幼馴染の小説一覧

小説家になろう

たとえ手を伸ばしても

「俺たち、別れよう。」 こうなるのは当然の結果だったのかもしれない。 天才である彼女の大きな羽ばたきは凡人である俺では支えきれなかった。 俺、細木心と彼女、鳳翼は幼馴染だった。俺が平凡で何も持たないのに対して、彼女は完璧だった。 美しい銀色の髪。 綺麗に整った顔立ち。 翡翠色の瞳。 服の上から....
著者 : 名無しの権兵衛
小説家になろう

死に戻り令嬢は橙色の愛に染まる

塔の上から落ちて死んだミランダ。 目が覚めると、子供の頃に戻っていた。 人生をやり直せると分かった時、ミランダの心に浮かんだのは、子供時代の苦い思い出だった。 父親の言うことに従い、いい子でいようと努力した結果、周囲は敵だらけで、誰かに殺されてしまった。 二度目の人生では、父や継母に反抗して、自分の....
著者 : 朝顔
小説家になろう

【書籍化】疲れた王子様と教育係のご令嬢の話【コミカライズ2024年3月29日発売】

小説書籍化&コミカライズ化決定致しました。小説は加筆修正したものを講談社Kラノベブックスfから2023年3月2日発売、コミカライズはマンガアプリ「Palcy」と「pixivコミック」にて掲載中、コミカライズ第1巻2024年3月29日発売です。皆様のおかげで書籍化にこぎつけました、ありがとうございます....
著者 : と。/橘叶和
小説家になろう

【連載】魔力が無い偽聖女だと言われて婚約破棄を告げられました。『持っていない』のではありません、『隠していた』のです。真の魔力を見せて聖女だと証明したら婚約破棄を撤回されましたが、今さら遅いです。

救国の聖女として生まれた少女アセリア。 彼女は大貴族の子息ロージーと婚約していたが、ロージーは魔力を持たないアセリアを偽聖女だと決めつけて婚約破棄と処刑を告げる。アセリアの味方をしてくれるのはただ一人、幼馴染の青年ケイルだけだった。 アセリアの処刑が迫ったそのとき、竜が町を襲撃してきた。 竜を倒すた....
著者 : 帆立
小説家になろう

【コミカライズ】私を愛さないと言ったのは、陛下のほうですが?

「僕が君を愛することはない」 「あ、はい。わかりました」 夫である国王陛下から政略結婚を迫られたシルビアは、あっさりと了承する。 シルビアの態度に夫からの嫌がらせは加速し、ついには「悪の王妃」として無実の断罪を告げられてしまう。 そんなとき、騎士団長であるルディがシルビアを窮地から救い出した。 幼馴....
著者 : 志波咲良
小説家になろう

没落令嬢は、来るはずのない想い人を待っている

没落した男爵家の令嬢ソフィアは、25歳になった今も結婚していない。父の死後、金貸しの息子との結婚を迫られているのに拒んでいる。ソフィアには心に決めた人がいて、その人をずっと待っているのだ。 ……そういうことになっているけれど、本当はそんな相手はいない。一応、想い人のイメージは作った。モデルはオーレン....
著者 : 藍野ナナカ@『ある貴族令嬢の五度目の正直』3/27発売
小説家になろう

異世界で魔王を倒した主人公〜幼馴染に異世界での生活全部見られてました〜

学年転移をした主人公は異世界で魔王をやっとのことで倒した。そして現実世界へと戻ってくると異世界では早く死んでしまった幼馴染との再会を果たす。そして、異世界での主人公の姿を幼馴染は全部見ていて──....
著者 : 龍野 落子
小説家になろう

幼馴染は難しい!

蒼緋は学校でも有名な美少女の旭と幼馴染だった。小さい頃はよく一緒に遊んだ。だが高校生になった現在、2人には全くの関わりがなかった。旭はスクールカースト最上位の存在に。逆に蒼緋はカースト最下位に。蒼緋は中学生の頃、旭が好きだった。だが高校生になり自分と旭との圧倒的な立場の違いを実感した。もう旭を好きだ....
著者 : ハル
小説家になろう

無能で出来損ないな俺に表では京都弁美少女副会長アイドルなのに実際はメンヘラヤンデレな幼馴染が依存してくるのだがお願いだから俺に構わないでほしい!!

俺の名前は多田野秋留。 何処にでもいる有り触れた高校生だ。 ただ頭が悪く要領も悪くオマケに物覚えも悪い出来損ないの高校生という尾ひれが付くのだが。 ただこんな俺には遺憾ながら幼馴染と言って差し支えない異性がいる。 無論ただの幼馴染ではない、誰もが振り返るだろう美少女。 まず間違いなくこの世....
著者 : ムラタカ
小説家になろう

初恋の呪縛

「エミリ。すまないが、これから暫くの間、俺の同僚のアーダの家に食事を作りに行ってくれないだろうか?」  王国騎士団の騎士である夫デニスにそう頼まれたエミリは、もちろん二つ返事で引き受けた。女性騎士のアーダは夫と同期だと聞いている。半年前にエミリとデニスが結婚した際に結婚パーティーの席で他の同僚達と共....
著者 : 緑谷めい