魔法の小説一覧

小説家になろう

婚約破棄は目の前で 〜没落令嬢は見た〜

「ジョセフィーヌ、君は聖女であるティナに、度重なる嫌がらせをしたそうだな。…君との婚約は破棄し、君を国外追放に処す」 学園の卒業パーティーの場で生徒たちが見守る中、マキシミリアーノ第二王子は、それまで自らの婚約者だった侯爵家のジョセフィーヌにそう言い放った。 その断罪劇を目の前で見ていた一人が、....
著者 : 瑪々子
小説家になろう

古の化物達が跋扈する地獄を生き抜いた【終焉のエルフ】 ~人間の赤子を拾い、母性に目覚める~

古の時代を生き抜き、【終焉のエルフ】と恐れられた女エルフのエリーシャ。 彼女は他人との関係に疲れてしまい、森で一人で暮らすことに。 それから数百年後、エリーシャは森の近くで人間の赤子を拾い、育てることに。 「マ、ママでちゅよぉ」 「キャッキャ、マ~マ、マ~マ」 一時的に保護して、人間の里....
著者 : 戦記暗転
小説家になろう

聖女になりたい訳ではありませんが

聖アウルム王国の王太子アーサー・アウルムの婚約破棄は、今や国内にとどまらず国外まで噂が広がっていた。 「どうしてそうなった?」「何があったんだ?」 どこもかしこもその噂話で持ちきりだ。 その話に耳を傾ける少女が一人―― 名をリリィといった。 王国の西の果ての砦(つまりド田舎)で暮らしていた彼女....
著者 : 未来
小説家になろう

雷帝と呼ばれた世界最強のS級冒険者、一切遠慮することなくその力を遺憾なく発揮し魔術学院で無双してしまう

生まれたときから最強であることが確定している存在がいる。 生まれ持った才は周りの努力を無に帰し、努力する天才は他の追随を許さない。 仮面をつけた正体不明のS級冒険者。史上最年少でS級に至り、雷魔術を自在に操り、雷鳴と共に現れるその姿から付いた二つ名は"雷帝"。冒険者界隈では最強....
著者 : ぬるま湯
小説家になろう

シンデレラの姉ですが、不本意ながら王子と結婚することになりました

ガラスの靴を手にやって来た王子の目の前で、シンデレラは魔法使いと駆け落ちしてしまった! 引っ込みのつかなくなった王子は、その場にいたシンデレラの意地悪じゃない姉を城に連れて帰り、結婚することにした。 こうして二人はいつまでも幸せに暮らしました……なんて上手くいくわけもなく――。 これは、不本意なが....
著者 : 柚子れもん
小説家になろう

【本編完結済】家族に役立たずと言われ続けたわたしが、魔性の公爵騎士様の最愛になるまで

美人で魔法の才能がある妹と違い、平凡で無能なエルマ。 父からも妹からも役立たずと疎まれ、いじめられ続けてきた。 ある日彼女は、顔を布で隠している男と出会う。 彼はその美貌を目にした相手の正気を奪ってしまう、“魔性”と恐れられている騎士だった。 うっかり素顔を見てしまったエルマだが、惑わされない。....
著者 : 鳴田るな
カクヨム

おかえり、四年後の世界へ

異能世界から魔法が当たり前の異世界に召喚された少年、翔司凛は一年の月日を経て、異世界での役目を果たし、元いた世界に戻ることができた。しかし、もうすでに彼の住む世界は四年の月日がたっていた。 異世界より帰ってきた少年と、波乱の異能世界が送る異能ファンタジー....
著者 : 極宮氏道
小説家になろう

もしも乙女ゲームの世界で善良な人物しか登場しなかったら?

ジェミニ王国には妖精が住んでいた。 滅多に人前には現れない妖精だが、確実に存在し、時々イタズラをしては人々を困らせた。 そして今回、王国で産まれたばかりの王女と平民の赤ちゃんを取り替えた事で、国を揺るがす事態となったのだった。 その赤ちゃんが【二人とも転生者】とも知らずに─....
著者 : naturalsoft
小説家になろう

聖女である御姉様は男性に抱かれたら普通の女になりますよね? だから、その婚約者をわたしに下さいな。

 公爵家令嬢クローディアは聖女である。  神様が誰かはどうだっていい。  聖女は処女が原則だ。  なら、婚約者要りませんよね?  正妻の娘である妹がそう言いだした時、婚約者であるこの国の王子マクシミリアンもそれに賛同する。  狂った家族に婚約者なんか要らないわ‥‥‥  クローディアは、自分の神である....
著者 : 音羽一人
小説家になろう

【ネット小説大賞八受賞作】拳王 ~俺はゼロからふたたび現実世界で全ダンジョンの攻略をして地球を救う~【Web版】

【ネット小説大賞八受賞 2020年9月12日第1巻発売】  世界初のVRMMORPG”ヴァーサス・オンライン”で唯一全ダンジョンを制覇することになる佐藤一也(さとうかずや)30歳。  一也はこのゲームに人生のすべてを捧げてきた。どんなモンスターに対しても武器や防具も持たずに拳1つで戦う一也のことを....
著者 : 陽和
タイトルとURLをコピーしました