最強不敗の神剣使い ~王立学院の落ちこぼれ、実は『天賦』の才を持つ魔法剣士だった~

著者:羽田遼亮

名門エスターク家、そこに「忌み子」と呼ばれる三男坊がいた。

リヒトはその評判を気にすることなく、「無能」を演じるが、ある日、盗賊に襲われているお姫様を救う。

「あなた様の剣術はこの国で一番です。どうか、わたしの護衛になってください」
「護衛は柄じゃない」
「……ならばせめて一緒に王立学院に通ってください」

こうして王都の名門校に通うことになってしまったリヒト、「能ある鷹は爪を隠す」をモットーに学院生活を送るのだが、その溢れる才能を周囲が放っておくわけもなく――。

【毎日更新】

最強不敗の神剣使い ~王立学院の落ちこぼれ、実は『天賦』の才を持つ魔法剣士だった~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました