関係で昔から得意とすることが一つだけあった。それは女性を美しく輝かせること。彼が将来目指すのは服装、メイ....
著者 : コバンザメ
小説家になろう

毒味役にもなれない外れスキルと馬鹿にして追い出したのはそっちだろう? 今更戻れと言われても……~毒草をパイプで楽しめるスキルは、吸えば吸うだけスキルが無限に手に入る最強のスキルでした~

「そうですか。だったらさっさと出てってください。手続きはこっちでやっておきますんで……はい、おつかれでしたー」  それは銅級冒険者リーフが世話になった……いやこれまでギルドトップのパーティ『金獅子』と一緒になって執拗に嫌がらせをしてきたディアナギルドの受付嬢の最後の言葉。 「スキルの応用で……い....
著者 : 藤田作文
小説家になろう

高嶺の花を咲かせます。〜彼女達が輝けば、俺のことはどうでもいい〜

スクールカーストど底辺。絵に描いたような陰キャである下田涼。彼には学生生活において楽しみがない。彼女はもちろん、友達もいないし、そもそも自分という存在に興味がない。 そんな彼にも、両親の仕事の関係で昔から得意とすることが一つだけあった。それは女性を美しく輝かせること。彼が将来目指すのは服装、メイ....
著者 : コバンザメ
タイトルとURLをコピーしました