婚約破棄の小説一覧

小説家になろう

宮廷魔術師の専属メイド 〜不吉と虐げられた令嬢ですが、なぜか寵愛されています〜

花のように可愛いと大切に育てられたアリシア令嬢は、伯爵家に継母と義妹が乗り込んだ日から運命が暗転する。下女として虐げられ、髪も肌もボロボロにされた挙句に屋敷から追放されてしまった。 下位のメイドとして宮廷に斡旋されたが、宮廷内には生き物みたいに動く不思議な煤が溢れていた。 「これって私にしか見えない....
著者 : 石丸める@書籍「花嫁が来た!」発売中
小説家になろう

婚約破棄の断罪に呪いで反撃するお話

「我が愛しのフロルティアに対し、君が嫌がらせをしていたことはわかっている! 男爵令嬢カルシェアーナ! 君との婚約は破棄させてもらう!」 「いったいどんな嫌がらせをしたというのですか?」 「中庭の噴水に突き落としたこと! 階段を降りようとした時に背中を押して転ばせようとしたこと! 彼女の教科書を水でび....
著者 : 外町 アキフミ
小説家になろう

【連載版】契約結婚しましょうか!~元婚約者を見返すための幸せ同盟~

   王都のとあるカフェテリアで、イーディスは、すでに婚約者のいる男性貴族であるアルバートを呼び出していた。  向かい合わせに座って、それからこうして呼びだした経緯について話した。  それは三ヶ月ほど前の事。  その時はイーディスも婚約者に連れられて舞踏会に出席していた。そこでアルバートに出....
著者 : ポンポコ狸
小説家になろう

大丈夫、直ぐ解ける呪いだから

 ルベルは3ヶ月前に父を亡くした。子爵だった父の後を継ぎ頑張っていたけど、後妻の母と婚約者から「妹のクラリスを愛してるしまった。君には新しい嫁ぎ先を用意した」と追い出されてしまう。  やけ酒しながら向かった先で待っていた男は、呪術の研究者と自称し「探していたのは嫁ではなく呪術の実験に付き合ってくれる....
著者 : たろんぱす
小説家になろう

【ノベル3巻発売&コミカライズ2巻まで発売中】辺境の貧乏伯爵に嫁ぐことになったので領地改革に励みます

身に覚えのない罪を着せられ、婚約者である第二王子エルネストから婚約を破棄されたアンジェリクは、王の命令で辺境の貧乏伯爵セルジュに嫁ぐことになった。エルネストに未練はないし、誤解はいずれ解くとして、ひとまずセルジュの待つ辺境ブールに向かう。 初めて会ったセルジュは想定外のイケメン。恋など諦めていたアン....
著者 : 花波薫歩
小説家になろう

ハメられて追放された悪役令嬢ですが、爬虫類好きな私はドラゴンだってサイコーです。

 やってもいない罪を被せられ、公爵令嬢だったルナティアは断罪される。  王太子であった婚約者も親友であったサーシャに盗られ、家族からも見捨てられてしまった。  教会に生涯幽閉となる手前で、幼馴染である宰相の手腕により獣人の王であるドラゴンの元へ嫁がされることに。  惨めだとあざ笑うサーシャたちを....
著者 : 美杉。節約令嬢、書籍化進行ちゅ
小説家になろう

その婚約破棄に関わったらダメでしょう!? 〜アンネローネ編〜

「アンネローネ! お前との婚約を破棄する!!」 そう婚約であるマーク殿下が高々と宣言したのだ。「アンネローネ様がそんな事をすると思う?」自分を庇う言葉に、アンネローネは一瞬嬉しく思ったが、その後に続いた言葉は……擁護なのか、マークへの援護射撃なのか分からない。 しかし、アンネローネの胸中は違う事でざ....
著者 : 神山 りお
小説家になろう

婚約破棄された令嬢は糸目の成り上がり商人に買われる

王太子から婚約破棄されたリリスは、聖金貨1000枚で王国の大商人アルファス・ユーグランドに買い上げられた。彼の妻として。 拝金主義の商人は妻に全力で貢ぐ。 けれどその溺愛に妻が気がつくまで二人のジレジレは続くのだ。 拝金主義の成り上がり商人と王太子に婚約破棄された令嬢のジレジレラブファンタジー....
著者 : 氷雨そら
小説家になろう

「お前を愛することはない」と言われる前に「貴方を愛することはありませんわ」と言ってやった

 リリアン・ナフティ・ヴァーヴェリア、クロークス公爵家の長女であり、王太子の婚約者だ。  とある小説で登場するキャラクターで、悪役令嬢だ。  王太子から「お前を愛することはない」と言われ、ムキになって王太子を振り向かせようとするが、その行動が裏目に出てしまい、婚約破棄され修道院送られることになる少女....
著者 : 米津
小説家になろう

優先するべきは

 ミュリエルの婚約者であるファビアンから来た手紙は、二人で出かける予定をキャンセルするという内容だった。彼の幼馴染だというメロディが学園に来てから、彼はいつもメロディを優先している。あまりに近すぎると友人たちが忠告しても、ファビアンとメロディは、兄妹みたいなものだから、と言って聞こうともしなかった。....
著者 : 猫の名は。