異世界転移の小説一覧

小説家になろう

洗脳付きでスタートする 2周目異世界召喚【完結】

死に戻りした召喚者シオンが、日本で事前準備をして、2周目の異世界にリベンジする話……なのだが、不幸なことに、彼は1周目で、すっかりイタい方向に洗脳されてしまっていた。 しかも、彼自身は洗脳されていることに全く気が付かない。 周囲がそのヤバイ状況に気付き、必死に気付かせようとするのだが……。 洗脳は....
著者 : 優木凛々
小説家になろう

魔物をペット化する能力が目覚めたので、騎士団でスローライフします

普通の疲れた会社員。異世界転移した先にいたのは、巨大なドラゴン。 そのドラゴンに手をかざしたら、デフォルメされたかわいい姿に変化し、なついてきて―― 「なるほど、わかった。私は魔物をペットにできる」 そのとき偶然助けた、騎士団長に拾われて、生きることに。 が、時を同じくして、もう一人少女が異世界転移....
著者 : しっぽタヌキ
小説家になろう

異世界をフリマスキルで生き延びます。~いいね☆を集めてお手軽スキルゲット~

会社員 稲村和泉(いなむらいずみ)はある日突然異世界に転移した。 素っ裸で森をさまよい精神と肉体の限界が近づいた彼は「ツクモガミ」というスキルを持っていることに気づく。それは日本のフリマサイトから商品を自由に売買できるスキルだった。 ツクモガミで薬草を売り、パンと服を買い、なんとか危機を乗り越え....
著者 : 深見おしお
小説家になろう

家政魔導士の異世界生活~冒険中の家政婦業承ります!~

A級冒険者のアレクは長旅から帰還し、久々に古巣のギルドを訪ねた。ちょっと挨拶するだけのつもりが、面倒な依頼とともに家政魔導士という謎の肩書を名乗る黒髪の女を押し付けられて困惑。 しかしシオリというその女は奇抜な魔法の使い方で、温かい風呂に旨い飯、寝心地の良い寝床と、野営にあるまじき快適過ぎる環境を提....
著者 : 文庫 妖
小説家になろう

魔物をペット化する能力が目覚めたので、騎士団でスローライフします

普通の疲れた会社員。異世界転移した先にいたのは、巨大なドラゴン。 そのドラゴンに手をかざしたら、デフォルメされたかわいい姿に変化し、なついてきて―― 「なるほど、わかった。私は魔物をペットにできる」 そのとき偶然助けた、騎士団長に拾われて、生きることに。 が、時を同じくして、もう一人少女が異世界転移....
著者 : しっぽタヌキ
小説家になろう

魔物をペット化する能力が目覚めたので、騎士団でスローライフします

普通の疲れた会社員。異世界転移した先にいたのは、巨大なドラゴン。 そのドラゴンに手をかざしたら、デフォルメされたかわいい姿に変化し、なついてきて―― 「なるほど、わかった。私は魔物をペットにできる」 そのとき偶然助けた、騎士団長に拾われて、生きることに。 が、時を同じくして、もう一人少女が異世界転移....
著者 : しっぽタヌキ
小説家になろう

魔物をペット化する能力が目覚めたので、騎士団でスローライフします

普通の疲れた会社員。異世界転移した先にいたのは、巨大なドラゴン。 そのドラゴンに手をかざしたら、デフォルメされたかわいい姿に変化し、なついてきて―― 「なるほど、わかった。私は魔物をペットにできる」 そのとき偶然助けた、騎士団長に拾われて、生きることに。 が、時を同じくして、もう一人少女が異世界転移....
著者 : しっぽタヌキ
小説家になろう

魔物をペット化する能力が目覚めたので、騎士団でスローライフします

普通の疲れた会社員。異世界転移した先にいたのは、巨大なドラゴン。 そのドラゴンに手をかざしたら、デフォルメされたかわいい姿に変化し、なついてきて―― 「なるほど、わかった。私は魔物をペットにできる」 そのとき偶然助けた、騎士団長に拾われて、生きることに。 が、時を同じくして、もう一人少女が異世界転移....
著者 : しっぽタヌキ
小説家になろう

魔物をペット化する能力が目覚めたので、騎士団でスローライフします

普通の疲れた会社員。異世界転移した先にいたのは、巨大なドラゴン。 そのドラゴンに手をかざしたら、デフォルメされたかわいい姿に変化し、なついてきて―― 「なるほど、わかった。私は魔物をペットにできる」 そのとき偶然助けた、騎士団長に拾われて、生きることに。 が、時を同じくして、もう一人少女が異世界転移....
著者 : しっぽタヌキ
小説家になろう

おでん屋春子婆さんの偏屈異世界珍道中

 春子は偏屈な年寄りの、おでん屋台店主である。  酒は一人2合まで、銘柄は一つ。  冷ならそのまま、燗なら徳利に入れてとことこと温める。  おでんのほかは梅干の入った白ご飯にごま塩をまぶした握り飯と、甘い稲荷。 日によっておでん以外にも日替わりで一品つまみを追加することもある。 4人も座ればい....
著者 : 紺染 幸
タイトルとURLをコピーしました