日常の小説一覧

小説家になろう

氷魔法のアイス屋さんは、暑がり神官様のごひいきです。【毎週・金土更新】

「君との婚約は破棄させてもらう。正直言って僕は君のような女性がタイプじゃないんだ」 ――ある日、庶民の娘アルメは、婚約者の浮気の現場に遭遇してしまった。そしてその場で婚約破棄をくらい、呆然として帰宅する……。 もう家族もいない一人ぼっちの自宅にて、改めて将来のことを考えた時、ふと思いついた。『氷魔法....
著者 : 天ノ瀬
小説家になろう

隣の席の有栖川さんは、今日も人知れず一生懸命生きている

高校二年生になった主人公である一色健斗(いっしきけんと)の隣の席には、『難攻不落の美少女』と呼ばれる学校一の美少女、有栖川玲(ありすがわれい)が座っている。 彼女はいつも無表情でクールで近寄りがたい雰囲気を放ち、そのあまりにも整いすぎた容姿はまるで異世界からやってきたようなこの世のものとは思えないレ....
著者 : こりんさん
小説家になろう

学校のアイドルが白魔術師だと黒魔術師の俺だけが知っている

学校のアイドル、白崎ミナにはある秘密がある。それは、彼女は白魔術師だということだ。それに気がついてるのは黒魔術師の黒瀬レイだけ。しかし、ある日そんな彼女が黒瀬の元を訪れると、ある《依頼》をお願いした。「黒瀬くん! 《惚れ薬》を作ってください!」と。黒瀬は白崎の依頼通り《惚れ薬》を作ることになるが……....
著者 : シクラメン@完結率100%!
小説家になろう

デリヘル呼んだら幼馴染兼元カノが来た。

タイトル通りの作品です。 デリヘルを呼んだら幼馴染兼元カノが来ました。 ※当作品の中に出てくる表現はあくまで小説の中のものです。その職業を侮辱したり攻撃したりする意図はありませんのでご理解ください。 ※この小説はカクヨム様でも公開しております。....
著者 : じゃけのそん
小説家になろう

【連載版】生活能力皆無な妹系幼馴染みの後輩が、家庭の事情で一人暮らしをするらしい。

 俺には朝倉比奈、という二つ下の幼馴染みがいる。  愛らしい容姿に成績優秀で、少し抜けているところもあるが友達も多い。  こちらを「マサ兄」と呼んで慕ってくれるのは、幼少期からの付き合いあってのことだが、十二分に役得だと思っていた。  そんな彼女が今年から、俺の通う高校に入学する。  だが、そんな....
著者 : あざね
小説家になろう

男女比、1:30の世界。宝くじが当たったので、〈飼恋人(セフレ)〉を買った。

男女比がら1:30となった世界。 これ以上の人口減少を防ぐために政府が出した政策は【仮恋人(セフレ)】制度。一夫多妻が認められてない日本では正妻を持つ以外にも身体だけの関係、セフレが許された。 そしてもう一つの【飼恋人(セフレ)】 これ生活困難な女性が対象で言い方を悪くすれば奴隷。 これは、宝く....
著者 : 陽南ゆうい
小説家になろう

悪役転生者の生存戦略~ギャルゲーの悪役に転生してしまったので、主人公とヒロインをくっつけようとしてるだけなのに……頼むからお互いにもう少しだけ興味をもってくれ~

この作品は前作、HJ小説大賞2021一次審査通過作品、第9回ネット小説大賞一次選考通過作品である 『悪役転生者の生存戦略~ギャルゲーの悪役に転生してしまったので、主人公とヒロインの邪魔にならないように生きていこうとしているだけなのに……頼むから構わないでくれ、俺はまだ死にたくないんだ~』 こちらの続....
著者 : 高葉瑞穂
小説家になろう

氷魔法のアイス屋さんは、暑がり神官様のごひいきです。【2章・金土更新】

「君との婚約は破棄させてもらう。正直言って僕は君のような女性がタイプじゃないんだ」 ――ある日、庶民の娘アルメは、婚約者の浮気の現場に遭遇してしまった。そしてその場で婚約破棄をくらい、呆然として帰宅する……。 もう家族もいない一人ぼっちの自宅にて、改めて将来のことを考えた時、ふと思いついた。『氷魔法....
著者 : 天ノ瀬
小説家になろう

【二章突入】謝罪会見から始まるラブコメ!〜美少女アイドル(元同級生)に生放送で、突然プロポーズされた件。休業宣言してまで彼女がグイグイくる(家も隣かよ!)〜「何百万人に好かれても君だけの私だよ?」

小学生の頃に振られたと思っていたら、実は溺愛されていたらしいです、はい。 親に厄介払いされ貧乏を耐え抜いてきた学生生活、忘れたかった苦い過去が、 今ようやっと報われるお話。 ♢ ーー国民的アイドル・佐久杏子。 人気俳優との交際が噂されている彼女が、謝罪会見を開くという。 てっきり交際を認め....
著者 : たかたちひろ@「えっ能力なし〜」【書籍化!】
小説家になろう

王女殿下のモラトリアム

「君は彼の気持ちを弄んで、どういうつもりなんだ?!この悪女が!」 突然、怒鳴られたの。 見知らぬ男子生徒から。 それが余りにも突然で反応できなかったの。 この方、まさかと思うけど、わたくしに言ってるの? わたくし、アンネローゼ・フォン・ローリンゲン。花も恥じらう16歳。この国の王女よ。 先日、....
著者 : あとさん♪
タイトルとURLをコピーしました