召喚の小説一覧

小説家になろう

聖女、悪魔を召喚する

「厭忌の念に心を蝕まれ、その口から醜悪な呪詛を吐き出し、地獄から我を召喚したものよ。汝の求めに応じてこのサタンが……ん……?」  どこからともなく現れた悪魔は、何故か目の前にいる女性をじっと見つめて、趣のある名乗り口上を中断しました。 「……お前……まさか聖女ではないよな?」....
著者 : たなか
カクヨム

悪い勇者召喚に巻き込まれて殺されかけましたが、女将軍と属国王女に助けられたので、復讐がてら手助けする事にしました

「カクヨム」「アルファポリス」「ノベルバ」に投稿しています。  初老の龍遊院英雄は、おやじ狩りで殺されかけている所を、勇者召喚に巻き込まれた異世界に行くことになった。事もあろうに、龍遊院英雄を殺しかけていた4人が勇者だと言うのだ。殺されかけていた英雄は、勇者召喚を画策して王族の目に留まる事もなかった....
著者 : 克全
小説家になろう

異世界から降臨して世界を救った聖女の演説

世界に穢れが溢れだす時、この世界は異世界から降臨するとされる聖女が現れる。 100年に一度のことに聖女が降り立った聖国は沸き立った。 聖女は1年を掛け世界の穢れを浄化し、今は聖国の離宮で身を休めている。 聖国から各国へ通達があった。 聖女が皆の前で祈祷の儀式を行うという。 一目見ようと国民はもとよ....
著者 : エスミ
小説家になろう

【シリーズ追加】召喚された聖女は、魔族の国の王妃でした。【番外編不定期追加】

その星に栄える数多の国々は、それぞれの国毎に異世界から聖女を召喚し、聖女の結界で魔族からの脅威を防いでいた。 途中、紆余曲折がありつつも、現代まで続いていた聖女の召喚の儀式が本日、カルサイト王国で行われた。 今まで召喚で現れた聖女達は、元の世界ではいわゆる平民が殆どで、良くても○○財閥とかいう金持ち....
著者 : 言葉
小説家になろう

召喚された聖女は、魔族の国の王妃でした。【番外編追加中】

その星に栄える数多の国々は、それぞれの国毎に異世界から聖女を召喚し、聖女の結界で魔族からの脅威を防いでいた。 途中、紆余曲折がありつつも、現代まで続いていた聖女の召喚の儀式が本日、カルサイト王国で行われた。 今まで召喚で現れた聖女達は、元の世界ではいわゆる平民が殆どで、良くても○○財閥とかいう金持ち....
著者 : 言葉
小説家になろう

ええ、召喚されて困っている聖女(仮)とは私のことです

大災害を防ぐために聖女召喚で呼び出された鮎川春は鑑定の結果、魔力が全くなかった。召喚は無かったことになり、ハルは放り出され、やむなく親切な宿屋の人たちに助けられて掃除係として働いて暮らすことになる。 そんなハルを「俺の召喚は成功したはずなんだ!」と追いかけてきたのが召喚師のヴィクター。 「あなたたち....
著者 : 守雨
カクヨム

手違いで異世界に強制召喚されました!

主人公のヒロはアルバイト帰りに酔っ払ったサラリーマンにホームから突き落とされ気を失う…そして目を覚ますと…そこには見知らぬ人間が数人と突き落とした張本人が! 誰もがお互いを怪しむそんな中、今まで居なかった場所に突然現れた女性に皆が混乱するも女性は面倒くさそうにこう言う…「此処に来た理由をしりたければ....
著者 : ZOMBIE DEATH
小説家になろう

死亡確定の脇役王女はそれでもやっぱり死にたくない

大学生の白須 瑠衣果は事故に遭いロールプレイングゲーム『エルガバル英雄伝説』の世界に転生した。 転生したのはオープニングとラスボス戦前に登場するヒロインアナスタシアの姉、王女ディアーナ。 ディアーナはオープニングで拐われ、ラスボス戦前に殺される脇役王女だった。 転生したディアーナを待っていたのは、ア....
著者 : 岡出 れい
カクヨム

おばちゃん(?)聖女、我が道を行く ~聖女として召喚されたけど、お城にはとどまりません~

【書籍情報】 ツギクルブックスより、2021年5月8日発売予定。 イラストレーター:那流様 Amazon等でも予約開始しております。 病院で夫に看取られながら死ぬはずだった遠藤美佐江(四十七歳)。 なんの因果か、異世界に召喚されました。でも、神様曰く、本当は転生するはずだったというんです。 見た目は....
著者 : 実川えむ
ノベルアップ

英霊召喚 ~ハズレと呼ばれた召喚魔法で、過去の大賢者を召喚して史上最強~

適性クラスが最弱と呼ばれる召喚士だと判定されてしまった俺は、今まで騎士になるために努力してきたが、突然魔法の勉強をさせられる事に。 魔法の事なんて全然知らないけれど、とりあえず召喚魔法とやらを使ってみると、あろう事にゴーストが召喚されてしまった。 全く持って使えないと思っていたのだが、実はそのゴ....
タイトルとURLをコピーしました