夜明けの貴公子は行き遅れの太陽に恋焦がれる(旧題:引きこもり令息は行き遅れ令嬢を追いかけたい)

著者:鶏冠 勇真

 日光と人が苦手な根暗男爵令息ルクシオ・アンブラー。優秀な兄が二人おり、今後も気軽な引きこもり生活を送れるはずだった……が、その兄達が運命の女性に出会って家を出てから状況が一変。残ったルクシオが跡継ぎとなり、嫁探しの為ダンスパーティに送り込まれることに。冗談じゃない。どうして自分が。大体アンブラー家の男共は、兄も父も叔父も祖父も恋愛脳が多過ぎる!しかし全員ハゲてしまえと呪いつつ参加したパーティで、ルクシオは強気でお節介な行き遅れ令嬢、ユーミア・ゴールディングと出会う。そして思い知る。恋に狂うことで有名なアンブラー家の血を、己もしっかり受け継いでいたことを——。全4話+後日談。第二章開始。

夜明けの貴公子は行き遅れの太陽に恋焦がれる(旧題:引きこもり令息は行き遅れ令嬢を追いかけたい)のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました