魔法の小説一覧

小説家になろう

ゲーム主人公に転生した俺、強くてニューゲームで続編世界のラスボス聖女様に好かれているようです

日本であっさりと命を落とした俺は、『バラリティバースト』というゲーム世界の主人公に転生していた。最強ステータスを獲得するため、ラスボスも一撃で倒せるくらいやりこんで無事クリアしたが、なんやかんやあって命を落としてしまう。次があればモブとしてのんびり生きようと思っていた俺だったが、またしてもゲームの世....
著者 : 木嶋隆太
小説家になろう

元婚約者としては誠に遺憾だが、王弟殿下には破滅していただく。

「アカシア伯爵令嬢ミモザ・ブロッサム! お前との婚約は破棄だ! 俺はこのカトレアと結婚する!」  ――――悔しい。だが認めるしかない。彼女は最後まで、詰めを誤らなかった。 「そうですか、エラン王子殿下。それはおめでとうございます」  男爵令嬢カトレアは、どうにも未来の出来事を把握している....
著者 : れとると
小説家になろう

【連載版】『絶対王者』と呼ばれた男は、冒険者になって無双する~

最強の剣闘奴隷として闘技場に君臨していたギル。 常に満たされない思いを抱えていた彼はある日、闘技場から抜け出すチャンスを手に入れた。 街を出て晴れて自由の身となった彼は、奴隷制度のない隣国バステルへと向かう。 そこで彼は冒険者生活を始めることになるのだが、最強の剣闘奴隷からすると魔物狩りはあまりにも....
著者 : しんこせい(『豚貴族』コミカライズスタート!)
小説家になろう

洗濯聖女は派遣先で国外追放されたおかげで収入が増えました

聖女教会序列第八位のマリオン・ウォーカーは隣の隣の国、チェンバレン王国に派遣された。指定された場所へ行くと飾り立てられ、聖女出張も良いかもと思った矢先、偽聖女の詐欺師と言われて国外に追放された。そこで何かが臭った。においがあるという事は、浄化が必要な場所があるという事だ、人が居ようが居まいが浄化する....
著者 : もんどうぃま
小説家になろう

側室候補にすぎないので、3年我慢して実家に帰ります。

辺境の公爵令嬢であるレイカは、制度に従い、側室候補として王宮に来たものの、その扱いの酷さにすっかり呆れてしまい、国王に対しても好意を抱きようもなく・・・。....
著者 : masamasa
小説家になろう

精霊に「お前は俺たちの主人に相応しくない、契約破棄してくれ!」と言われたので、欲しがっている妹に譲ることにしました

「魔力のないお前は俺たちの主人に相応しくない、契約破棄してくれ!」  契約していた精霊にそう告げられ、ミスティア・レッドフィールド男爵令嬢は呆然とした。 「精霊様方もこう仰っておりますし、崇高なるお力をベストな状態で奮って頂かねば。お姉様、どうか契約主の御立場を私に譲ってくださいませ!」  精霊たち....
著者 : カゼノフウ
小説家になろう

クズ王子のやり直し人生~真実の愛を見つけたと、本物の聖女の婚約者を捨てて、転落人生を味わった王子が生まれ変わってみたら・・・。

アレクシス王子は、本物の聖女でかつ自分の婚約者であるルーナの見栄えだけで婚約破棄し、本物の聖女は、容姿端麗なだけの強欲な妹のオデットだと決めつける。そして、オデットとの愛こそが真実の愛だと宣言する。 その後は、傲慢なオデットと共に見事な転落人生を突き進み、最後に見事なざまあで命を落とした。 ・・....
著者 : 衣 裕生
小説家になろう

王太子に婚約破棄されたけど、私に国母は無理なのでありがたいです!

「エレノア・ローズカッスル公爵令嬢! 今をもって貴様との婚約を破棄させてもらうっ!」  王太子から婚約破棄を言い渡されたエレノアは、誰もいない廊下で独りごちる。 「肩の荷が下りたわ……。元義母、超怖いし……。出会って最初の一言が『男児を産むように』とかやばすぎる……。まだこちとら少女よ?」 「あのう....
著者 : カゼノフウ
小説家になろう

悪役貴族として必要なそれ

国に仲間に全てに裏切られた末に勇者に殺される運命を持つ物語の悪役アブソリュート・アーク。 そんなアブソリュート・アークに転生した主人公が運命に打ち勝つために力をつけ最悪な運命を変える物語。 Xやってます。 @Masakorin _ エンターブレインより書籍第1巻発売中です。 amazon:h....
著者 : まさこりん
小説家になろう

長生きTSダークエルフはひっそり暮らしたい〜今はごく普通の占術師なので、どうか放って置いて下さい〜

日本に住む一人の少年は、ダークエルフの女の子セナ=エンデヴァルとして転生してしまう。あっさりエルフの里を追い出されたセナだったが、生きていく為に必死で戦い、頑張って強くなり、英雄譚に名を残すほどの存在になった。でもそれはずっとずっと昔の話で、今はゆったりひっそり暮らすことを望んでいる。しかし、彼女の....
著者 : きつね雨