日常の小説一覧

小説家になろう

Sランクパーティーを追放された鍛冶職人、世界最強へと至る ~暇になったおっさんは気晴らしに作ったチート武器で無双する~

ベルーガ国の第一王子で剣の達人、生まれながらのエリート勇者セフィーロ。 魔法学院を首席で卒業、セフィーロの親友であり百年に一人の天才魔導士ゾーン。 動かざること山の如し、無敵の盾の異名をほしいままにする重戦士ランドルフ。 女神の生まれ変わりと称えられる弱冠十五歳の才女、聖者マリア。 Sランクパーテ....
著者 : コー藤真
小説家になろう

隣の芝が青く見えた話

あたしは八百屋の看板娘ミリア。隣の領から薬を売りに来るハリスと結婚が決まったんだ。 平民だから勿論恋愛結婚だよ! 結婚でハリスが住む隣の領は移住したんだけど……。 ごくありふれた平民の生活を書いてみました。小さな出来事と気付きのお話です。 例によって例のごとく恋愛色は少なめです、箸休めにどうぞ。....
著者 : みずのとさやか
小説家になろう

ひとりぼっちの異世界放浪~一人でなんでも出来る俺は何でも出来すぎて失敗したので目立たないように生きようと努力しました。できればゆっくり美味しいものを食べて暮らしたい~

ずっと一人で黙々とザコ魔物狩りで暮らしていたユーリス。  彼は幼い頃から本人も知らぬ間に英才教育を受けたおかげで万能職と呼べるほどのとんでもない実力を持っていたが、一度その力のせいで失敗を経験した彼は今では人前ではうまく発揮できずにいた。  そのせいで他人からはFランクの雑魚専ユーリスと馬鹿にされる....
著者 : 長尾 隆生@水しか出ない神具3巻3月下旬発売
カクヨム

転校先の清楚可憐な美少女が、昔男子と思って一緒に遊んだ幼馴染だった件【web版】

再会した幼馴染は、清楚可憐な美少女になっていた。 「久しぶりですね、隼人」 「はるき、なのか?」 かつて田舎で一緒に泥だらけになって遊んでいた幼馴染と再会すれば、あの頃男と思っていたガキ大将然とした姿の面影はどこにもなく、誰もが振り返るような清楚可憐な大和撫子――というのは外向けの姿。隼人の前でだけ....
著者 : 雲雀湯
カクヨム

俺の転校先の学校の隣の席は完璧美少女元カノだったー嫉妬さえ失くしてくれたら本当に完璧美少女なのにー

家の都合で新しい学校に転校した俺は新しい学校生活にワクワクしていた。 でもいざ学校に行ってみると、隣の席は元カノだった。 それもただの元カノならいいんだけど、嫉妬が強すぎる! 「ねえ、なんで無視してたの?」 「いや、俺たち別れただろ?」 「別れてないよ?」 「・・・はい?」  嫉妬が強い元カノと送る....
著者 : 神月夜月
小説家になろう

ああ、課金してぇーー!!!~課金出来ないから現代ダンジョンでレベルを上げる~

ダンジョンが100年ほど前に世界各地に出現しその存在が当たり前となった世界。 ダンジョンの影響により現代日本とは様々な差異がある現代で、1人の少年はダンジョンへと潜る。 お金の為? No! 女の為? No! 権力、名声、全てNo! そう、全てはガチャの為。 デメリットスキル[無課金]を得てしまっ....
著者 : 甘井雨玉
小説家になろう

【本編完結】俺の天使は盲目でひきこもり【番外編更新中】

いきなり婚約破棄された俺に、代わりに与えられた婚約者は盲目の少女。 人形のような彼女に、普通の楽しみを知ってほしいな。 男主人公と、盲目の女の子のふわっとした恋愛小説で、ただひたすらあまーい雰囲気が続きます。 かわいくて尊い女の子を愛でたい方にオススメです。 婚約破棄スタートですが、ざまぁはた....
著者 : ことりとりとん
小説家になろう

幼馴染とイケメンに部活を追い出された元マネージャーの俺、落ち込んでたら学校一の美少女に声をかけられてクラブチームに連れていかれた件 ~部活の運営が面倒だから戻って来い?今更俺に頼ってきてももう遅い~

「お前、明日からもう部活に来んな」 高校二年の九月の初め、卓球部のマネージャーをしていた俺——天野 蓮は、部長である同級生の男に言い渡された。 理由は単純。マネージャーの俺が練習を指示していたのがウザいからだそうだ。 サボっていたならまだしも、マネージャーの仕事をこなしつつ、練習メニューを作れ....
著者 : ユウキ
小説家になろう

幼馴染とイケメンに部活を追い出された元マネージャーの俺、落ち込んでたら学校一の美少女に声をかけられてクラブチームに連れていかれた件 ~部活の運営が面倒だから戻って来い?今更俺に頼ってきてももう遅い~

「お前、明日からもう部活に来んな」 高校二年の九月の初め、卓球部のマネージャーをしていた俺——天野 蓮は、部長である同級生の男に言い渡された。 理由は単純。マネージャーの俺が練習を指示していたのがウザいからだそうだ。 サボっていたならまだしも、マネージャーの仕事をこなしつつ、練習メニューを作れ....
著者 : ユウキ
小説家になろう

幼馴染とイケメンに部活を追い出された元マネージャーの俺、落ち込んでたら学校一の美少女に声をかけられてクラブチームに連れていかれた件 ~部活の運営が面倒だから戻って来い?今更俺に頼ってきてももう遅い~

「お前、明日からもう部活に来んな」 高校二年の九月の初め、卓球部のマネージャーをしていた俺——天野 蓮は、部長である同級生の男に言い渡された。 理由は単純。マネージャーの俺が練習を指示していたのがウザいからだそうだ。 サボっていたならまだしも、マネージャーの仕事をこなしつつ、練習メニューを作れ....
著者 : ユウキ
タイトルとURLをコピーしました