幼馴染の小説一覧

小説家になろう

エロ本を買おうとレジに来たら 会計係が美少女幼馴染だった件。 この事件後、幼馴染がヤンデレ? ツンデレ?化しました え、俺のこと大嫌いな筈ですよね? ど、どーしました??

エロ本を買おうとレジに来たら 会計係が美少女幼馴染だった件。 この事件後、幼馴染がヤンデレ? ツンデレ?化しました え、俺のこと大嫌いな筈ですよね? ど、どーしました?? 現在高校二年生の俺。 名前は山吹シンジ。 俺は家から遠く離れたコンビニまで わざわざチャリを走らせていた。 何故かって?....
著者 : 雲川はるさめ
小説家になろう

巡る恋に愛を乞い

王都でも老舗の服飾サロン【アムネシア】の娘であり、優秀な刺繍職人でもあるフィーネ。 彼女には前世、そして前々世の記憶があった。 そのどちらも恋を叶えた結果、愛する人と自分が死んでしまう結末を迎えていた。 今世ではそんな最期を迎えないよう、恋をしない。 そう決めたフィーネは仕事に生きる事を決意する....
著者 : 花散ここ
小説家になろう

幼馴染の少女と「一生一緒に居る約束」をしたせいで、距離感が近すぎて困る

 俺、三木綱吉(みきつなきち)は晩秋の夜中に、ぼんやりしていた。  なっちゃんこと二岡夏樹(ふたおかなつき)との仲についてだ。  なっちゃんとの間柄はいわゆる幼馴染で、それだけでは言い切れない妙な関係だ。  小学校の頃、三国志演義にハマった俺たちは、ついノリで「桃園の誓い」なんてものを交わしてしま....
著者 : 久野真一
小説家になろう

クラスの美少女が「わ」から始まるこのクラスの人が好きと言ったらしいけど、「わ」から始まる人はイケメンと陰キャな僕しかいないので、それは告白みたいなもんで草

幼馴染に励まされる主人公は幸せだという話です。....
著者 : つちのこうや
小説家になろう

クールで無表情な幼馴染が毎日L○NEでだる絡みしてくるが、頭文字を縦読みしたら「すき」になってた~あれ? これもしかして……告白されてる?~

七原雪菜は俺の幼馴染だ。幼稚園から高校まで、ずーっと同じところに通っている。 七原は表情が変わりづらいし、話し方も敬語で硬いから、素っ気ないような印象を持たれやすい。けれど中身は悪戯好きだし子供っぽいやつだ。 そんな七原からはよくL○NEが届く。中身は平凡なだる絡み。『はあ、今日も春也くんは女の....
著者 : じゅうぜん
小説家になろう

【一章完結】怪物たちを統べるモノ ~能力『プレイヤー』使いは最強パーティーで無双する!~

『仲間』に数多のスキルやステータスを与え、普通の冒険者など及びもつかない強さを与えることが可能な能力『プレイヤー』 その能力を得たソル・ロックは幼馴染たちと共にすべての迷宮攻略という夢を目指すが、とある事情から能力を隠していたために正当に評価されず、パーティーから追放されてしまう。 いろいろと吹っ....
著者 : Sin Guilty
小説家になろう

オトナ転生令嬢の婚約者

ユーフェミアは憧れのダスティン様と聖女様の結婚式の日に、自分が大好きだった乙女ゲームの当て馬である令嬢に転生していた事を思い出した。ショックのあまり教会を飛び出したユーフェミアを追ってきたのは、ダスティン様の弟であり、幼馴染のパトリックだ。 悲しむユーフェミアにパトリックは言う。「まだ12歳のお前を....
著者 : 渉 こな
小説家になろう

【完結】断罪されるのはゴメンですが婚約破棄は即決OKです 〜毒殺疑惑をかけられた悪役令嬢の反撃〜

クラウン王子から突然婚約破棄を言い渡されたグレイシア侯爵令嬢。 理由は殿下の恋人ルーザリアを『チャボット毒殺事件』の犯人に仕立て上げたという身に覚えのない罪だった。 詳細を聞く内に事件の決定的な何かを発見し、幼なじみの公爵令息ヴィクターを巻き込んで、冤罪を晴らし婚約をこっちから破棄してやろうとするお....
著者 : 紗奈
小説家になろう

悪役令嬢扱いされて責任を押し付けられていたあの子を助けようとしたら、俺も一緒に追放された。追放されたらあの子と付き合えてスキルも性格も相性ばっちり!

女性向け作品ですが、男目線で書いています。 男爵家三男の俺は15才になりパーティーに出席する事になった。【悪役令嬢】扱いされているあの子と俺は昔よく遊んだが、悪い人間じゃないと知っている。俺と【悪役令嬢】が見ている前で侯爵令嬢が料理の置かれたテーブルをひっくり返して第四王子の服を汚した。だが侯爵令嬢....
著者 : ぐぅ
小説家になろう

追放されたけど、ざまぁはしません

主人公のルストンは幼馴染で勇者のユーティから役立たずと言われ、パーティから追放されてしまう。 しかし、ルストンはユーティに対して、復讐をしてやろうと思わなかった。 むしろ追放してくれたユーティに感謝すらしていた。その理由とは……。....
著者 : 井村吉定
タイトルとURLをコピーしました