魔法の小説一覧

小説家になろう

化物嬢ソフィのサロン ~ごきげんよう。皮一枚なら治せますわ~

ソフィ=オルゾン、17歳 裕福な商社を営むオルゾン家に産まれた一人娘は 生まれつき、皮膚の奇病にかかっていた。 その異様な容姿は周囲に『化物嬢』と呼ばれ、学園では友に石を投げられた。 優しく繊細な心と、『皮一枚しか治せない』微妙な光の力を持つ彼女は、ある日自ら命を絶ちかけ思い出す。 自分がかつて....
著者 : 紺染 幸
小説家になろう

大陸英雄戦記

現代日本に住む「俺」は気づいたら中近世欧州風世界に転生し……いや、これまんま欧州ですよねお父さん。 ともかく俺はファンタジーな欧州に転生した。これは、そんな俺、ユゼフ・ワレサの活躍(?)の物語です。たぶん。 第二の故郷、シレジア王国は風前の灯だった。近隣諸国の軍事圧力によって滅亡まで時間がない。そ....
著者 : 悪一
小説家になろう

巡る恋に愛を乞い

王都でも老舗の服飾サロン【アムネシア】の娘であり、優秀な刺繍職人でもあるフィーネ。 彼女には前世、そして前々世の記憶があった。 そのどちらも恋を叶えた結果、愛する人と自分が死んでしまう結末を迎えていた。 今世ではそんな最期を迎えないよう、恋をしない。 そう決めたフィーネは仕事に生きる事を決意する....
著者 : 花散ここ
小説家になろう

【書籍化&第1部完】死に戻り令嬢の仮初め結婚~やり直し世界で生真面目将軍と星獣もふもふ~

★書籍化決定しました★ 侯爵家の養女セレストは星獣使いという特別な存在。 けれど周囲から疎まれ、大切な星獣を奪われたあげく、偽物だったと断罪され殺されてしまう。 目覚めるとなぜか十歳に戻っていた。もう搾取されるだけの人生はごめんだと、家を出る方法を模索する。未成年の貴族の令嬢が家の支配から逃れる....
著者 : 日車メレ
小説家になろう

化物嬢ソフィのサロン ~ごきげんよう。皮一枚なら治せますわ~

ソフィ=オルゾン、17歳 裕福な商社を営むオルゾン家に産まれた一人娘は 生まれつき、皮膚の奇病にかかっていた。 その異様な容姿は周囲に『化物嬢』と呼ばれ、学園では友に石を投げられた。 優しく繊細な心と、『皮一枚しか治せない』微妙な光の力を持つ彼女は、ある日自ら命を絶ちかけ思い出す。 自分がかつて....
著者 : 紺染 幸
小説家になろう

ギャルと潜るダンジョン ブラック企業に使い捨てにされ、鬱で働けなくなった俺 生活保護を申請しに行ったらダンジョンを紹介されたので潜ってみたら、宝箱からギャルを拾っちゃいました

「あ、もしかして照れてる? クロキさんって、ひょっとしてDT?」 ブラック企業に使い捨てにされ、うつ病で働けなくなった男、黒木真。 貯金も底をつき、生活保護の申請に行く。 しかし役所の窓口で、通常の生活保護の資格はないと言われ、かわりに『生活保護ダンジョン』を紹介される。 明日をもしれない身の....
著者 : 佐藤謙羊
小説家になろう

【第1部完結】死に戻り令嬢の仮初め結婚~やり直し世界で生真面目将軍と星獣もふもふ~

侯爵家の養女セレストは星獣使いという特別な存在。 けれど周囲から疎まれ、大切な星獣を奪われたあげく、偽物だったと断罪され殺されてしまう。 目覚めるとなぜか十歳に戻っていた。もう搾取されるだけの人生はごめんだと、家を出る方法を模索する。未成年の貴族の令嬢が家の支配から逃れる方法――それは結婚だった―....
著者 : 日車メレ
小説家になろう

化物嬢ソフィのサロン ~ごきげんよう。皮一枚なら治せますわ~

ソフィ=オルゾン、17歳 裕福な商社を営むオルゾン家に産まれた一人娘は 生まれつき、皮膚の奇病にかかっていた。 その異様な容姿は周囲に『化物嬢』と呼ばれ、学園では友に石を投げられた。 優しく繊細な心と、『皮一枚しか治せない』微妙な光の力を持つ彼女は、ある日自ら命を絶ちかけ思い出す。 自分がかつて....
著者 : 紺染 幸
小説家になろう

魔法が解けたなら

ファビオラは、他国に嫁ぐことを嫌がった美しい姉の代わりに、縁談を受けて嫁ぐことになった。美貌の姉と同じ外見に見えるように、魔法を掛けられて。 ファビオラを妻として迎えに訪れたアシュトンは、優しく見目麗しい青年だった。彼に心を惹かれたファビオラは、同時に、彼を騙しているような自分を申し訳なく感じる。....
著者 : 瑪々子
小説家になろう

化物嬢ソフィのサロン ~ごきげんよう。皮一枚なら治せますわ~

ソフィ=オルゾン、17歳 裕福な商社を営むオルゾン家に産まれた一人娘は 生まれつき、皮膚の奇病にかかっていた。 その異様な容姿は周囲に『化物嬢』と呼ばれ、学園では友に石を投げられた。 優しく繊細な心と、『皮一枚しか治せない』微妙な光の力を持つ彼女は、ある日自ら命を絶ちかけ思い出す。 自分がかつて....
著者 : 紺染 幸
タイトルとURLをコピーしました