俺なしでうまくいくとおもったのか? 〜ループした世界で腹黒令嬢と婚約破棄して悪役令嬢と幸せになる話〜

リディア皇国第三皇子の俺の婚約相手シルリアは、あろうことか皇位継承戦の最中に俺を裏切り第一皇子のガイレンのもとに寝返る。
平民の出でありながら、父ナニアの商売における比類なき才覚を武器に皇子の婚約者にまで成り上がった小娘はどうやら俺では欲望を満たせなかったらしい。
シルリアの陰謀に巻き込まれた俺は皇位継承戦からの脱落だけでは済まず、命を奪われた。

次の瞬間、なぜか俺はマルデラ公爵令嬢、リリベルと向き合っていた。

「ハイン様、私を、信じてください」

前世、皇太子ガイレンの婚約者として、悪役令嬢として名を馳せた彼女から告げられた言葉を胸に、俺は二度目の生を得る。

これはループする世界で悪役令嬢、リリベルが初めて幸せになるためのピースが揃える、その一つ前の世界の出来事。

俺なしでうまくいくとおもったのか? 〜ループした世界で腹黒令嬢と婚約破棄して悪役令嬢と幸せになる話〜のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました