パーティーを追放された俺は、隠しスキル《縁下》で世界最強のギルドを作る

著者:赤金武蔵

 冒険者ギルドのSランクパーティー【白虎】は、レーゼン王国で最強のパーティーとして君臨していた。

 俺、ジオウ・シューゼンはその【白虎】に所属していた。

 が──その【白虎】で俺は、最弱としてお荷物扱いされていた。

 攻撃力、防御力、スピード、魔力、殲滅力……その全てが他のパーティーメンバーに大きく劣り、愚鈍のジオウと呼ばれていた。

 そうして【白虎】を解雇された俺だが──実はとんでもない隠しスキルを有していた。

 俺が組織に所属するだけで、同じ組織に所属しているメンバーのステータスを、一定の倍率上げるスキル──《縁下》。

 この力を理解した俺は、俺をギルドマスターとするギルドを設立し、竜王、獣王、精霊王、魔王までも配下に加えていき……世界最強のギルド【統べる者】を作っていくのだった。

 ──────────

 2020年4月3日 総PV100,000突破
         日間ランキング6位

 2020年4月4日 日間ランキング5位

 2020年4月5日 日間ランキング4位

 2020年4月6日 日間ランキング3位

 2020年4月7日 総PV1,000,000達成

パーティーを追放された俺は、隠しスキル《縁下》で世界最強のギルドを作るのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました