皇帝陛下のあたため係〜美貌の白蛇陛下は好きな子の名前を素直に呼べない〜

著者:森 湖春

田舎娘の菊花は、新しい皇帝である蛇香帝の新たな後宮の花候補として、宦官の登月に見出された。

集められた女子たちは、これから女大学と呼ばれる学問所で、宮女に相応しい教育を施されるらしい。

学のない菊花は、タダで勉強が出来ると喜んだ。そんなこと、貴族の娘しか出来ないことだから。

だが、そんな虫のいい話なんてなかったのだ!

新しい環境に慣れてきた頃、菊花は呼ばれた。

宦官は言った。「これは仕方のないことで、決してお前が選ばれたわけではない」と。

よく分からないながら案内された部屋にいたのは、今にも死にそうな顔色の男の人で──。

白蛇獣人の皇帝陛下と、その番である少女の恋物語。

※感想、レビューは大歓迎です。

※ポイント評価して頂ける場合は、最新話下部からどうぞ!

※『アルファポリス』様でも掲載中です。

※この作品における『宮女』とは、妃のことです。女官ではないので、あしからず。

皇帝陛下のあたため係〜美貌の白蛇陛下は好きな子の名前を素直に呼べない〜のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました