友情の小説一覧

小説家になろう

ダメ社員俺、社史編纂室送りになったので、おっさんとガチで社史編纂してアニメ化までこぎつける

文具メーカー『オケイコ』のダメ社員・若井啓介は課長から社史編纂室への異動を命じられる。社史編纂室にこれといった業務はなく、使えない社員を隔離する部署であった。 啓介が編纂室に行くと、そこには同じ運命をたどったダメ中年社員・尾山次郎がいた。 「働かずに金を貰えるなんて最高!」と喜ぶ啓介とは違い、次郎....
著者 : エタメタノール
小説家になろう

おでん屋春子婆さんの偏屈異世界珍道中 【書籍化企画進行中】

【本編完結】  春子は偏屈な年寄りの、おでん屋台店主である。  酒は一人2合まで、銘柄は一つ。  冷ならそのまま、燗なら徳利に入れてとことこと温める。  おでんのほかは梅干の入った白ご飯にごま塩をまぶした握り飯と、甘い稲荷。  4人も座ればいっぱいの木の椅子で、すでに何軒も回って出来上がったサラ....
著者 : 紺染 幸
小説家になろう

婚約破棄はどうぞお好きに。ただし、新たな婚約者にはなりません。

「『君との婚約は破棄させていただく。私は真実の愛を見つけたのだ。そう、ルーシー・ベルトランとの間に!!』」 (いやいやいや、誰!?) 卒業式典での婚約破棄計画に巻き込まれた平民ルーシー。 彼女は天敵の副担任シャルル、伯爵令嬢アデルと共に、アデルと婚約破棄してルーシーを新たな婚約者にしようと企むチャ....
著者 : shinobu
小説家になろう

おでん屋春子の箸休め ~嗚呼青春のセントノリス~  (『おでん屋春子婆さんの偏屈異世界珍道中』番外編)

『おでん屋春子婆さんの偏屈異世界珍道中』番外編集。 主にセントノリスのみんなの日常話になります。 『おでん屋春子婆さんの偏屈異世界珍道中』本編を読んでいないとさっぱり意味がわかりませんので、おでん一章を食べ終わった、セントノリスが気になる選ばれし変わり者だけお読みください。 不定期更新で思いつい....
著者 : 紺染 幸
小説家になろう

学園一のイケメン王子様な美少女が、俺の前ではとにかくカワイイ

他人と距離を置き深く関わらないようにしてきた俺、白濵拓斗(しらはまたくと)もついに高校二年生になる。新しいクラスで隣の席になったのは、学園一のイケメン『王子様』と呼ばれている女の子、夢原悠希(ゆめはらゆうき)さんだった。 いつもみんなの中心で同性からキャーキャー言われている夢原さん。日陰でひっそり過....
著者 : 日之影ソラ
小説家になろう

化物嬢ソフィのサロン ~ごきげんよう。皮一枚なら治せますわ~

ソフィ=オルゾン、17歳 裕福な商社を営むオルゾン家に産まれた一人娘は 生まれつき、皮膚の奇病にかかっていた。 その異様な容姿は周囲に『化物嬢』と呼ばれ、学園では友に石を投げられた。 優しく繊細な心と、『皮一枚しか治せない』微妙な光の力を持つ彼女は、ある日自ら命を絶ちかけ思い出す。 自分がかつて....
著者 : 紺染 幸
小説家になろう

化物嬢ソフィのサロン ~ごきげんよう。皮一枚なら治せますわ~

ソフィ=オルゾン、17歳 裕福な商社を営むオルゾン家に産まれた一人娘は 生まれつき、皮膚の奇病にかかっていた。 その異様な容姿は周囲に『化物嬢』と呼ばれ、学園では友に石を投げられた。 優しく繊細な心と、『皮一枚しか治せない』微妙な光の力を持つ彼女は、ある日自ら命を絶ちかけ思い出す。 自分がかつて....
著者 : 紺染 幸
小説家になろう

化物嬢ソフィのサロン ~ごきげんよう。皮一枚なら治せますわ~

ソフィ=オルゾン、17歳 裕福な商社を営むオルゾン家に産まれた一人娘は 生まれつき、皮膚の奇病にかかっていた。 その異様な容姿は周囲に『化物嬢』と呼ばれ、学園では友に石を投げられた。 優しく繊細な心と、『皮一枚しか治せない』微妙な光の力を持つ彼女は、ある日自ら命を絶ちかけ思い出す。 自分がかつて....
著者 : 紺染 幸
小説家になろう

私をときめかせてくれたら、付き合ってあげる

振られる気満々で、俺は高嶺の花――と呼ぶには少し性格にトゲの多い、同じクラスの時雨瑞姫さんに告白をした。 にこやかに微笑んで、彼女は言う。 「それじゃあ、私をときめかせてくれたら、付き合ってあげる」 「…………は?」 とりあえず頑張ってみたものの、俺は口説くのが絶望的に下手であった。なのに時雨さ....
著者 : 藤崎珠里
小説家になろう

化物嬢ソフィのサロン ~ごきげんよう。皮一枚なら治せますわ~

ソフィ=オルゾン、17歳 裕福な商社を営むオルゾン家に産まれた一人娘は 生まれつき、皮膚の奇病にかかっていた。 その異様な容姿は周囲に『化物嬢』と呼ばれ、学園では友に石を投げられた。 優しく繊細な心と、『皮一枚しか治せない』微妙な光の力を持つ彼女は、ある日自ら命を絶ちかけ思い出す。 自分がかつて....
著者 : 紺染 幸
タイトルとURLをコピーしました