魔法の小説一覧

小説家になろう

不当解雇された女魔術師、仲間達とギルドを創設する ~経営がまずいから戻ってきてくれと頼まれてももう遅い。私は仲間と一緒に楽しく過ごしていますので~

Sランクギルドを不当に解雇されたSランク魔術師の女主人公が、仲間達と新しくギルドを立ち上げて楽しく成功していく。 彼女を不当に解雇したギルドは崩壊し、そこのマスターは破滅する。 ※他サイトでも掲載....
著者 : 絢乃
小説家になろう

TS錬金聖女の創成日記-突然ですが異世界転生したら幼女だったので、ジョブシステムを極めて無双します-

31歳童貞男である館山幸男(たてやまゆきお)は合コンの帰りに通り魔に刺されて死んだと思ったら、何故か知らない森で目を覚ました。しかも外見が八歳程度の小さな女の子になって、元より小学生のような言動が更に幼児退行してしまう。 森の遺跡で出会った自律型ロボット(?)によれば、この世界はスキルやジョブ、レ....
著者 : 椎名甘楚
小説家になろう

8歳から始める魔法学 ~魔法を極めるのに忙しいから、悪役やめたいんだけど~

8歳のロイ・アヴェイラムは、悪名高い公爵の孫。親は彼に無関心で、子豚のように太り続けても注意ひとつしない。周りに恐れられながらも、優秀な兄と比較され、陰ではアヴェイラムの落ちこぼれと揶揄される始末。ある日の放課後、ロイは曲がり角でクラスメイトの少年と衝突し、奇妙なことに、21世紀の地球で大学生だった....
著者 : 上野夕陽
小説家になろう

浮気された捨て猫王女は下僕志望の王子たちに猫の姿をモフられ人間の姿でも溺愛されて好きに暮らすことにしました

「ミミ様は可愛いけど、猫なんだし。男なら、人間のきれいな女の子に惹かれるのが普通だよ」 (アーサー様は、わたくしのことをそんな風に思ってらしたのね!) 泣きながら走り去る子猫をひょいっとつまみあげたのは、密かにミミ王女に憧れていた王子。 勝手に『下僕』を名乗る王子の尽力で、婚約はすぐに破棄され....
著者 : くまだ乙夜
小説家になろう

姉の金の髪と青い瞳を羨ましいといいずるいずるいという妹と、どうしてずるいといわれるのか理解できない姉、妹がある魔法で姉の色彩を奪い、婚約者の王太子を奪ってから姉は妹に復讐をすることにした。

侯爵の娘エリス、彼女には腹違いの妹がいて、姉の金の髪と青い瞳が羨ましいといつもずるいと言っていた。しかしそれは仕方ないあなたの色もきれいですわと妹の茶色の髪と瞳の色をほめる姉。 継母と父に冷遇されながらも、一人だけの妹をエリスはかわいがっていた。 そんなエリスが王太子の婚約者になって2年、婚姻式が行....
著者 : ナナカ
小説家になろう

勇者召喚されたけど俺だけ村人だった件~ならば村で働けと辺境開拓村に送られたけど実は村人こそが最強でした~

 ブラック企業に務める平凡な若手サラリーマンの田中悠人は、ある日徹夜勤務のあとフラフラになりながら帰路についていた。  そんな彼はどうやら高校生たちの勇者召喚に巻き込まれて異世界へと拉致されてしまう。勇者らしい職業を持っていた高校生たちに対して彼の持っていた職業はなんの価値もないという村人だった。....
著者 : 一色孝太郎
小説家になろう

どうやら悪役令嬢ではないらしいので、もふもふたちと異世界で楽しく暮らします。【旧:小説世界に転生したのに、八年経ってから気づきました】

日本の女子高生・赤倉凛音(あかくらりんね)の記憶を持つ私、 リンネ・エバンズ 八歳 記憶が混乱しているさなか、王城の庭園で出会ったのは、 心に傷を持つ王太子、レオ・エイマーズ 九歳でした。 「ほら早く。男のくせに恥ずかしがってんじゃないわよ」 × 「うるさい。触るな、あっちへ行け」 出会いは最....
著者 : 坂野真夢
小説家になろう

悪役令嬢に仕立て上げられたので領地に引きこもります(長編版)

ギフトを駆使して領地経営! アルファポリス様でも投稿しています。....
著者 : みこと
小説家になろう

ブチ切れ令嬢は報復を誓いました。〜魔導書の力で祖国を叩き潰します〜

公爵令嬢、エリザベートは物心ついた時から未来の国母として努力して来た。 婚約者である王子のミスをフォローし、父である公爵の仕事を手伝い、義父となる国王を陰から支えて来た。 そんなある日、父や国王が不在の折、何を思ったか王子はエリザベートに婚約破棄を告げた。 そして、ついにブチ切れたエリザベートは....
著者 : はぐれメタボ
小説家になろう

8歳から始める魔法学~魔法を極めるのに忙しいから、悪役やめたいんだけど~

8歳のロイ・アヴェイラムは、悪名高い公爵の孫。親は彼に無関心で、子豚のように太り続けても注意ひとつしない。周りに恐れられながらも、優秀な兄と比較され、陰ではアヴェイラムの落ちこぼれと揶揄される始末。ある日の放課後、ロイが学校の廊下を歩いていると、曲がり角でクラスメイトの少年と勢いよくぶつかってしまい....
著者 : 上野夕陽
タイトルとURLをコピーしました