黒狼王は身代わりの花嫁を寵愛する ~虐げられし王女は結果溺愛される~

著者:高岡未来

国王と愛妾の間に生まれたエデルは王妃と腹違いの姉兄に虐げられる日々を送っていた。あるとき、父である国王は姉ウィーディアの結婚が決まったと告げる。相手は東の隣国オストロムの若き王オルティウス。騎馬民族の流れをくむ蛮族と蔑む姉はエデルを隣国へ遣ることを父に懇願して、父王も了承する。狼のように獰猛なオストロムの王と脅されたのだが、初夜を迎え、二人きりで過ごすうちに徐々にオルティウスの態度が変わってきて……。
前半ドアマット、色々と大変な目に遭うヒロインですが、なんだかんだと夫から大事に過保護に愛される物語。※残虐なシーンやヒロインがいじめられるシーンが苦手な方には推奨しません。ストック切れたら亀更新予定です

黒狼王は身代わりの花嫁を寵愛する ~虐げられし王女は結果溺愛される~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました