聖女の小説一覧

小説家になろう

聖女追放ラノベの馬鹿王子に転生しましたが…あれ、問題ないんじゃね?

産婦人科医、後藤茂一(54)は“気功”を生来備わっていた。その気功を活用し、彼は苦痛を少なくして出産を成功させる稀代の名医であったが心不全で死去、生まれ変わってみれば、そこは前世で読んだ『聖女追放』のラノベの世界!しかも、よりによって聖女にざまぁされる馬鹿王子に!せめて聖女断罪の前に転生しろよ!と叫....
著者 : 越路遼介
小説家になろう

聖女は国を消す

「よって、聖女サラとの婚約を破棄する」 信じられない言葉が聞こえた。 婚約破棄‥ 勝手に結ばれて、勝手に破棄されて 怒りで頭が狂ってしまいそう‥ 「笑わせないでよ‥」 (勢いだけの書き殴りです)....
著者 : やきいもほくほく
小説家になろう

聖女になりたい訳ではありませんが

聖アウルム王国の王太子アーサー・アウルムの婚約破棄は、今や国内にとどまらず国外まで噂が広がっていた。 「どうしてそうなった?」「何があったんだ?」 どこもかしこもその噂話で持ちきりだ。 その話に耳を傾ける少女が一人―― 名をリリィといった。 王国の西の果ての砦(つまりド田舎)で暮らしていた彼女....
著者 : 未来
小説家になろう

やり直し悪役令嬢は、幼い弟(天使)を溺愛します

公爵令嬢クレアは、王太子に婚約を破棄され、さらに弟の手で処刑されてしまう。 それもこれも、平民出身の聖女に王太子の愛を奪われ、聖女への嫉妬に狂い、聖女をいじめ抜いて殺そうとしたせいだった。 クレアは自らの行いを後悔しながら、死んだ。……はずだった。だが目が覚めると、12歳に戻っていて……?  ....
著者 : 軽井広
小説家になろう

愛されヒロインに転生したのに絶対結婚したい攻略対象にめちゃくちゃ嫌われてるんですけど!?

「私、乙女ゲームのヒロインだ! エヴァルトと結婚できる!」 スフィアは十五歳の時、自分が転生していることに気づく。彼女は最愛の攻略対象エヴァルトとの結婚を目指し奮闘するが、ヒロインであるスフィアは継母や義妹に虐げられ、さらには王子に見初められ悪役令嬢に追い詰められるという茨の道が待っていた。 しか....
著者 : 稲井田そう
小説家になろう

ヒドインに転生してしまったのでざまぁ回避しようとした私は、なぜか膝の上にいる

聖女と認められ、王都に来るよう命じられたことでネット小説『真の聖女は魔帝の寵愛を受ける』の世界に転生してしまったことに気づいたキャルン。このままだと自分は婚約者のいる王太子と恋仲になり、その婚約者にざまぁされてしまうと考え、とりあえず王太子には近づかないように気をつけた……はずなんだが、どうして当の....
著者 : 山吹弓美
小説家になろう

出涸らし王子と悪役令嬢――VRMMORPGの世界に転生したかったのに、乙女ゲーの世界で悪役令嬢の婚約者をやっている僕

 アルフォルド王国の3人の王子のうち、第3王子である僕は前世の記憶がある転生者。21世紀半ばの日本でVRMMORPGの廃ゲーマーだった。なんのチート能力も持たず、魔法は最低限度、学業は苦手。マヨネーズの作り方もノーフォーク農法も知らない役立たず。  特技は前世でやっていたVRMMORPGや、アニ....
著者 : 成瀬真
小説家になろう

透明聖女の粘り勝ち

一生分の白パンを含めた報酬と引き換えに邪神討伐を見事成し遂げた聖女ユディタ。しかし、聖女の力の使い過ぎのせいで彼女は意識を失ってしまう。次に目を覚ました時、何故かユディタの身体は透けてしまっていて──?◆食い意地の張った愚直で明るいお馬鹿な女と、嘘が下手くそな頑固で堅物な男の、戦友以上恋人未満で不器....
著者 : 美紗登
小説家になろう

王子様の婚約破棄から逃走したら、ここは乙女ゲームの世界!と言い張る聖女様とパンを焼くことになりました

今日、異世界から聖女様が召喚された。聖女と王族が婚姻を結ぶのはこの国の習わし。だから、アンダーソン侯爵家の令嬢ケイトは、愛する第二王子ギルバートから婚約解消を申し渡されないよう逃走を決意する。 しかし、この聖女様、何かがおかしい。彼女が言うことには「この世界は乙女ゲームの世界!私はケイトとギルバー....
著者 : 一分咲
小説家になろう

婚約破棄も追放もされた元聖女ですが、料理で人助けができるようです~食いしん坊オオカミと狩りからはじめる魔物料理~

落ちこぼれ聖女だったフィアルカは料理で「ある症状」を救うことができた。 その腕を見込まれて領主と婚約までしたが、あるとき濡れ衣を着せられて婚約破棄され、追放されてしまう。 人にもなれる相棒の俺様オオカミと一緒に、危険な森に足を踏み入れる。 するとそこで、同じく魔物を狩ろうとする青年・ユーリイと出会....
著者 : 永野水貴
タイトルとURLをコピーしました