落とそうとした魔法使いが落とされた、それだけの話

著者:こばこ

魔法使いアレクシスは人生の節目となるある日、妻との出会いを振り返る。

このお話は、拙作、『家の前にイケメンが落ちていたので、隣の家に捨ててみた』の補足的なお話となっております。お手数ですが、そちらの作品からご覧ください。

落とそうとした魔法使いが落とされた、それだけの話のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました