魔法の小説一覧

エブリスタ

元保育士の異世界物語

保育士として働いていた男が一つの事件に巻き込まれて、異世界に転生した。2人の神様から加護をもらい異世界でも同じ保育士という天職になってしまった。異世界では、ありえない天職(保育士)を隠しながらも、前世の記憶で自分自身をチート成長させ、なおかつ、神様の加護でオリジナルスキル、創造魔法と神獣召喚で冒険者....
著者 : イル
小説家になろう

狼獣人に勝手にご主人様認定されたので、仕方なく主しています

この世界には「枷持ち」と呼ばれる桁違いの能力を持った生き物とそれを制御する「放ち手」と呼ばれる生き物が存在する。そして彼らは主従関係ある。 何もしてないのに、いきなり狼の獣人(枷持ち)に主認定された女の子(放ち手)の話。 従僕がハイスペ過ぎて主ができてない流され系女子と容赦なく流していく悪い大....
著者 : と。
小説家になろう

【完結】ごめんなさい、わたくし、悪役令嬢なので

婚約者となったわたくしと彼の初の顔合わせの場。そこで、彼はわたくしを見て言いました。 「こんな辛気臭い奴との婚約なんて嫌だ」と。 なので、わたくしは頑張りました。そして、いつしかわたくしは「完璧な令嬢」と呼ばれるようになりました。 ですが、彼は完璧となったわたくしを見て言いました。 「つまらない....
著者 : 華宮ルキ
小説家になろう

追放され無職になった俺ですが前世は過労死したので今回は美少女達と辺境で快適スローライフを送ります。え?俺のせいで勇者パーティが崩壊した?魔王が攻めてきても抵抗できない?俺はもう知りませんよ?

 この世界には神が人に与えた神器があった。  魔王を倒すための3つの神器。勇者の聖剣、聖女の杖、賢者の魔導書だった。  それらの神器は使い手を選ぶと言われていた。  主人公のシアンは、そんな神器に選ばれた幼なじみ達の勇者パーティに入っていたが、シアンだけは選ばれておらず、しかもジョブは無職とまで馬....
著者 : なつめかりん
小説家になろう

お前らが馬鹿みたいに魔力使いまくるからこっちは『魔力譲渡』でサポートしてたのに、必要なくなったから追放するってどういう事だよ。こうなったら実は鍛えまくってた無尽蔵魔力で成り上がって後悔させてやる。

アルトはS級冒険者パーティーでスキルを活かして荷物持ち兼魔力タンクをしていた。 超大容量&高性能の『空間収納』で冒険に必要な物から仲間達の私物まで全部保管。 密かに鍛えていた無尽蔵の魔力と『魔力譲渡』で仲間達は魔力枯渇知らず。 仲間達の魔力の消費量が異常なのを知るのはアルトのみ。 そんな彼が....
著者 : 豚骨ラーメン太郎
カクヨム

無能を装って首尾良く廃嫡されたけど、何でこうなるの!? ~今更戻ってきて欲しいと言われてももう遅い。冒険者王に俺はな……え? なれない? 何で!? ~

 崖から転げ落ちた俺はその衝撃で前世の記憶を思い出し、それを仕組んだのが父親であることを確信した。当時五歳の俺はこの先生きのこるために、自分がクソ雑魚ナメクジであるように装った。  その甲斐あって、ついに伯爵家から追放されることに!  これで俺は自由だ。冒険者王に俺はなる! と思っていたのだが、何を....
著者 : ぼっちゃん
小説家になろう

サディスティックな公爵様 ~巫女だった私は婚約破棄され、家を追放され、そして、公爵様に拾われる。実は世界最高の巫女だったと気づいても今さらもう遅いです~

私は伯爵家の次女として生まれた。生まれてからずっと姉に色々なものを奪われてきた。おかずを、おもちゃを――そして婚約者を。婚約者をとらわれた私は、家から追放され地方の村でひっそりと生きていた。しかし、そんな私はちょっと意地悪な公爵様に拾われることになる。どうやら私には非凡な才能があったらしく……公爵様....
著者 : 木嶋隆太
小説家になろう

#壊れた地球の歩き方

●第一章完結 【古都奪還戦争編/妬まれて追放されたけど、実は『複製』スキルで戦闘から生産までなんでもこなす万能ワーカーでした。今さら帰ってこいと言われてももう遅いです。】 「イコマ、おまえは追放だ」 「わかったよ。出て行けばいいんでしょ?」 天変地異によって文明が崩壊し、モンスターがはびこるよう....
著者 : 罠火擽@「異世界ダイナー」発売中
小説家になろう

【書籍化】家から逃げ出したい私、ついうっかり呪われた美少年を買ってしまう。「あれ、いつの間にか歳上になってない?」

伯爵家に引き取られたジゼルは、義母や妹に虐げられながらも、持ち前のポジティブさと亡き母に貰った『やさしい大魔法使い』という絵本を支えに暮らしていた。 けれどある日、自身が妹の身代わりとして変態侯爵に嫁がされることを知り、18歳の誕生日までに逃げ出す計画を立て始める。 そんな中、ジゼルは奴隷市場で....
著者 : 琴子
小説家になろう

本物の恋、見つけました ~僕らの恋は偽物だったと言った癖に今さらやり直そうとか無理です~

第二章開始に伴い改題しました。 ある日突然、貴族令嬢のエミリアは婚約者のブロアから婚約破棄を言い渡される。 別の女性と恋に落ちたブロアは、「僕らの恋は偽物だった」とエミリアに言い放ち去っていく。 両親からも非難され、周囲からは哀れまれる環境に耐えられなかった彼女は、昼休みに落ち着ける場所を探して彷....
著者 : 日之影ソラ◆二作書籍化予定
タイトルとURLをコピーしました