白い結婚の小説一覧

小説家になろう

初夜を迎えず戦地に行って亡くなった夫の子供が送られてきた

結婚式が終わったのと同時に戦争が起こったと連絡が入り、夫は戦地へと赴いた。 長い戦争の間に夫は戦場で誰かを妊娠させ、男の子が生まれた。 とてもではないが育てられないと義父母に子供を渡して、白い結婚の申立をして婚姻無効になった。 子供が二歳になる頃には義父母が亡くなってしまい、王命で残された子供を育て....
著者 : 瀬崎遊
小説家になろう

離婚って、こちらからも出来るって知ってました?

 元商人であった父が、お金で貴族の身分を手に入れた。  私というコマを、貴族と結婚させることによって。  でもそれは酷い結婚生活の始まりでしかなかった。  悪態をつく姑。  私を妻と扱わない夫。  夫には離れに囲った愛人がおり、その愛人を溺愛していたため、私たちは白い結婚だった。  それでも私....
著者 : 美杉。節約令嬢、書籍化進行ちゅ
小説家になろう

貴方の愛は誰のもの?記憶をなくした私は消えようと思います

ある日ウィステリアは見知らぬ部屋で目を覚ました。三十歳くらいの優しそうなメイド服の女性が奥様お気づきになられたのですねと言って涙を見せたが、その人の事が分からなかった。自分の事も何一つ覚えていなかった。 自分の日記により結婚が初夜から置き去りにされた酷いものだと知ったことでウィステリアは行動を起こす....
著者 : もも
小説家になろう

【連載】国が滅ぼされる原因となる男のモブ妻ですが、死にたくないので離縁します!~離縁したらなぜか隣国の皇太子に愛されました~

【連載版始めました!】 夫と王女の浮気現場を目撃した私は、その衝撃で前世の記憶を思い出した。どうやら私は小説の最初の最初に出てくる一国を滅ぼす原因となる男(夫)の妻に転生してしまったようだ。名もなきモブ妻は夫の連座となり処刑される運命… (そんなのやってられるか!) なんとか死の運命から逃れる....
著者 : Na20
小説家になろう

君を愛する事は無い、と言ったら、構いません、と返って来た件について

ギルフォード・クレイマンは愛する人との婚約を喜んでいたが、婚約者には想い人があると聞かされていた。そこで、彼は愛する人に自分が差し出せる愛の言葉を差し出した。 「君を愛する事は無い」 だから、白い結婚で二年後には離縁しようと。 https://ncode.syosetu.com/n6735iz/ 「....
著者 : 蔵前
小説家になろう

国が滅ぼされる原因となる男のモブ妻ですが、死にたくないので離縁します!

夫と王女の浮気現場を目撃した私は、その衝撃で前世の記憶を思い出した。どうやら私は小説の最初の最初に出てくる一国を滅ぼす原因となる男(夫)の妻に転生してしまったようだ。名もなきモブ妻は夫の連座となり処刑される運命… (そんなのやってられるか!) なんとか死の運命から逃れるために、王女の婚約者であ....
著者 : Na20
小説家になろう

白い結婚を申し込まれた令嬢が冷静に補償を要求するお話

「僕には愛する人がいる。君のことを愛することはできない。今回の婚姻は、白い結婚とさせてくれないか」 「それは契約違反です」 「け、契約違反だって?」 「そちらの都合で契約内容を変更するのですから、こちらには正当な補償を要求する権利があります」 初夜の寝室で『白い結婚』の申し出が告げられた。 しかし....
著者 : 外町 アキフミ
小説家になろう

王命で結婚した旦那様。あなたなんて、嫌いです。

*本文に入る前に《注意事項》をお読みください。 私、コーデリア・アドラムが王命で結婚することになった旦那様――セドリック・ダルトン様には、他に愛する方がいます。それはわかっていたから良いのですが、ただでさえ惨めな結婚だというのにわざわざ初夜の前にそれをあらためて宣言するのはいかがなものかと思いませ....
著者 : 星河雷雨
小説家になろう

すまない。私は真実の愛に巡り合ってしまったんだ。君とは白い結婚になる。

婚約者候補の侯爵令息が題名の台詞を見合いの場でのたまった。 さて二人はどうなるか?公爵令嬢は耐えて受け入れるか?侯爵令息の真実の愛の行方は? と真面目な出だしですが、実はコメディ風味に話は進みます。 話が進むといろんな人物が出てきます。 その人達に揉まれての主人公の成長を見てやってください。 アルフ....
著者 : ぐぅ
小説家になろう

【連載版】お前を愛することはない、だと?

拙作短編「お前を愛することはない、だと?」の続編です! アシュバートン王国の王妃の座を円満に辞して、晴れて自由の身となったロザリア。彼女は外国に赴任している外交官テオドロスと再会し、想いを確かめ合って再婚する。外交官夫人となったロザリアは夫にべたべたに溺愛されながら、いつものように古書店に赴き知的好....
著者 : 林檎