神々の権能を操りし者 ~能力数値『0』で蔑まれている俺だが、実は世界最強の一角~

著者:

 この世界に能力者と呼ばれる超常の力を持つ者が現れだして百と数年。今では能力の強さを示す能力数値が社会的な地位や名誉に大きく影響するなかで、主人公――柳 隼人の数値はなんと『0』であった。しかし、そんな隼人は様々な厄介ごとに巻き込まれていくことになる。これは数値上では無能力者である少年がいやいやながらも表舞台に踏み出し、他者を圧倒していく物語である。
※12話にてざまぁ展開があります。それまでは怒りを蓄えてください。5/4日ジャンル別日間1位 5/8日ジャンル別週間1位

神々の権能を操りし者 ~能力数値『0』で蔑まれている俺だが、実は世界最強の一角~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました