まちがって、失って

著者:花咲

王子様は、1人の令嬢を見初め、婚約しました。令嬢は聡明で、勇気ある素晴らしい方です。ふたりは、令嬢の家の不正を暴き、断罪しました。それで全てが終わり、幸せになります。
ーーーーその、はずだったのです。

まちがって、失ってのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました