幼馴染の小説一覧

小説家になろう

アツく恋せよ、からあげ君~唐揚げが大好きな食いしん坊、隣の席の食が細い女の子に食べる楽しさを教えてあげる~

唐揚げが大好きで、「からあげ君」というあだ名で呼ばれる丸っこい少年がおりました。彼は隣の席になったルリちゃんというやせている子に、食べることの楽しさを教えてあげました。そうしているうちに、からあげ君はいつしかルリちゃんのことが好きになっていました。 これは、揚げたての唐揚げのようにアツアツなラブコ....
著者 : ξ~(´・д・`)「リクト」
小説家になろう

何度も彼氏をつくる幼馴染を俺は諦めたい

俺の愛する幼なじみはモテる。 だから彼氏をつくる。当然の事だ。 それに彼女は俺には興味がないみたいだし……諦めて、俺も彼女を作った。 でも、なぜかお互いすぐに彼氏(彼女)と別れてしまう模様。 そんな2人の不器用なお話。 ※一部、内容修正しました。 ※最後の付き合うまでの流れを加筆しました。....
著者 : とによ
小説家になろう

幼馴染があの手この手で襲わせようとしてくる

「幼馴染なんて家族同然だ。欲情するなんてありえない」 「ふーん、じゃあ試してみますか」 「え?」  妹みたいに思っていた年下幼馴染の渚に、あの手この手で誘惑される主人公の春。果たして幼馴染は家族なのか? それともれっきとした異性なのか? 8割ギャグのラブコメディです。 ※この小説はカクヨムに....
著者 : マクセ
小説家になろう

一生かけて責任取ります!

高校生の高辻朔太郎は、幼い頃に幼馴染の蓮見柚子に怪我をさせてしまったことがきっかけで、彼女に対して異常なまでに過保護になってしまった。そんなある日、朔太郎は柚子から「好きな人ができたから協力して欲しい」と持ちかけられる。彼女の「お願い」を断ることができない朔太郎は、それを受け入れるのだが――。 罪悪....
著者 : 織島かのこ
小説家になろう

嘘を吐かれると耳鳴りがする特異体質になった俺は、ツンデレ幼馴染のせいで慢性頭痛に悩まされている件について

ある日突然、俺――月宮悠馬は、嘘を吐かれると耳鳴りがする特異体質になった。 俺には幼馴染の女の子がいるのだが、彼女と話していると、頻繁に耳鳴りが聞こえてくる。例えば、「アンタのことなんてミジンコほども興味ない」なんて言われれば、痛いほど耳鳴りが鳴ってしまう。 にわかには信じがたいが、幼馴染は俺の....
著者 : ヨルノソラ
小説家になろう

幼馴染だった恋人に浮気されてフラれたけれど、サキュバス処女に慰められたので平気です。

 クリスマスイブの前日、幼馴染だった恋人に浮気されてフラれた。傷心のままに死を決意した少年は、聖夜の夜にひとりの少女と出会った。『暇してるなら……私とイイコトしない?』少女の口から零れたその言葉が、少年の運命を変える。これは身体の繋がりから始まる人間と悪魔の恋愛物語……になる予定。....
著者 : ふらふらん
小説家になろう

付き合ってるようで付き合ってない、でも周囲からはどう見ても付き合ってるようにしか見えない幼馴染の男女の日常会話

鳥谷部オウカ:高校二年、男子。フツメン。そこそこモテる。 花野木アスカ:高校二年、女子。美少女。めっちゃモテる。オウカに限り下ネタOK。 二人は家もお隣同士の、幼稚園からの幼馴染である。 「ねぇ、オウカ」 「なんだ、アスカ」 「私、今日告白された」 「マジで? 誰にさ?」 「サッカー部....
著者 : 尿路結石
小説家になろう

「絶対ガチャなんか引かない!」と異世界転生した俺が決意した結果→

 とあるソシャゲのガチャを引きすぎて破滅した前世の記憶を持つ 13 歳の少年は今世でもギフト『ガチャ』を授かる。絶対ガチャなんか引かない! そう決意するも結局は……。  これはそんな彼がガチャの妖精と共に運を天に任せて成り上がる物語である。 ※作中のガチャは実際のガチャ同様の確率テーブルを作り、....
著者 : 一色孝太郎
カクヨム

ブラック企業から女子寮の管理人に転職したら、住居人が全員美人だった。しかも気づいたら俺への好感度が上がっているのだが!?

ザ・ブラック企業の『けたらはシステム株式会社』に勤めていた土浦芳樹(つちうらよしき)は、取引先相手の笠間一葉(かざまかずは)からの取引に乗る形で、住み込みの女子寮の管理人へと転職を果たす。 そこで出会ったのは、ちゃらんぽらんな大学生、現役JKの清純派女優、生意気社長令嬢、おっとり訳アリ系お姉さん。 ....
著者 : さばりん
カクヨム

実は学校一の美少女と幼馴染です

優しいし、良い友達だけど恋愛対象じゃない。クラスの女子の「これからも友達でいたい男子ランキング」一位に輝いた秋谷光は、学年一の美少女、桜河心春との接点も特になく、友達の上原颯心や沖村凌平から憐れみの目を向けられていた。 だが、光と心春には確かな接点があった。実は二人は家が隣同士の幼馴染だったのだ。毎....
著者 : @o41-8675
タイトルとURLをコピーしました