時々シリアスの小説一覧

小説家になろう

聖女様は残業手当をご所望です ~王子はいらん、金をくれ~【Web版】

【完結】―これは守銭奴ココちゃん(※聖女です)が、あらゆる陰謀を殴り倒す物語 【2021/3/30 書籍版発売となります!】 【2020/10/16 第2回ファミ通文庫大賞 特別賞受賞!】  儚げな美貌と強大な聖魔法を持つ心優しき当代の聖女、ココ・スパイス十四歳。  ……という公式設定を隠れ蓑に、....
著者 : 山崎 響 / Spa-ox
ノベルアップ

ショタのスチームパンク恋愛喜劇

蒸気機関と錬金術を合わせたスチームパンク技術、【錬気術】の誕生により、剣と魔術による魔物退治の時代が終わってはや数年。 名門貴族のラッキーダスト侯爵家の次期当主、アダマス・フォン・ラッキーダスト(12)はミステリアスぶってはいるもの、内気で思春期真っ盛りな健全な男子であった。 そんな彼がある日「....
ノベルアップ

泣き虫王子と呪いの主

 ブレイブ王国の王子カームは、ひな鳥の鳴き声を聞く。  その声を追っていくと、倒れている人を見つけた。怪我をして、気を失っている。  その人物こそ”呪いの主”ルーインであった。  ルーインは絶大な力の持ち主で、ブレイブ王国を壊滅させる心づもりがある。  しかし、ひょんな事からカームはルーイン....
小説家になろう

続・王弟殿下のお茶くみ係 ~王弟妃は新レシピの考案に忙しいのです!~

 ついに王弟妃となったカリーナだが、相も変わらず殿下のお茶くみ係としてお菓子を作りつつ、次の新作を考える日々を送っていた。  その毎日は今までとは全く違うけれど、忙しいながらも充実していて。  大好きな殿下にこれでもかというほど愛されつつ、時に強引に迫られつつ、知らない間にお茶会の流行を生み出し....
著者 : 朝姫 夢
小説家になろう

王弟殿下のお茶くみ係

 孤児院育ちの少女が、ある日なぜか王弟殿下のお茶くみ係に――!?  真面目に暮らしていたのに…!ただ手作りのお菓子をシスターがお客様に出しただけなのに…!!なんで突然お城に連れてこられて、なんで王様の弟なんていう庶民とは正反対の位置にいる人の、しかもお茶くみ係なんてやらされることになったの!?!....
著者 : 朝姫 夢
小説家になろう

クラスで有名なカップルの彼女が浮気をしていた~でも……ちょっと様子が違うように見えるのは何なんだ?~

ある時街でクラスでも有名なカップルの彼女が浮気をしている場面を目撃した。ついでに彼氏もそれを目撃してしまいクラス中に広まる結果となった。 その日から彼女を見る周りの目は変わったが、あの真面目な彼女が浮気とはどうも思えなかった。周りは信じ込んだし何より彼女――上原自身が肯定したからもう浮気をしたとい....
著者 : みょん
小説家になろう

伯爵令嬢の幸せな結婚 〜運命の相手が囚人なんて聞いてません!〜

 神のお告げを聞くことができる、聖女ジャンヌ様。  そして、ジャンヌ様から運命の結婚相手を授かる行事、ジャンヌ・マリアージュ。  その年、十六歳となり成人を迎える二十人の才女のみがジャンヌ・マリアージュに参加できる。クィン・ファスタールもその内の一人だった。  クィンは、結婚がビジネスと考えられ、....
著者 : 冬月深亜
小説家になろう

ヒロイン?聖女?いいえ、オールワークスメイドです(誇)!

◆2020年3月10日。第1巻発売!◆異世界に一人の少女が転生した。そこは乙女ゲームの世界で、彼女はゲームのヒロイン、主人公だったのだが……★「世界を救う聖女が、ヒロインが現れないんですけど! 魔王、復活するんですけど!?」★ゲームのシナリオが始まってもヒロインが現れることはなかった……「乙女ゲーム....
著者 : あてきち
小説家になろう

最弱聖女と呼ばれていたので、引退して夢だった魔女ライフのため弟子入りしたら、無限大の魔力に目覚めていた

 神に代わってその力を行使する存在、『聖女』。そんな聖女に選ばれたシリカは、しかしいつまでたってもかすり傷程度しか治せず、歴代最弱の聖女とまで呼ばれていた。そして、十七歳の時に、聖女に相応しくないということで、聖女の力を別の少女に譲渡し、引退したのだった。 能力も地位も何もかもを失ったシリカ。けれど....
著者 : 新嶋紀陽
小説家になろう

最弱聖女と呼ばれていたので、引退して夢だった魔女ライフのため弟子入りしたら、無限大の魔力に目覚めていた

 神に代わってその力を行使する存在、『聖女』。そんな聖女に選ばれたシリカは、しかしいつまでたってもかすり傷程度しか治せず、歴代最弱の聖女とまで呼ばれていた。そして、十七歳の時に、聖女に相応しくないということで、聖女の力を別の少女に譲渡し、引退したのだった。 能力も地位も何もかもを失ったシリカ。けれど....
著者 : 新嶋紀陽
タイトルとURLをコピーしました