歴史改変の小説一覧

小説家になろう

津田信澄転生記 未来を知って織田家を守る。

天正10年6月、織田信長の甥で側近で絶大な信頼を得ていた津田信澄は嫉妬していた織田信孝に襲われ本能寺の変の土壇場の中で戦国一哀れな死に方で短い生涯を終えた。 そんな信澄はあの世で曾孫から織田家の未来を聞かされもう一度人生をやり直すように頼まれる。 これは信澄が織田家を守り抜くために奔走するお話である....
著者 : 三p
小説家になろう

北政所様の御化粧係〜せっかく戦国SSSランクの約束された勝ち組大名の愛娘に転生したんだから、薔薇色人生を楽しんだっていいよね?ってことで、美容オタクな私は親のお金とコネで趣味に生きることにしました〜

【旧タイトル】 北政所様の御化粧係〜せっかく勝ち組戦国大名の愛娘に転生したんだから、美容オタクな私は趣味と薔薇色人生を満喫することにしました〜 ※タイトル元に戻しました。 乱世の功名が辻を駆け抜け、土佐一国二十万石の大名となった山内一豊とその妻・千代。 彼らの一人娘である与祢姫の中身と入れ替わった....
著者 : 笹倉のり
小説家になろう

北政所様の御化粧係〜せっかく勝ち組戦国大名の愛娘に転生したんだから、美容オタクな私は趣味と薔薇色人生を満喫することにしました〜

【旧タイトル】北政所様の御化粧係〜せっかく戦国SSSランクの約束された勝ち組大名の愛娘に転生したんだから、薔薇色人生を楽しんだっていいよね?ってことで、美容オタクな私は親の金とコネで趣味に生きることにしました〜 ※試験的にタイトルを変えてみています。 乱世の功名が辻を駆け抜け、土佐一国二十万石の大....
著者 : 笹倉のり
小説家になろう

北政所様の御化粧係〜せっかく勝ち組戦国大名の愛娘に転生したんだから、美容と仕事と薔薇色人生を満喫することにしました〜

【旧タイトル】北政所様の御化粧係〜せっかく戦国SSSランクの約束された勝ち組大名の愛娘に転生したんだから、薔薇色人生を楽しんだっていいよね?ってことで、美容オタクな私は親の金とコネで趣味に生きることにしました〜 ※試験的にタイトルを変えてみています。 乱世の功名が辻を駆け抜け、土佐一国二十万石の大....
著者 : 笹倉のり
小説家になろう

(仮)戦国生存記

毎日警備員の仕事をし休日は昔から通っている道場で武術や護身術を学び、家に帰っては戦国ゲームや読書をする。 そんな日々を送っていた三十歳独身の武夫は気が付けば、赤子になっていた。 それなりに偉い家柄のようだったので「なるようになればいいか..」思っていたがここが戦国の世、そして将来、自分は滅ぼされて追....
著者 : 現実逃避
小説家になろう

北政所様の御化粧係〜せっかく戦国SSSランクの約束された勝ち組大名の愛娘に転生したんだから、薔薇色人生を楽しんだっていいよね?ってことで、美容オタクな私は親の金とコネで趣味に生きることにしました〜

乱世の功名が辻を駆け抜け、土佐一国二十万石の大名となった山内一豊とその妻・千代。 彼らの一人娘である与祢姫の中身と入れ替わったのは、二十一世紀を生きていたアラサー美容オタク女子(化粧品メーカー勤務・研究職)の"私"だった。 転生先は戦国最高SSSランクの約束された勝ち組大名の愛娘。 なんて幸運なんだ....
著者 : 笹倉のり
小説家になろう

不覚人を返上いたし候 ~うつけの子は大たわけ~北畠中将奇譚(仮)

 現代(令和)から戦国時代の赤子に転生したのは、薬丸自顕流を学び大河時代劇『太平記』で美少女アイドル・後藤田久美が演じた北畠顕家に目が釘付けになって以来、若くして世を去った悲劇の武将・北畠顕家に尊敬の念を抱く、“おっさん”だった。  そんなおっさんが転生した赤子は、戦国の覇王《うつけ》織田信長の命で....
著者 : 泣き虫黒鬼
小説家になろう

鷹は瑞穂の空を飛ぶ~プラスチックの専門家が華族の娘に転生したので日本は化学立国になります~

<2021/1/13 歴史[文芸]ジャンルランキング 日間1位、週間1位、月間2位!ありがとうございます!>  明治34年、五摂家の1つである鷹司家の末娘、耀子は、わずか4歳にして薬液から白い糸を合成する方法を発明する。この糸は史実では「66ナイロン」と呼ばれ、アメリカで発見されるはずの物質でできて....
著者 : コモンレール
小説家になろう

長政記~戦国に転移し、家族のために歴史に抗う

 気が付いたら野良田の戦いで戦死した浅井長政に転移していた。このままでは浅井家は織田家に呑み込まれ、自分は討ち死にして、お市にも三姉妹にも苦労をさせてしまう。何とかして急速に領土を拡大する織田家に負けないよう勢力を伸ばし、生き残らねば。  歴史が趣味だったおじさんが戦国に転移し、家族のために奮闘する....
著者 : 象三
カクヨム

科学チートで江戸大改革! 俺は田沼意次のブレーンで現代と江戸を行ったり来たり

天明六年(1786年)五月一五日―― 失脚の瀬戸際にあった田沼意次が祈祷を行った。 その願いが「大元帥明王」に届く。 結果、21世紀の現代に住む俺は江戸時代に召喚された。 俺は、江戸時代と現代を自由に行き来できるスキルをもらった。 その力で田沼意次の政治を助けるのが俺の役目となった。 しかも、それで....
著者 : 中七七三/垢のついた夜食
タイトルとURLをコピーしました