甘々の小説一覧

小説家になろう

【短編】氷の令嬢はさえない婚約者を離さない「あなたの前でだけ笑えるのです」

「ずっとそばにいて」氷の令嬢と呼ばれるコーレリア侯爵令嬢が、さえない男爵の三男と婚約した。王都一の美貌を誇り、決して笑わないコーレリアは、さえない婚約者の前でだけ輝く笑顔を見せる。氷の令嬢に囲い込まれる男爵の三男には一体どんな秘密があるのやら……。今宵、夜会でその秘密が明かされる。....
著者 : M
小説家になろう

義弟だとわかったので距離を取ろうとしてるのに義姉がぐいぐいくる

大好きな姉に臆面もなく甘えていたけど、義弟だった事が判明。やらかしてた事に恥ずかしくなり顔を合わせることすら出来ないのに、知ってか知らずかグイグイと迫ってくる。僕の理性がもたないよ、誰か助けて!!....
著者 : 青空のら
小説家になろう

【短編】婚約破棄?「喜んで!」食い気味に答えたら陛下に泣きつかれたけど、知らんがな

「タリーシャ・オーデリンド、そなたとの婚約を破棄す」「喜んで!」 タリーシャが食い気味で答えると、あと一歩で間に合わなかった陛下が、会場の入口で「ああー」と言いながら膝から崩れ落ちた。田舎領地で育ったタリーシャ子爵令嬢が、ヴィシャール第一王子殿下の婚約者に決まったとき、王国は揺れた。王子は荒ぶった。....
著者 : M
小説家になろう

【書籍化】捨てられた妃 めでたく離縁が成立したので出ていったら、竜国の王太子からの溺愛が待っていました

★ベリーズファンタジーから発売中です!★  伯爵令嬢ロザリア・スレイドは天才魔道具開発者として、王太子であるウィルバートの婚約者に抜擢された。  しかし初対面から「地味で華がない」と冷たくあしらわれ、男爵令嬢のボニータを恋人として扱うようになってしまう。  それでも婚約は解消されることはなく結婚....
著者 : 里海慧@捨てられた妃発売中★
小説家になろう

【短編】婚約破棄されるその前に「こっちから破棄してやりますわ、だって悪役令嬢ですもの」

「アーリンゲ第一王子殿下、あなたとの婚約を破棄する」公爵家令嬢アーデルハイドは、学園の入学式の日、舞踏会の場でそう王子に告げた。悪役令嬢の記憶をもつアーデルハイドは、六年後の卒業イベントで婚約破棄をされる前に、自ら婚約破棄をしてやる。そう決意していたのだ。若き生徒たちが見守る中、世紀の逆婚約破棄イベ....
著者 : M
小説家になろう

捨てられた妃 めでたく離縁が成立したので出ていったら、竜国の王太子からの溺愛が待っていました

★ベリーズファンタジーから発売中です!★  伯爵令嬢ロザリア・スレイドは天才魔道具開発者として、王太子であるウィルバートの婚約者に抜擢された。  しかし初対面から「地味で華がない」と冷たくあしらわれ、男爵令嬢のボニータを恋人として扱うようになってしまう。  それでも婚約は解消されることはなく結婚....
著者 : 里海 慧@捨てられた妃発売中★
小説家になろう

婚約破棄された聖女の、それから先は。

王太子から婚約破棄を告げられ、「傾国の魔女」のレッテルを貼られた聖女、ルーナ・フィストローネ。そのレッテルや王太子の根回しのせいで家族にも会えず、国外にも行けず、修道院にも入れないルーナは、それでも辺境の小さな町に身を寄せて薬師として懸命に生きていた。そんな生活の矢先、出会ったのは死んだと思われてい....
著者 : 弥生 真
小説家になろう

【寝取ら令嬢】は【氷の騎士団長】を飼い始める〜婚約破棄直後に拾った呪いの首輪で、初恋の美形騎士団長と繋がってしまいました!! そんな美声で【ご主人様】だなんて言わないでぇぇ!!〜

【──フェリシア、愛しています。私の……私だけの可愛い【ご主人様】──】 妙なところで男らしさを発揮する伯爵令嬢×クールなはずの騎士団長!! 「フェリシア・グラスバート!! お前との婚約を破棄する!!」 結婚式を1ヶ月に控えた卒業パーティーの直前、フェリシアは全裸で睦み合う自分の婚約者ラッセルと....
著者 : 景華
小説家になろう

完璧を強いられていた公爵令嬢が、愛されて幸せを感じるまでのお話。

「僕の婚約者なんだから、完璧なお妃様じゃないといけないよ」 常に王太子からそう言われ続け、血の滲むような努力をしてきた公爵令嬢、ライラ・シュバリエ。少しでも失敗すれば叱責される事に怯えながら過ごす毎日。 そんな中、彼女の心の支えとなっていたのは、王太子の双子の弟である第二王子の励ましの言葉。 「僕は....
著者 : 弥生 真
小説家になろう

氷結姫は隣国皇太子の笑みに溶かされる~婚約破棄されたと思ったら隣国の俺様系皇太子が溺愛系でぐいぐい来るんですけど~

「アリシア・アイオライト辺境伯令嬢。貴女との婚約は破棄させていただく!」  『氷結姫』『鉄面皮』『冷血令嬢』。  王族に嫁ぐ者として、むやみやたらと感情を表に出さないように我慢していたアリシアは、パーティーの会場にて当の許嫁から婚約破棄を宣告されてしまう。  その様子をみていた隣国ポセイダリスの....
著者 : 吉武 止少
タイトルとURLをコピーしました