最弱から最強の小説一覧

エブリスタ

【最弱装備でサクセス!】〜どうのつるぎとかわの防具しか買えなかった俺だけどセットスキル【レアリティ777】の効果が凄すぎて伝説の戦士になってしまった。お陰で変態エルフやロリっ子に好かれて大変です〜

 これは一人の冒険者を目指す元農民が伝説の戦士になるまでのサクセスストーリーである……。 「くそ! スライム強すぎるだろ!」  そこは、始まりの町アリ○○ンの近くの草原。  そこでスライムと激闘を繰り広げているのは、みすぼらしい装備をした一人の元農民だった……。  彼の名前はサクセス。  田....
著者 : 君ちゃん
小説家になろう

技巧貸与<スキル・レンダー>のとりかえし ~トイチって最初に言いましたよね?~

<第1部完> ユニークスキル【技巧貸与】を持つマージ・シウは、的確なスキルを習得して仲間に貸し出すことで長年S級パーティに貢献していた。しかし仲間たちは自力で戦えないマージをお荷物扱いし、ダンジョン最奥に追放してしまう。 「いいのか? 俺がいなくなったら皆のスキルは」 「無能を抱えてるのは借金と同....
著者 : 黄波戸井ショウリ
小説家になろう

デーモンロードの凱旋 ~超難易度迷宮で悪魔と契約した俺だけレベル上げ放題でステータスオールS。俺を無能と蔑み、殺そうとしたお前らを許す気はない、上位悪魔の軍勢とステータスの暴力で死ぬが良い~

監獄迷宮パンデモニウム――それは迷宮都市の地下に広がる迷宮であり、総階層は未だ不明。迷宮は1日ごとに形を変えると言われ、更に中ではレベルやステータスといった、外界にはない【法則】が全てを左右していた。 何よりも、迷宮内で上がったレベルも上昇したステータスも、迷宮からを一歩出ると――全てリセットされ....
著者 : 虎戸リア
小説家になろう

技巧貸与<スキル・レンダー>のとりかえし ~裏切りパーティからの利息で最強&自由に生きることにします。トイチって最初に言いましたよね?~

ユニークスキル【技巧貸与】を持つマージ・シウは、的確なスキルを習得して仲間に貸し出すことで長年S級パーティに貢献していた。しかし仲間たちは自力で戦えないマージをお荷物扱いし、ついにはどれが借りたスキルかも忘れてダンジョン最奥に追放してしまう。 「いいのか? 俺がいなくなったら皆のスキルは」 「無能....
著者 : 黄波戸井ショウリ
小説家になろう

Sランクパーティから解雇された【呪具師】~『呪いのアイテム』しか作れませんが、その性能はアーティファクト級なり……!

 【呪具師】のゲイルは、使い捨てのデバフアイテム『呪具』の制作担当であった。  しかし、呪具を作るだけで、大して貢献していないといわれ、パーティがSランクに昇格したと同時に無一文で追い出される。    しかし、元のパーティは理解していなかった。  【呪具師】を極めたゲイルの作る『呪具』は、そこら....
著者 : LA軍
小説家になろう

【短編】技巧貸与<スキル・レンダー>のとりかえし ~裏切りパーティからの利息で自由に生きることにします。トイチって最初に言いましたよね?~

【連載版始めてみました】 https://ncode.syosetu.com/n2060gt/ ユニークスキル【技巧貸与】を持つマージ・シウは、的確なスキルを習得して仲間に貸し出すことで長年S級パーティに貢献していた。しかし仲間たちは自力で戦えないマージをお荷物扱いし、ついにはどれが借りたスキルだ....
著者 : 黄波戸井ショウリ
小説家になろう

ダメスキル【自動機能】が覚醒しました〜あれ、ギルドのスカウトの皆さん、俺を「いらない」って言ってませんでした?

 親に先立たれ、義理の妹と暮らす冒険者のクラウスは、15歳の時に【自動機能(オートモード)】というユニークスキルを手に入れたが……。  当初は、希少なスキルとして持て囃されたのに、使ってみれば……とんだ外れスキルだと判明し、あれほどクラウスを褒めたたえたギルドや騎士団のスカウトは手のひら返し。 ....
著者 : LA軍
小説家になろう

凶運ギフト~ガチャ運が【0】と判定されてしまい国外追放されることになったが、LRの呪いをかけられた2度目の人生で世界を変えるために最強の領土を手に入れる〜

 アーサーは能力判定ガチャから自分自身の手で無能になってしまうカードを引いてしまった。  それ以降50年間、つるはしを振るうだけの何のスキルも必要のない帝国のノマ州で鉱夫として生きてきた。  彼には一切の才能が無かったが、養母の教えにより周囲への優しさを忘れずに笑顔を絶やさないようにしてきた。しか....
著者 : 陽和
小説家になろう

武器修理屋とバカにされてパーティ追放された剣士。地味な【接着スキル】は実は支援も物理も最強でした 〜武器は強くなるし、空は飛ぶし、色々使えて、挙げ句の果てに史上最強の魔剣を復活させてしまった

【ハイファン日間8位ありがとうございます!】 「お金も貯まったし、新しくて強い武器を買ったから、もうお前は不要だ」  剣士のアディは、ある日突然リーダーにそう言われた。 他のメンバーは瞬く間に強くなったのに、彼だけは剣士としてまったく成長がなく、パーティを追放された。  アディには【接着】とい....
著者 : 波瀾 紡
小説家になろう

【さびついた剣】を試しに強化してみたら、とんでもない魔剣に化けました

この世界では12歳になると、神から『神器』と呼ばれる特別な武器を授けてもらえる。 辺境の村に住んでいる少年ラストは、幼馴染のルビィと共に冒険者になることを夢に見ていた。そして『神器』を授けてもらえる『祝福の儀』を受け、ルビィは最高位のAランクの神器を授かったが、ラストはFランクのボロボロの【さびつい....
著者 : 万野みずき
タイトルとURLをコピーしました