復讐の小説一覧

小説家になろう

【書籍化進行中】これで満足しましたか?〜騙された聖女は好きな人も仲間も全部捨てたのに王子が追ってくる〜

※電子書籍化が決定しました。 「これで満足しましたか?」 感情の無い笑顔で彼女は私たちにそう言った。 異世界転移させられた聖女は帰還を餌に魔王討伐の旅へ向かい、苦労の末仲間と共に念願を果たしたが結局「ごめん帰還術は無い」と言われ、国も仲間も想い人も全て捨てた。 ー召喚された聖女は慈悲深く、当....
著者 : せろり
小説家になろう

醜いと王太子に言われ婚約破棄された私が悪の女王になるまで

「お前のような醜い女は私の妃に相応しくない」 婚約披露パーティーで、婚約者であるジョルジュ王太子から罵声を浴びせられ、婚約破棄を告げられたローズマリー公爵令嬢。 密かに王太子と恋仲であった義妹であるイザベラが王太子の婚約者へと成り代わり、人生に絶望したローズマリーは部屋の窓からその身を投げる。 しか....
著者 : 久留茶
小説家になろう

【短編】私は許せない~聖女の愛が憎しみに変わる時~

元聖女エレンは魔王討伐後、好きだった勇者の死を悼んで神殿で祈りの日々を過ごしていた。しかし、第一王子は国のため・復興のために彼女を妻に望む。王子の思いに感銘を受けたエレンは彼と結婚し王妃となるが、ある日夫の本音を聞いてしまう。 さらに、勇者を殺したのは夫の差し向けた暗殺者だったと知ったエレン。 奇し....
著者 : 頼爾@5/24「冷遇生活」電子書籍配信
小説家になろう

毒ある転生令嬢は、魔術王と結ばれる~妹と婚約者に領地を乗っ取られた私、隣国の王太子に拾われてスローライフを謳歌する~

転生者のアエラ。若くして領地を率いるようになったアエラには毒魔術の才能があった。彼女は毒を生み出して売り、身を粉にして領地のために働いていた。彼女のおかげで領地は栄え、各国の王族からも評判だった。 だがある日、異母妹がアエラの婚約者を篭絡して領地も何もかも奪っていってしまう。 呪われた毒使いとして....
著者 : りょうと かえ
小説家になろう

貴方を愛する事はありません、絶対に

男爵令嬢のクララは、伯爵令息との婚約を邪魔されて、ある醜聞塗れの侯爵の愛人にされてしまう。耐え忍ぶ日々に、救いの天使が現れた。※視点はクララ、ダニエル、シェリーで切り替わりますので、苦手な方はご注意を。※短編「愛する事はないと言ってくれ」https://ncode.syosetu.com/n0541....
著者 : ひよこ1号
小説家になろう

離婚って、こちらからも出来るって知ってました?

 元商人であった父が、お金で貴族の身分を手に入れた。  私というコマを、貴族と結婚させることによって。  でもそれは酷い結婚生活の始まりでしかなかった。  悪態をつく姑。  私を妻と扱わない夫。  夫には離れに囲った愛人がおり、その愛人を溺愛していたため、私たちは白い結婚だった。  それでも私....
著者 : 美杉。節約令嬢、書籍化進行ちゅ
小説家になろう

【連載版】スキル【無】の俺が世界最強〜スキルの無い人間は不要と奈落に捨てられたが、実は【無】が無限に進化するSSS級スキルだと判明。俺をバカにした奴らが青ざめた顔で土下座してるけど、許すつもりはない

平凡な高校生である俺、松代才賀。 ある日、俺はクラスメイト達と異世界へ召喚されてしまう。 「あなたたちは魔王と戦うための勇者として、これから異世界に行ってもらいまーす★」 俺たちを召喚した女神は、クラスメイトたちの勇者としての適正を調べる。 「君の適正は、最低ランク、Fランクの勇者でーす」 ....
著者 : 茨木野
小説家になろう

【短編版】スキル【無】の俺が世界最強〜スキルの無い人間は不要と奈落に捨てられたが、実は【無】が無限に進化するSSS級スキルだと判明。俺をバカにした奴らが青ざめた顔で土下座してるけど、許すつもりはない

※連載版はじめました! ttps://ncode.syosetu.com/n2689ja/ 平凡な高校生である俺、松代才賀。 ある日、俺はクラスメイト達と異世界へ召喚されてしまう。 「あなたたちは魔王と戦うための勇者として、これから異世界に行ってもらいまーす★」 俺たちを召喚した女神は、ク....
著者 : 茨木野
小説家になろう

あんな事しておいて今更好きとかふざけるな

何故か幼馴染にいじめられ、不登校になってしまった主人公五十嵐和樹と和樹をいじめ不登校にした張本人の幼馴染。佐藤由依。 高校生になってようやくいじめから解放された和樹は、転入生が入ってくると聞き、見に行くとそこにはあの由依が…!?....
著者 : BORU/ぼる
小説家になろう

堕ちた聖女は復讐の刃を胸に抱く

 帝国第三皇女のリアラは、聖女としてたくさんの人々に慕われていた。しかし、革命が起きたことで全てを奪われてしまい、投獄されてしまう。日々、拷問が続いて、体も心も安らぐ時間はない。それでもリアラは人々を憎むことなく、いつか理解してくれてわかり合うことができると信じていた。しかし、唯一の家族であり、最愛....
著者 : 深山鈴