女主人公の小説一覧

小説家になろう

【連載版】「僕は侯爵家の養子だが、弟は自分が平民であることを知っているのだろうか?」

※連載版を始めました。 侯爵家の跡継ぎだった父が子爵家の令嬢であった母と駆け落ちし、生まれたのが僕だ。 両親は駆け落ちしたときにそれぞれの実家から勘当されたので平民だ。 僕は跡取りのいなくなった祖父の養子に入ったので貴族だが、両親と弟は平民のままだ。 両親と弟は祖父の情けで侯爵家の離れに住まわ....
著者 : 九頭竜坂まほろん
小説家になろう

私はそこにあるものを、見なかったことにしたはずだった

 とある国の、花も恥じらう乙女と言われる年代の私は、学園に通う伯爵家の娘の一人だ。  私が人と違うことの一つは、領地が水害続きで家が貧乏であること。もう一つは、八歳になった感謝を神様にお伝えするこの国伝統の礼拝のときに、神様から加護を授かったことだ。  神様からの加護は、数年に一人授かることが出....
著者 : 海堂 岬
小説家になろう

【連載版】「僕は侯爵家の養子だが、弟は自分が平民であることを知っているのだろうか?」

※連載版を始めました。 侯爵家の跡継ぎだった父が子爵家の令嬢であった母と駆け落ちし、生まれたのが僕だ。 両親は駆け落ちしたときにそれぞれの実家から勘当されたので平民だ。 僕は跡取りのいなくなった祖父の養子に入ったので貴族だが、両親と弟は平民のままだ。 両親と弟は祖父の情けで侯爵家の離れに住まわ....
著者 : 九頭竜坂まほろん
小説家になろう

私はそこにあるものを、見なかったことにしたはずだった

 とある国の、花も恥じらう乙女と言われる年代の私は、学園に通う伯爵家の娘の一人だ。  私が人と違うことの一つは、領地が水害続きで家が貧乏であること。もう一つは、八歳になった感謝を神様にお伝えするこの国伝統の礼拝のときに、神様から加護を授かったことだ。  神様からの加護は、数年に一人授かることが出....
著者 : 海堂 岬
小説家になろう

妹が聖女の再来と呼ばれているようです

ダンジョンのある辺境の地で回復術士として働いていたけど、父に呼び戻されてモンテリーノ学校に入学した。そこには、私の婚約者であるファルター殿下と、腹違いの妹であるピーアがいたんだけど。 「マレン・メクレンブルク! 貴様とは婚約破棄する!」  どうやらファルター殿下は、"低能"と呼ば....
著者 : 田尾風香
小説家になろう

【マンガワンで連載中】ヒロイン不在の悪役令嬢は婚約破棄してワンコ系従者と逃亡する

2021年7月15日、ビーズログ文庫さんより小説版発売! 転生したら、悪役令嬢・ヴィアラだった。 「なんで悪役!?絶対に死にたくない!」 顔だけで愚かな王子なんて、ヒロインにあげよう。お城が買えるほどのお金も添えて……! そう思っていたのに、ヒロインは学園に入学すらしていなかった。 「悪役令嬢、余....
著者 : 柊 一葉
小説家になろう

悪役令嬢は婚約破棄を狙っている

リネーアは、婚約者である第三王子が好きになれない。いつも不機嫌で、態度が悪いからだ。 ある日リネーアは、第三王子が男爵家の令嬢と仲良く過ごしているのを目撃する。 自分には見せたことのない明るい顔で楽しそうに過ごす第三王子を見て、ついにリネーアは見切りをつけた。 この婚約が破棄になるのなら、「悪役令嬢....
著者 : なかしまえり
小説家になろう

【6章1節終わり】ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫する

6/25コミカライズ3巻発売です! 「リーシェ! 僕は貴様との婚約を破棄する!!!」 「はい、分かりました」 「えっ」 公爵令嬢リーシェは、夜会の場をさっさと後にした。 リーシェにとってこの婚約破棄は7回目。ここから新たな人生を歩み、薬師や男装騎士などの生き方を満喫したあと、20歳で命を落とし....
著者 : 雨川 透子◆ループ7回目の悪役令嬢〜6章開始
小説家になろう

【連載版】「僕は侯爵家の養子だが、弟は自分が平民であることを知っているのだろうか?」

※連載版を始めました。 侯爵家の跡継ぎだった父が子爵家の令嬢であった母と駆け落ちし、生まれたのが僕だ。 両親は駆け落ちしたときにそれぞれの実家から勘当されたので平民だ。 僕は跡取りのいなくなった祖父の養子に入ったので貴族だが、両親と弟は平民のままだ。 両親と弟は祖父の情けで侯爵家の離れに住まわ....
著者 : 九頭竜坂まほろん
小説家になろう

私はそこにあるものを、見なかったことにしたはずだった

 とある国の、花も恥じらう乙女と言われる年代の私は、学園に通う伯爵家の娘の一人だ。  私が人と違うことの一つは、領地が水害続きで家が貧乏であること。もう一つは、八歳になった感謝を神様にお伝えするこの国伝統の礼拝のときに、神様から加護を授かったことだ。  神様からの加護は、数年に一人授かることが出....
著者 : 海堂 岬
タイトルとURLをコピーしました