聖女の小説一覧

小説家になろう

可愛げが無いと昔から言われ、とうとう旦那様に冤罪され何度も殺されたけど、今世では聖女が助けに来てくれた…。

可愛げが無いとずっと言われ続けたグレイスは、辛い人生を8度繰り返していた。 7回までは不幸しかなかったが、8度目の人生で初めて親友が出来た。 今度の人生こそ幸せになろうと、聖女が来てくれた。....
著者 : 浅村鈴
小説家になろう

出ていけ、と言われたので出て行きます【書籍化企画進行中】

「今すぐ出ていけ」と言われたらその通りにするべきだろう。 イヴェッタ・シェイク・スピア伯爵令嬢はこれまで言葉の裏を読む茶番に付き合って生きて来た。卒業式の後のパーティで婚約者であるウィリアム王子から突然婚約破棄を突き付けられ、自分の代わりに愛らしい男爵令嬢が殿下の結婚相手となるらしい。 先代国王から....
著者 : 枝豆ずんだ
小説家になろう

ドラキュラ公、異世界へ行く ~ニンニクも銀も十字架もない世界だけど、相変わらず日光はアウトなので日の差さないダンジョンに潜ることにした。弱点が消えるダンジョン内では無敵なので気付けばまた英雄扱い~

世に名高き串刺し公――ヴラド三世、本名ヴラディスラウス・ドラクリヤ、通称:【ヴラド・ドラキュラ】 数々の逸話と伝説を残し、現代では吸血鬼の始祖として有名だが、実は本人は意外とそれを不服に思っていた。 「俺はこんなに化け物じゃねえよ! くそー、俺も褐色金髪眼鏡の素敵ご主人様に仕えてえ」 ヴラドは現....
著者 : 虎戸リア
小説家になろう

すべてを幸福にする力を持つ聖女と言われた妹、妹が幸せでないと力が発揮されないと姉は両親と妹に使用人扱いされ、妹の奴隷にされる毎日だった。そんな姉が王太子の婚約者になったが妹の罠により婚約破棄され…。

すべてを幸福にする力を持った妹、7歳でそのスキルがわかってから、水を生み出すしかないスキルの姉は両親に無視され、妹には使用人扱いされ虐げられてきた。妹が幸せでないと周囲が幸せにならないという理由だった。 だが、姉がその魔法力の高さから王太子の婚約者に選ばれ、やっと幸せになれると王宮に出向いたが…。そ....
著者 : ナナセ
小説家になろう

バズれアリス

人々の祈りや応援を集めて力に変える『人の聖女』アリスは 魔王を倒して世界を守ったが、その功績を妬んだ王と 『天の聖女』ディオーネから「反乱を企てた」と濡れ衣を着せられる。 アリスを弁護するはずの親友『地の聖女』セリーヌは逃げてしまい、 アリスの追放刑が確定した。 しかしアリスは追放された先の遺跡で、....
著者 : 富士伸太
小説家になろう

聖女が死んだ後の物語

異世界から召喚された聖女が死んだ。自殺だった。 婚約者であり、王国の第一王子であるアルフレッドは、聖女サラとの思い出の数々を思い返し、悲しみ後悔する。夜、テーブルの上にサラからの手紙を発見したアルフレッドはそれを読むのだったが……。....
著者 : 青水龍
小説家になろう

聖女、勇者パーティーから解雇されたのでギルドを作ったらアットホームな最強ギルドに育ちました。

【書籍化しました! TOブックス様より一巻と二巻が発売中! コミカライズ連載中!】 勇者に婚約破棄された聖女、シア。しかも勇者からは一方的に偽物聖女扱いされ、パーティーから解雇されることに。しかしシアは内心喜んでいた。散々悩まされてきたハーレム勇者から解放されるからだ。解雇されたその足で、馬車に乗り....
著者 : 白露 雪音
小説家になろう

聖女リリスは勇者から奪った聖剣を魔王の心臓に突き立てる

「別れようリリス。俺のことは忘れてくれ」  そう言った男の瞳には何の感情も浮かんでいないように見えた。縋ることも、問いただすことも、罵ることもできずに2人の関係は男の一方的な別れの言葉だけで終わった。  数年後リリスは聖女として魔王討伐の旅に出る。リリスを便利な道具のように扱うハーレム勇者と、リ....
著者 : 黒木メイ
小説家になろう

奪われ聖女と呪われ騎士団の聖域引き篭もりスローライフ

私、天河小羽は聖国サリスウィードに聖女として召喚された。必死に使命をはたしてきたが、三年間の聖女としての功績と婚約者を、突如現れた後輩聖女のダイアナに嵌められ奪われてしまう。国はダイアナを聖女として担ぎ、私のことは飼い殺しにしようと目論んだようだけれど、これ以上利用されるなんてまっぴら!聖女のみ入る....
著者 : 花果 唯
小説家になろう

奪われ聖女と呪われ騎士団の聖域引き篭もりスローライフ

私、天河小羽は聖国サリスウィードに聖女として召喚された。必死に使命をはたしてきたが、三年間の聖女としての功績と婚約者を、突如現れた後輩聖女のダイアナに嵌められ奪われてしまう。国はダイアナを聖女として担ぎ、私のことは飼い殺しにしようと目論んだようだけれど、これ以上利用されるなんてまっぴら!聖女のみ入る....
著者 : 花果 唯
タイトルとURLをコピーしました