美少女の小説一覧

カクヨム

想いを寄せる幼馴染はノーバージン想いを寄せてくる美少女はイェスバージン

俺の名前は白石秋先月から高校2年生だ 俺には密かに想いを寄せている幼馴染がいる名前は北条飛鳥、家のマンションの隣に住んでいるもう10年以上の付き合いだ。 飛鳥の事を女の子として好きだと感じたのは高校に上がる少しまえ、高校生活は飛鳥とのイチャラブ生活が待っていると思っていたしそうなると思っていたが… ....
著者 : 一風井
カクヨム

クラスで1番可愛くて天才の彼女が手段を選ばずグイグイ俺を攻略してくるんだけど、せめて手段は選べと言いたい

夏休みの終わりに、ヤバい連中に連れ去れそうになっているクラスの女子を助けた。そして多分惚れられた。 確かに可愛い。クラス1、校内1だと言うのもうなずける。普通これほどの美貌の持ち主に惚れられたら嬉しいしかないはずだ。 だが俺は、頭のネジがぶっ飛んでいるこいつに惚れられると言うことを、甘く考えすぎてい....
著者 : 逢坂こひる
カクヨム

マッサージをするとなぜか顔を真っ赤にさせて身悶える美少女に、ものすごく懐かれてます

脚を痛めた美少女、香月さんのマッサージをしたら急にぐいぐい距離を縮めてきた。 よほどマッサージが効いたのだろう。 身体が良くなるまでリハビリに付き合う代わりに、一人暮らしをする俺の掃除や食事の世話をしてくれることに。 クラスメイトにはバレないように秘密の交流を続ける。 ただ遠巻きに鑑賞するだけだった....
著者 : 鹿ノ倉いるか
小説家になろう

ガチMMO廃の俺、知識チートで無双する ~最速レベリング、格上狩り、隠しジョブ、何でも知っている俺を新人冒険者だと舐めて後悔したところでもう遅い、Lv1から最強冒険者へと成り上がる~【毎日更新】

 知識チートで無双します※自作MAP有りシリアス無しハーレム有り主人公サイド無敗。現実と行き来できるはずの電脳世界に突然閉じ込められてしまった主人公が冒険します! 高速レベリング、エンチャ爆死、狩場対立、隠しジョブなどなど、これでもかというくらいにMMO要素を盛り込みたいと思います。もちろんMMOが....
著者 : ぶらっくそーど
小説家になろう

ガチMMO廃の俺、VR世界で無双する ~最速レベリング、格上狩り、隠しジョブ、何でも知っている俺を新人冒険者だと舐めて後悔したところでもう遅い、Lv1から最強冒険者へと成り上がる~【毎日更新】

 知識チートで無双します※自作MAP有りシリアス無しハーレム有り主人公サイド無敗。現実と行き来できるはずの電脳世界に突然閉じ込められてしまった主人公が冒険します! 高速レベリング、エンチャ爆死、狩場対立、隠しジョブなどなど、これでもかというくらいにMMO要素を盛り込みたいと思います。もちろんMMOが....
著者 : ぶらっくそーど
小説家になろう

俺を二度も追放したクランリーダーが、頼むから戻ってくれと頭を下げてきたけど今更遅い。俺は激レア天賦「軍師」で新たな仲間(美少女)たちを一流冒険者に育て上げる。だって、危なっかしくてほっとけないし。

同じクランを二度もクビになったライオネルは、失意のまま冒険者ギルドを訪れていた。 二回クビはさすがにちょっと珍しいだろう。 判ってる。世話焼きの性格が災いしているのだ。 自分は冒険者に向いていないかもしれない。いっそやめてしまおうかと思っていたとき、困っている美少女たちと出会う。 仲良し三人組で冒険....
著者 : 南野 雪花
小説家になろう

クラスメイトの美少女に告白したと嘘を吐いたら、なぜか恋人ができた。

ぱっとなんか思いついたから書いてみた。 ....
著者 : 雲雲雲龍龍龍
小説家になろう

【2章開始!】貴族家三男の成り上がりライフ〜生まれてすぐに人外認定された少年は異世界を満喫する〜

2章開始! 「残念ながらあなたはお亡くなりになりました。」 御山聖夜はトラックに轢かれそうになった少女を助け、代わりに死んでしまう。しかし、聖夜の心の内の一言を聴いた女神から気に入られ、多くの能力を貰って異世界へ転生した。 ーけれども、彼は知らなかった。数多の神から愛された彼は生まれた時点で人....
著者 : 美原風香
小説家になろう

役立たずと追放された僕。実は世界最強の【七龍拳士】だったのだがいい機会なのでスローライフを満喫する~唯一無二のチート装備【神衣】を使って快適生活を送っているので、今さら帰って来いと言われても遅すぎる~

ある日ラティは、所属しているガーディアンの隊長ウレドと、副隊長ジャレオの口から追放を言い渡される。 ふざけるな! と考える一方、この組織を抜けられるなら別にいいかも…… という考えが頭を過る。 そして思案の末、ラティはこの流れに乗って、別の地域でガーディアンをすることを選択する。 ウレドらこの時....
著者 : チキン南蛮 タルタル抜きで、レモン多めに
カクヨム

図書館によくいるあの子、学校で有名な美少女だった

俺、五十嵐 優太は休みの日によく図書館に通っていた。 通っている内に、いつも図書館にいる女の子と仲良くなったため、勉強半分彼女と会うという気持ちが半分という感じになっていた。 だが一つ気になるのは、彼女と仲良くなると学校でも有名な美少女、小鳥遊 美咲が話しかけてくることだ。 けどその時の僕はまだ知ら....
著者 : @1ya12ma2to
タイトルとURLをコピーしました