身分差の小説一覧

小説家になろう

お嬢様に送るハッピーエンドの作り方。

セレストの村は盗賊に襲われ、セレストは奴隷となった。 そんな中一人の少女にセレストは買われる。 最初は信頼出来なかった。けれど。 「俺の親愛なる、お嬢様。」 これは彼と、彼の仲間が作り上げたハッピーエンドのお話。 (『従者をいじめたら国が滅んだ。』のセレスト視点となります。先にそちらを読む方....
著者 : 柏いち
小説家になろう

家政魔導士の異世界生活~冒険中の家政婦業承ります!~

A級冒険者のアレクは長旅から帰還し、久々に古巣のギルドを訪ねた。ちょっと挨拶するだけのつもりが、面倒な依頼とともに家政魔導士という謎の肩書を名乗る黒髪の女を押し付けられて困惑。 しかしシオリというその女は奇抜な魔法の使い方で、温かい風呂に旨い飯、寝心地の良い寝床と、野営にあるまじき快適過ぎる環境を提....
著者 : 文庫 妖
小説家になろう

傭兵楽隠居ー楽隠居にはまだ早い! 妾達にしたことの責任はきっちりとってもらうぞこの宿六!ー

世は戦乱と混乱に満ち、傭兵の仕事がなくなることはない。そんな傭兵の一人、"ちまちま"と呼ばれる貧相な男は、細かすぎる契約を求めるあまり、仕事を受けられない日が続いていた。そして同業者からも笑われていた彼だがある秘密があった。 一方輝かしい女王ルナーリアは、国難に対して果断とも言え....
著者 : 福郎
小説家になろう

王子、お忍びでパン屋に通うのはおやめください!

ニナの働くブーランジェリーには王子のアーサーが度々訪れる。 「アーサーさま。あれほどご来店なさるのはおやめくださいと申し上げたのに」 「ひとりではない。外に護衛騎士がいる」 ニナがアーサーに向かって使用人に買いに来てもらうよう懇願しても、アーサーは自ら足を運ぶ。それには理由があって……。....
著者 : shinobu
小説家になろう

はい、こちら魔王軍造幣局!〜勇者の略奪のせいで貨幣が足りません。四天王最弱と言われるイケメン上司が多忙すぎて心配です〜

魔界は勇者による度重なる略奪のために貨幣不足に陥り、経済危機を迎えようとしていました。そんな危機をぎりぎりで支え続けているのが四天王最弱と言われる土の四天王アイザック様です。その側近である私は、過労で倒れそうなアイザック様を助けるために知恵を絞るのですが……。....
著者 : 瘴気領域
小説家になろう

婚約破棄騒動の裏側

男爵令嬢にそそのかされ、無実の子爵令嬢の断罪に加担した、王太子の見目麗しい騎士。 そんな彼が見た婚約破棄騒動の裏側のお話。....
著者 : tea
小説家になろう

【三章完結】「追放されたのか?だったら、うちに加入しろ!」と言われて3年。今では、悪役令嬢と聖女と勇者を加えたSランク最強パーティの一角を担ってます。〜だから、お前らのパーティにはもう戻らない!〜

「レオ、お前はこのパーティに相応しくない」 突如として、Cランクパーティ【聖剣の集い】から出ていくように言い渡された大盾使いのレオ。 敵の注意を引きつけ、攻撃をひたすら耐え凌ぐだけという地味な役回りから、パーティメンバーに不必要であると判断されてしまったのであった。 「お前たちが誘ってきたくせに、....
著者 : 相模 優斗
小説家になろう

【番外編更新】追放聖女はスパダリ執事に、とことん甘やかされてます!

 王太子カルロスと婚約を結んでいた聖女ヘレナはある日、謂れのない罪で婚約破棄と国外追放を言い渡されてしまう。  侯爵令嬢であり、世間知らずなお嬢様であるヘレナ。これから一人でどうやって生きて行こう――――そう思っていた彼女の元に、執事のレイが現れた。 「お待ちしておりました、お嬢様」  レイは追....
著者 : 鈴宮(すずみや)
小説家になろう

婚約者を交換しろと命じられたので交換したのに、いまさら返せとおっしゃるのですか?お姉さま、残念ですが白豚皇子はあなたのことを愛していませんよ

※誤字報告をいただき感謝いたします。(2021年11月23日) ※ご訪問いただき誠にありがとうございます。全三話です。連続投稿後完結いたします。二つのざまぁです。ゆるゆる設定ですので、サクッとお読みいただければ幸いです。 「ミホ、あなたの第二皇子とわたしの白豚皇子を交換しなさい」 双子の姉のナオ....
著者 : ぽんた
小説家になろう

全員転生していました。~貴女だけが何も知らない~

 前世“光の聖女”と呼ばれ、人々に崇拝されていたシルフィは、ある日を境に偽聖女として断罪され、無残に処刑されてその命を落とす。  しかし、後にその断罪が仕組まれていたものだとわかり、彼女の家族、婚約者達は皆、一様に後悔する。だが時すでに遅く、神の罰として彼女の周りの者達全員が、罪の記憶を背負ったまま....
著者 : 曙はるか
タイトルとURLをコピーしました