聖女の小説一覧

小説家になろう

ある聖女の初恋

孤児院出身のウィルは、隣国との戦争の前線に加わる中で、深い傷を負っていた。 ウィルは、遠のく意識の中で、孤児院で長い時間を一緒に過ごし、密かに愛情を寄せていたシエナのことを思い出していた。シエナは、その癒しの力で今は聖女として認定され、第三王子の婚約者となっていた。 今では遠い存在になったはずのシ....
著者 : 瑪々子
小説家になろう

元公爵令嬢は隣国の公爵様に溺愛されています ~婚約破棄、国外追放しておいて今さら聖女と持ち上げようとももう遅い、私は今大好きな幼馴染と幸せに生きています~

公爵家の長女であるアーニャは、自国の王子と婚約関係にあった。しかし、舞踏会の会場にて「婚約破棄」、「国外追放」が言い渡されてしまう。そんなアーニャを助けたのは、幼馴染にして隣国の公爵様だった。公爵様はアーニャをメイドとして雇い、アーニャの新たな人生がそこから始まった。しかし、アーニャには隠していた気....
著者 : 木嶋隆太
小説家になろう

英雄となった幼なじみに婚約破棄された見習い聖女は、白い花を胸に抱いて追放される

「カーラ、きみとの婚約を破棄させてもらう」 救国の英雄となった幼なじみのアルトから、カーラは婚約を破棄されてしまう。 彼の隣では第一王女のイライザ姫が笑っている。 しかも、遠くへ行けと金貨の入った袋を投げつけられてしまう。 それを見たとき、カーラはアルトの気持ちを知り、怒りを飲み込んで追放された。 ....
著者 : 葵 すみれ
小説家になろう

聖女専属侍女になったら、聖女様がまさかの美少年だったんですが

ド貧乏伯爵家の令嬢レティシア・オルトンは、節約とお金稼ぎのために、住み込みで高給がもらえる聖女専属侍女の求人に応募して、見事合格を勝ち取る。張り切って仕事に臨むレティシアだが、聖女が実は美少年で、悪役令嬢からの追放を願っている!? 打算で手を組んだ二人が次第に惹かれ合っていくラブストーリーです。 ....
著者 : 紫陽花
小説家になろう

【コミカライズ開始】悪役令嬢ですが死亡フラグ回避のために聖女になって権力を行使しようと思います【新話連載】

【マンガpark様にてコミカライズ連載中!】 コミカライズ開始記念につきその後のお話スタート! 私は24歳の日本人。 ある日気づけば乙女ゲーと育成ゲーとRPG要素を掛け合わせたゲームの世界に。 しかも本当の悪役に無実の罪を着せられて婚約破棄からの断罪されて死ぬ悪役令嬢だよ! いや、本当、勘弁して....
著者 : てんてんどんどん
小説家になろう

やり直し令嬢は何もしない

逆行転生した令嬢が何もしない事で自分と妹を死の運命から救う。....
著者 : 黒姫
小説家になろう

聖女が見つかったから用済みと追放された宮廷魔術師、かけられた呪い【闇属性】を逆手に取って成り上がる ~聖女の魔力が足りなくて結界が破れそう?知らん、勝手に滅んでろ(ちなみに本物の聖女は俺の隣で寝てる)

 聖女が不在の期間、代わりに大規模な結界を張り続けた魔術師カイト。彼は王太子お気に入りの公爵令嬢が次期聖女に内定すると、アラサー男が代理を務めていたのは外聞が悪いとして功績をなかったことにされ、闇魔法以外が使えなくなる呪いをかけられてしまう。  しかも、もう一人の聖女候補を召喚する際、誤って竜が呼び....
著者 : 龍田たると
小説家になろう

ざまぁされた王国の再建計画 ~聖女を追放したせいで崩壊寸前だけれど、今更もう遅い? いやいや、絶望するのはまだ早い!

ライランズ王国の聖女クララは王太子の婚約者であったが、侯爵令嬢の讒言により追放されてしまった。そのため、王都に張られていた『結界』は消滅し、魔物の大群が入り込んだ。混乱の中で民衆も蜂起し、国王を始め王族や主だった貴族は逃亡してしまう。 唯一取り残された第七王子のアレンは国王に即位すると、ジリ貧の状....
著者 : 戸部家 尊
小説家になろう

祝福しますよ、聖女ですから!

今代の聖女は平民出身の少女ティアナ。現在十六歳。 天真爛漫、無邪気で純粋なティアナの夢は、素敵な恋をすること。 なぜなら聖女は神の妻。 十代で聖なる力を授かり二十代で最盛期を迎え、時と共にゆっくり衰えて四十代にはお役御免となる。 つまり、女の一番良い時、女盛りを神に捧げるのだ。 おまけに純潔を失えば....
著者 : 江葉
小説家になろう

王妃様は離婚したい ~異世界から聖女様が来たので、もうお役御免ですわね?~

リエンライン王国では、異世界の記憶を持つ者を聖女として迎える慣習があった。この決まりに従い、転生者イーリスは王妃となったが、新たに異世界から転移してきた陽菜が現われてから、明らかに王の気持ちは陽菜に傾いていく。 政略で結婚し、王の愛を感じられない生活を強いられるイーリス。 しかし、ある日王が陽菜と....
著者 : 明夜明琉
タイトルとURLをコピーしました