復讐の小説一覧

小説家になろう

娘が「悪役令嬢」に憑り殺された日。あるいは、あの子が死んだ日の話

「わたくし、今までの行いを振り返って反省しましたの。今日からは心を入れ替えて、公爵家の令嬢としてふさわしい淑女になりますわ」 ある時、私のかわいい娘は突然変わった。 いつもの縦ロールをやめ、わがままを言わなくなり、使用人を自分の友人のように扱うようになった。 斬新なドレスや新しい料理の発明といった多....
著者 : 紫苑
小説家になろう

【完結】銭投げ勇者の殲滅美学

クラスメイトと一緒に異世界に召喚された高校生・銭形一鉄。 彼が召喚によって授かったのは、小銭を投げて相手を攻撃する『銭投げ』という非常に役に立たないスキルだった。 戦う力のない無能者として自分を召喚した王女に追放されてしまった一鉄であったが、役立たずの烙印を押された『銭投げ』は実はとんでもなく強力な....
著者 : レオナールD
小説家になろう

その呪いは真実の愛で解けるそうです(つまり真実の愛がなければ解けません)

男爵令嬢に骨抜きにされた王太子に、婚約破棄をされた公爵令嬢のアルマディア。 それなのに、なぜか王宮に呼び出されるはめに。どうやら王太子&男爵令嬢がまた何かやらかしたらしく…。 前半はヒーローって誰?状態ですが、後半終わりにイチャイチャしてます。 王位を継げないだけ&修道院行きなんて生....
著者 : CIEL
小説家になろう

私を殺して、幸せになろうだなんて思うなよ ~死に戻った令嬢が選ぶ、妹への復讐~

「お姉さま、死んでちょうだい」 そんな妹リコッタの言葉と共に、バルコニーにいたフローレンスは背中を強く押され死んだ───はずだった。 けれども、フローレンスは死ななかった。正確に言うと10歳の自分に時が戻っていた。 死に戻ったフローレンスはリコッタに復讐を誓う。未来がわかる彼女にしかできない復....
著者 : 当麻月菜
小説家になろう

乗っ取られたら乗っ取り返せばいいのですよ、王妃さま。

夫である国王の愛人に毒殺された王妃は、愛する息子のために復讐を決意する。....
著者 : 牧村 多希
小説家になろう

妹に婚約者を奪い取られた私は、婚約破棄され辺境に送られ、10年後『人形遣い』として活躍していました。しかしなぜか裏切者の元婚約者が私を呼び出し、無償で勇者として魔王を倒せと命じてきたのですが。

妹に婚約者の王太子を奪い取られ、妹をいじめた罪により国外追放になりました。妹に陥れられたんですがね。 運良く隣国の王族に拾われ、10年後、ドールマスターとして活躍していた私をなぜか追放した元婚約者、いまは国王、王妃、私の妹が呼び戻したのですがその理由とは?....
著者 : 由真
小説家になろう

【新】悪役だった令嬢の置き土産【改】

「クリスティーナ・アベル、君との婚約を破棄する」 非道な行いを罪に問われ追放された公爵家の娘。断罪した王太子、証拠を集めた男爵令嬢。その場に居合わせた子息令嬢。それぞれの胸に小さな棘を刺した断罪劇は、十余年の時を経て、再び幕を開ける。 ※設定に関しまして「終わったことだと思っていた。」作者の鶴様よ....
著者 : かたつむり3号
小説家になろう

悪役令嬢と蔑まれた私は史上最高の遺書を書く

婚約破棄され、悪役令嬢と呼ばれ、いじめを受け。 まさに不幸の役満を食らった私――ハンナ・オスカリウスは、自殺することを決意する。 しかし、このままただで死ぬのは嫌だ。なにか私が生きていたという爪痕を残したい。 なら、史上最高に素晴らしい出来の遺書を書いて、自殺してやろう! そう思った私は全身全....
著者 : とによ
小説家になろう

Fランク【竜化】もできない俺は無能と罵られて帝国竜騎士団を追放されたが、SSSランク【竜化】ならできることが判明し、最強へ。 聖女騎士団にスカウトされた後に戻って来いと言われて戻るヤツがどこにいる?

その少年は二度、追放された。ジン・カミクラは刀の才能がなく「無能」の烙印を押され、剣帝一家の親兄弟から過酷ないじめを受け、追放されてしまう。 その後、どうにか帝国竜騎士団に流れ着き、第七小隊に編入されたが、竜騎士の最低条件であるFランク「竜化」ができず、ここでも「無能」と追放されてしまう。最後はド....
著者 : ざらざら
小説家になろう

【アイテム無消費】だけが売りの俺。ダンジョン最下層へと追放される~だがそこで手に入れたアイテムで最強に~え?もちろんお返しはしますよ?謝ってももう遅い

「くそっ!くそっ!くそくそくそ!」 地面に跪き、怨嗟の声を上げる若者の名は――セドリ。 【アイテム無消費】ユニークスキルを持つ冒険者だった。 だが彼はつい先ほど、パーティーメンバーに裏切られダンジョン奥地へと追放される。 彼のスキルは経費を0に出来るという優れた物だった。 その恩恵でパーティーは....
著者 : まんじ
タイトルとURLをコピーしました