残酷な描写ありの小説一覧

小説家になろう

灰色のラグナロク~神の試練を超えてステータスが見えるようになった俺は、最強溢れる現代を最弱魔力から駆け上がる~

旧タイトル:最弱魔力の神眼無双~試練を乗り越えて手に入れたのは神の目だった。ステータスが見えるようになった俺は、世界最速で成長する~ ※カクヨム先行掲載(3,4話進んでます!) URL:https://kakuyomu.jp/works/16817139558473241136 タイトル:灰の世....
著者 : KAZU
小説家になろう

【連載版】「僕は侯爵家の養子だが、弟は自分が平民であることを知っているのだろうか?」

※連載版を始めました。 侯爵家の跡継ぎだった父が子爵家の令嬢であった母と駆け落ちし、生まれたのが僕だ。 両親は駆け落ちしたときにそれぞれの実家から勘当されたので平民だ。 僕は跡取りのいなくなった祖父の養子に入ったので貴族だが、両親と弟は平民のままだ。 両親と弟は祖父の情けで侯爵家の離れに住まわ....
著者 : 九頭竜坂まほろん
小説家になろう

私はそこにあるものを、見なかったことにしたはずだった

 とある国の、花も恥じらう乙女と言われる年代の私は、学園に通う伯爵家の娘の一人だ。  私が人と違うことの一つは、領地が水害続きで家が貧乏であること。もう一つは、八歳になった感謝を神様にお伝えするこの国伝統の礼拝のときに、神様から加護を授かったことだ。  神様からの加護は、数年に一人授かることが出....
著者 : 海堂 岬
小説家になろう

【完結】バッドエンド確定なので死亡偽装&亡命したら攻略キャラが壊れたそうです~悪役令嬢はオネエ系魔王と悠々自適を満喫します~

「エステル、君とは結婚できない。僕は──真実の愛に目覚めてしまった!」 (うわぁ……。公衆の面前で礼節と品格に欠ける行動を王子が本当に言うのかと思ったけれど、一字一句間違いなく言い切ったわ、この馬鹿王子)  悪役令嬢のエステルは、転生者であり乙女ゲーム《歌姫の終幕の夜が明けるまで》通称《ウタアケ》....
著者 : あさぎ かな@電子書籍化
小説家になろう

【連載版】「僕は侯爵家の養子だが、弟は自分が平民であることを知っているのだろうか?」

※連載版を始めました。 侯爵家の跡継ぎだった父が子爵家の令嬢であった母と駆け落ちし、生まれたのが僕だ。 両親は駆け落ちしたときにそれぞれの実家から勘当されたので平民だ。 僕は跡取りのいなくなった祖父の養子に入ったので貴族だが、両親と弟は平民のままだ。 両親と弟は祖父の情けで侯爵家の離れに住まわ....
著者 : 九頭竜坂まほろん
小説家になろう

私はそこにあるものを、見なかったことにしたはずだった

 とある国の、花も恥じらう乙女と言われる年代の私は、学園に通う伯爵家の娘の一人だ。  私が人と違うことの一つは、領地が水害続きで家が貧乏であること。もう一つは、八歳になった感謝を神様にお伝えするこの国伝統の礼拝のときに、神様から加護を授かったことだ。  神様からの加護は、数年に一人授かることが出....
著者 : 海堂 岬
小説家になろう

【書籍化】アルマーク ~北の剣、南の杖~

旧タイトル:北の傭兵の息子が南の魔法学院に入学する話。 戦乱の絶えない北の大地で傭兵団の一員として生きてきた少年アルマークが、父との約束に従って平和な南の魔法学院に入学します。 長い旅の末にたどり着いた学院での生活は、今まで自分がいた世界とは全く異質なものでした。 そのあまりのギャップに、アルマー....
著者 : やまだのぼる
小説家になろう

妹が聖女の再来と呼ばれているようです

ダンジョンのある辺境の地で回復術士として働いていたけど、父に呼び戻されてモンテリーノ学校に入学した。そこには、私の婚約者であるファルター殿下と、腹違いの妹であるピーアがいたんだけど。 「マレン・メクレンブルク! 貴様とは婚約破棄する!」  どうやらファルター殿下は、"低能"と呼ば....
著者 : 田尾風香
小説家になろう

灰の世界は『神の眼』で彩づく~俺だけ見えるステータスで、最強溢れる現代世界をひっくり返す~

旧タイトル:最弱魔力の神眼無双~試練を乗り越えて手に入れたのは神の目だった。ステータスが見えるようになった俺は、世界最速で成長する~ ※カクヨム先行掲載(3,4話進んでます!) URL:https://kakuyomu.jp/works/16817139558473241136 タイトル:灰の世....
著者 : KAZU
小説家になろう

用済みで殺されかけた魔女が幸せを掴んでのんびり暮らすまで〜全属性魔法を使いこなし、王様の不治の病を治したら重宝されました〜

ソフィアは小さいころは露頭に迷っていたが、伯爵家当主に拾われて使用人として雇われた。 だが、それは当主の悪巧みで、ソフィアを利用して地位と評判を上げるつもりだった。 ソフィアへの扱いは残酷で、休みもなく毎日使用人として働かされる日々。 ある日、伯爵当主はソフィアに縁談を命ずる。 これも悪巧みの一つ....
著者 : よどら文鳥
タイトルとURLをコピーしました