女主人公の小説一覧

小説家になろう

悪役令嬢ルルティア・クレイマンの日常 〜ぼやきという名の正論パンチ、破滅フラグを叩き折る〜

「あのダメ親父、二度と帰ってこなければいいのに……」 「お嬢様、また本音が漏れてますよ」 十五歳のルルティア・クレイマン伯爵令嬢は今日もぼやきながら、腹心の従者と内政にいそしんでいた。 父親であるクレイマン伯爵は仕事もせずに朝から晩まで飲んだくれ、女主人であるはずの母親は数年前に蒸発。 無辜の領民....
著者 : 遠野
小説家になろう

【短編】「双子の兄が『ここは乙女ゲームの世界で自分は卒業パーティで断罪される悪役令息だ』と騒ぐので、妹の私が男装して学園に入学しました」

王子「アルビー・レーヴィット! 貴様を断罪する! レーヴィット公爵家を取り潰し、貴様を国外追放する!」私「理由は?」王子「貴様がクロリス・ザイドル男爵令嬢を襲ったからだ! ザイドル嬢は貴様の子を宿している!」私「証拠は?」王子「クロリスが貴様がやったと証言している!」私「いや、被害者の証言だけで断罪....
著者 : まほろん
小説家になろう

モブ同然の悪役令嬢に転生したので男装して主人公に攻略されることにしました

 ある日突然前世の記憶を取り戻し、乙女ゲーム「Royal LOVERS」の世界に転生していることに気づいたモブ同然の悪役令嬢、エリザベス・バートン。  イケメン攻略対象ばかりが優遇されるこの乙女ゲームという世界のあり方に不満を感じるエリザべスは、そこではたと気が付く。 「そうだ。私も攻略対象になれば....
著者 : 岡崎マサムネ
小説家になろう

婚約を破棄された悪役令嬢は荒野で生きる。~恋愛小説の当て馬に転生しました~

侯爵令嬢のコンスタンツェ(コニー)は皇太子ウィルヘルムから、婚約破棄を言い渡された。 どうもウィルヘルムに愛する人が出来たらしい。 しかもその相手は最近現れた聖女だという。 二年も実質皇太子妃として勤めてきたのに非情な宣告に、落ち込むコニー。 だが突然前世の記憶が蘇り、自身がラブロマンス小説の当....
著者 : 吉井あん(宮平なおき)
小説家になろう

私はハーレムを否定する

ずっと私に良くしてくれたお姉ちゃんと、好きだった男の子。 そんなふたりに告げられた言葉を、私は受け入れることなんて出来なかった....
著者 : 龍の鱗
小説家になろう

ヒロインに騙されて婚約者を手放しました(改訂版)

地味で冴えない脇役はヒーローに恋しちゃだめですか? どこにでもいるような地味で冴えない私の唯一の長所は明るい性格。一方許嫁は学園一人気のある、ちょっぴり無口な彼でした。そんなある日、彼が学園一人気のあるヒロインに告白している姿を偶然目にしてしまい、捨てられるのが惨めだった私は先に彼に婚約破棄を申し....
著者 : 芙由奈
小説家になろう

友人に騙されたお陰でラスボスを魅了しちゃいました!~友人に裏切られた後、ラスボス系褐色美少女のお嫁さんとして幸せな日々を過ごす内に【真のラスボス】と噂されているようです!?~

真朝は懸賞で最新ゲームを入手した。 ゲーム初心者で右も左も分からない真朝は、ゲーム大好きな友人に声を掛けられ、アドバイスをもらいながらゲームを開始する。 しかし、それは友人が真朝を良いように利用したいだけだった。 特典アイテム採取用のステータスとスキル構成で、得たアイテムもほとんどあげてしまった真朝....
著者 : 俊郎@新作始めました
小説家になろう

「命知らず」の騎士様は、鼻の利く「魔女」を放さない。

 町の人に「魔女」と呼ばれるニーナ・エトシールは、人より少し鼻が利く。よく利く鼻で、その人の求めるものの在り処も嗅ぎつける「探し物見つけます」が彼女の仕事。  偶々森で会った騎士エルートに、うっかり探し物の在り処を告げてしまったのが全ての始まり。この騎士、ニーナを全然放してくれないようです。 「魔....
著者 : 江本ミチ
小説家になろう

地球さんはレベルアップしました!

【2020年10月10日に書籍化いたします!】【ガールズラブは保険】【日曜日に更新させていただきます】 【※こちらはWEB版のあらすじになります】  地球さんがレベルアップしたことにより、日常がファンタジーに染まっていく。  ダンジョンと魔物が現れ、多くの生物にカルマ式ステータスシステムが解放された....
著者 : 生咲日月
小説家になろう

【完結】冷徹騎士のプロポーズ〜身分の差を実力で捩じ伏せた幼馴染の執着〜

「おっきくなったらミーシャのこと、お嫁さんにしてくれる?」 「当たり前だろ。ミーシャは俺がいないと何にもできないんだから、ずっと俺が守ってやるよ」 そんな約束をしたこともあったな、とミーシャ・ジェニック伯爵令嬢は窓の外を見て溜め息を吐いた。 小さな頃は身分なんて関係なかった。大好きだった男の子のヴ....
著者 : 真波潜
タイトルとURLをコピーしました