身分差の小説一覧

小説家になろう

婚約を破棄された悪役令嬢は荒野に生きる。~恋愛小説の当て馬に転生しました~

侯爵令嬢のコンスタンツェ(コニー)は皇太子ウィルヘルムから、婚約破棄を言い渡された。 どうもウィルヘルムに愛する人が出来たらしい。 しかもその相手は最近現れた聖女だという。 二年も実質皇太子妃として勤めてきたのに、あまりに非情な宣告に落ち込むコニー。 だが突然前世の記憶が蘇り、自身がラブロマンス....
著者 : 吉井あん(宮平なおき)
小説家になろう

婚約を破棄された悪役令嬢は荒野で生きる。~恋愛小説の当て馬に転生しました~

侯爵令嬢のコンスタンツェ(コニー)は皇太子ウィルヘルムから、婚約破棄を言い渡された。 どうもウィルヘルムに愛する人が出来たらしい。 しかもその相手は最近現れた聖女だという。 二年も実質皇太子妃として勤めてきたのに非情な宣告に、落ち込むコニー。 だが突然前世の記憶が蘇り、自身がラブロマンス小説の当....
著者 : 吉井あん(宮平なおき)
小説家になろう

「命知らず」の騎士様は、鼻の利く「魔女」を放さない。

 町の人に「魔女」と呼ばれるニーナ・エトシールは、人より少し鼻が利く。よく利く鼻で、その人の求めるものの在り処も嗅ぎつける「探し物見つけます」が彼女の仕事。  偶々森で会った騎士エルートに、うっかり探し物の在り処を告げてしまったのが全ての始まり。この騎士、ニーナを全然放してくれないようです。 「魔....
著者 : 江本ミチ
小説家になろう

【完結】冷徹騎士のプロポーズ〜身分の差を実力で捩じ伏せた幼馴染の執着〜

「おっきくなったらミーシャのこと、お嫁さんにしてくれる?」 「当たり前だろ。ミーシャは俺がいないと何にもできないんだから、ずっと俺が守ってやるよ」 そんな約束をしたこともあったな、とミーシャ・ジェニック伯爵令嬢は窓の外を見て溜め息を吐いた。 小さな頃は身分なんて関係なかった。大好きだった男の子のヴ....
著者 : 真波潜
小説家になろう

小兎令嬢は肉食公爵たちに狙われる(2)

俺の元には、数ヶ月に一度、小兎がやってくる。 獅子の俺を恐れない、可愛い小兎。 互いの親が仕事をしている間、俺は喜んで小兎の面倒を見た。 この子がずっと傍にいればいいのに。 そんな叶わぬ願いを秘めながら。 ※ボリス視点の幼少期から始まります。 ※「小兎令嬢は肉食公爵たちに狙われる」の続きとなりま....
著者 : 翼弥
小説家になろう

平民の私が高慢な悪役令嬢に絡まれているのですが、どうすればいいですか?

私は稀有な光系統魔法を持っているだけで平民ながら有名貴族の巣窟である王立魔法学園に特待生として通うことになったんだけど、毎日といっていいほどある人物に絡まれていた。「おほほ! 相変わらずみすぼらしい格好をしていますわね、ティアさん!!」シンシア=ゴールドリリィ公爵令嬢。もう絵に描いたような高慢な彼女....
著者 : りんご飴ツイン
小説家になろう

王子が元聖女と離縁したら城が傾いた。

庶民の聖女と結婚してやった王子だが、関係はいつまで経っても清いまま。 妻の務めを果たさない彼女にもはや我慢も限界。愛する人を妻にすべく、元聖女の妻に離縁を言い渡した。ら、城が傾いた。 (アルファポリスさんに投稿したものと同一です)....
著者 : yuyu
小説家になろう

小兎令嬢は肉食公爵たちに狙われる

私、シャルロッテ・キャロットは、通称「小兎子爵」と呼ばれる子爵家の次女として、前世の記憶を持って生まれた。 この国の貴族は、動物だったり神獣だったりの家紋を持ち、それが通称にもなっている。 小兎の家紋を持つ我が家は、「小兎子爵」というわけだ。 ちなみに前世の記憶がある、といっても、しがない女子高生....
著者 : 翼弥
小説家になろう

【完結】恋をしたけど実らなくて、恋と知ったけど遅かったみたいです

ロシェルダは平民にしては珍しく魔力を持った少女だった。 与えられた役割、治癒士として職務に励む日々の中、ある日患者として運ばれてきた貴族の青年に恋をした。 けれど彼が選んだのは、看護士の女性。 ロシェルダは治療に喜ぶ彼が見せた笑顔を勘違いした事を恥じ、もう患者に恋をしないと心に決める。 そして数年後....
著者 : 藍生蕗
小説家になろう

金盞花

小国の第四王女アミールは帝国の王太子マゼウ殿下の第二妃として嫁いだ。しかし三年後。子どもを授からなかった二人の離縁は確定し、アミールの下賜先として選ばれた新たな夫は、三年間彼女の護衛として仕え続けていた近衛騎士ロゼック。彼は女性を口説くことを生き甲斐としているような軟派な色男として有名な騎士だった。....
著者 : 大江いつ樹
タイトルとURLをコピーしました